前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・リングの幅

 恐らくは同人ソフト「Nightmare4.1」が初採用したと思われるリング系プロテクトですが、前期型、後期型双方で拙宅には4タイトルの CD-ROM が残っています。各々面白いのでちょっと考察してみましょう。

 一般市販ソフトで前期型リングを最初期に採用した「ビ・ヨンド」(elf)の DISC1 です。最外周付近(赤丸内から同心円状)に薄いリングが観えます。これだけ薄いと気付かない方も居たのではないでしょうか。薄い理由としては最外周付近と言うのも有るのかもしれませんね。同じ容量分確保するんだったら外周の方が幅が狭くなりますから。或いは動作不良に対する配慮だったのかもしれません。配慮及ばず少なく無い誤爆を引き起こしていましたが。何れにしろ 2002/2/3 現在、本タイトル以外に elf さんはリングを採用していません。

 上が「いつか見たマーメイド」(ムー一座/artifact)、下が「悩殺カレンダー 2001」(GAINAX)です。前期型リングがある程度定着していた時期でしょうか、双方ともかなり太いリングが施されています。プロテクトとしての強度アップを図っていたのかもしれません。実際、一部のドライブではイメージ化不能と言われていたこともあるようです。誤爆は、まぁこのサイト観ておられる方はご存じの通り、かなり高い確立で引き起こしており、その為この頃の前期型リングには CD-ROM 内にプロテクトレベルを事実上無効に近いレベルまで落とすツールが同梱されています。
 後期型リング(リングプロテック)になってから間もない時期に実装された「Only you−リ・クルス−」(ALICE-SOFT)です。前期型リングの最盛期とは打って変って薄いリングが施されています。やはり動作不良に対する配慮なんでしょう、リングの施されている部分にダミーファイルを被せてその周辺にアクセスしないようにしていますし、加えてプロテクトチェックも大変甘くなっています。結果、前期型リングに観られたあからさまな誤爆は相当に押え込んでいるようです。ただ、あからさまな誤爆では無くなった分、原因が非常にわかり辛い動作不良が発生しています。例を上げると以下のよう。
・CD-ROM をマウントできない
・インストール中にリードエラーで落ちる
・CD-DA が鳴らなくなる
・前期型リングが無条件に誤爆する

 んー、今イチ考察になり切ってませんね。オチを決めずに書き始めると陥るパターン。補完できるようならその内...?

2002/2/4 追記--------

 リング部分のアップを追加しました。ほぼ同じ距離から撮影しています。

追記ここまで----------

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ