前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・愚痴(適当に更新・かなり本音スレスレです、多分に気分を害する恐れがあります・各記事へは URL に #yyyymmdd 付加で直接行けます)

 

2004/2/9

 データ取り終了。とは関りなく、水曜日の昼間にサーバをメンテします。バックアップ、ドライブの入換え、NIC の交換等。ちょっと時間がかかるかもしれません。予めご了承下さい。

 

2004/2/8

 んー、別に個人情報保護法が施行されたらアクティベーションができない訳ではないですよ。手っ取り早くは、個人情報を取らなければ良いのですから。

 

2004/2/7

 個人情報保護法が来年から完全施行されますが、これにより企業は安易に個人情報の入力を求めたり、収集することに細心の注意を払わねばならなくなります。例えば住所氏名等誰にでも明らかなものは無論ですが、紐付きで個人が特定できる情報も個人情報として扱われる可能性が極めて高いです。それらにはメールアドレス、固定されたグローバル IP アドレス、MAC アドレス等も含まれるものと思われます。つまり、アクティベーション等でこれらの情報を復号化可能な状態で送信する場合はその旨を予めユーザへ通知、同意を得る必要が生じます。また、これらの情報を複数のメーカで共有する場合は当然として、共有するメーカが増減した場合にもユーザの同意を得る必要が発生します。そして、これらの制限は 5,000 人以上の顧客リストを持つ企業、団体へ適用されます。さて、ゲーム業界用に発表されたアクティベーションが個人情報保護法に則った上で運用できるのか、注目しましょう。

 

2004/2/6

 レコード輸入権創設に対する毎日のコラム(リンク)。毎日はこのテの事例に対して比較的まともな記事を書く印象があります。新聞社にとっては余り触れたく無い再販制度についても指摘されていますし。

 

2004/2/5

 実はまるも製作所さんで行っている AVHDD crack 開始翌日から参加していたりします。拙宅には常接のサーバがありますし、MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In には大変お世話になっていますし。ただ、そのサーバが Winchip200MHz なんですよね(笑)。参加マシンの中では恐らく底辺に位置していると思われます。なので、今週頭くらいにランキング表示がされるようになって最初の頃はまだランキング 800 辺りの位置に居ましたが、既にもりもり落ちています。ま、気張って参加している訳もないので拙宅マシン総動員なんてマネはしませんが。あ、リンクは敢えて貼りませんので。

 消費者保護基本法の改正する(参考リンク)とのことで、商品に対する情報を得ることが消費者の権利として定義される方向は、このサイト的に歓迎しておきます。

 私は「**たら**する」的な発言を信用しません(参考リンク)。

 Impress が個人情報保護について判り易く記事にしていますので参照して下さい => リンク

 昨日書いた Office 氏逮捕の件ですが、毎日が同じ論旨で記事にしています(リンク)。同じ論旨でもお金になる記事は違いますね(笑)。まぁ、ここは単なる愚痴をこぼす場所ですし、金どころか持ち出しで運営していますから、こっちでは昨日くらいの文章でちょうどいいか、とか言い放ってみたり。

 

2004/2/4

 Office 氏が逮捕されましたが(参考リンク)。これの報道で ACCS 久保田氏が、ピッキングで鍵をこじ開けて人んチの住所録持ち出して云々と発言していたんですが、来客から個人情報聞き出してその記録を窓から観える状態にしておいた自分等のことを棚に上げ過ぎです。そんなんだから無用な敵をつくるんですよ。セキュリティホールを正しく報告できる環境を提言するとか、先にやることは幾らでもあるでしょう。

 IE6 の穴を塞いだらエンバグした話(リンク)。

 WOWOW が計画しているビデオ・オン・デマンドの解説(リンク)。記事を読んで思ったのが、cocoon やSmartVision2.1 辺りのおまかせ機能を使った「地引網」的な録画蓄積手段と、何か異なる使い方の提案ができているのか? ってことで、そーゆー意味ではかなり微妙だなと。実は、非合法ながら Winny 等による番組名検索によるキャッシュ蓄積も同じような使い勝手を実現しているのではないかと(笑)。

 

2004/2/3

 Lindows が LindowsLive を P2P で配布するそうです(参考リンク)。恐らくは、P2P の正しい使い方だと(笑)。

 ITmedia の、動画エンコードに関するコラム(リンク)。私の場合は純粋にスペースファクタですね。今以上ビデオテープを積み上げるスペースも時間もありやしません。MPEG2 に撮ってプロファイルに放り込んでバッチエンコード仕掛けたら寝て仕事して帰って来たら終わってるファイルをサーバに放り込んで以下繰返し。今のところ1年 HDD 2個で済んでいますので、ビデオテープ積み上げることとの差は果てしなく大きいです。

 

2004/2/2

 パソコンに地上デジタルチューナを積んだ NEC へのインタビュー(リンク)。記事では(敢えて?)触れられてはいないのですが、これの前にリリースされた BS デジタルチューナをデジタル録画できるパソコンは(その制限故?)市場に受入れられませんでした。そこから全く成長することなく同じものをリリースしたって結果は目に観えている訳で。これなら外付けチューナと本体へはアナログ入力だけ用意してくれた方が余程マシです。制限は制限として残した上でユーザにとってより現実的な提案をして頂きたいところです。

 

2004/2/1

 「Fate/stay night」(TYPE-MOON)は誤爆時、当初のユーザーアンケートのみの対応からメールフォームでの対応に変更されたとのことで、引っかかってる方はオフィシャルの方で申込んで下さい。本作は大変出荷本数が多いと聞いていますので、相対的に誤爆の発生件数も増えると思われますので。尚、このタイトルの場合、日立 LG の GSA-4040B 及びその OEM ドライブにて問題が出易いようです。年末から年明けにかけて売れまくったドライブですから所有されてる方も多いのではないでしょうか。

 拙宅にも(笑)。コレ書いているメイン機で使用中。

 

2004/1/31

 ウィルス付メールを受信した場合 Return-Path に記述されたアドレスへ警告メールを送信する設定のままになっているフィルタが、まだこんなに存在しているんですか、って感じなんですが。Return-Path を詐称するウィルス付メールが主流になって久しいのですから、いい加減そのような設定は迷惑だと自覚して頂きたいと切に思います。

 

2004/1/30

 一部で祭になっている「Fate/stay night」(TYPE-MOON)が発売された訳ですが、既出の通り従来型の Alpha-ROM を採用しており、購入した方からその誤爆サポート方法の報告を頂きました。何故か公式にキチンと公表されていないのですが、要はローカル環境からキーコードを生成するソフトが同梱されており、誤爆した際はそのキーコードをアンケート葉書に記載して送付することでそのキーと合致するパソコンでしか起動できないバイナリを返送する、とのことです。面白い対応だとは思いますが、ただ、対応までに即日性が無いため残念ながら余り評価できません。そもそもディスク自体が認識できなかった場合はどーするのか、アンケート葉書は還してくれるのか、葉書に切手が必要だとか、ツメが甘いと評しておきます。同種の対応では F&C の方がより進んでいます(注)。

注:F&C 系列の Alpha-ROM 採用タイトルではキージェネレータと共にサポートが完了までの猶予を勘案した期間限定で動作するバイナリも同梱されています。

 

2004/1/29

 Intel が「Prescott」でリビングルームへの進出を目論んでいる、との ITmedia の記事(参考リンク)。取敢えずリビングに置くには消費電力を何とかしないと。パソコンでブレーカ落としたことのある方なら判るでしょう。私含めて(笑)。

 

2004/1/28

 昨年末の愚痴でツッコミ入れた D.O の 雪桜 とハチミツの よりしろ に対するサポートですが、約一ヶ月を経過した現在、殆ど何も進展していないのはどーしたモンでしょう。違法コピー云々言うのも結構ですが、その前に企業として最低限やらねばならないことがあるでしょう。

 

2004/1/27

 Blu-ray 陣営が HD DVD 規格策定を妨害した疑いがかけられているようで(参考リンク)。記録型 DVD 規格策定時のゴタゴタを考えると、何を今更? と思わなくもありませんが。

 4月からですが、ほぼ日刊が維持できない可能性が高いです。まぁ、詳細はそうなったときに。

 

2004/1/26

 公式に発表されたのでバラしますが、1/30 発売予定の「Fate/stay night」(TYPE-MOON)にプロテクト有りの表記が追加されました。実は当初これが Alpha-ROM の新しいバージョンを採用するのではないかと予想していたのですが、実際は違うようです。初回出荷数がハンパではない様子で、その為に変更されたのかなと思っていますが...

 マクロビジョンから音楽ディスク用の CDS-300 が発表されました(参考リンク)。ただ、正直な話マクロビジョンはエンドユーザに喜ばれる機能を提供したことがありませんので、その辺の感覚のズレがどの程度修正されているのやら。SafeDisc の誤爆対応も大概アレですしね...

 

2004/1/25

 この業界の、1ヶ月前の発売予定を信じてはいけないってことですね。

 

2004/1/24

 身近なところでは TMPGEnc を発売しているペガシスもアクティベーションサービスを発表しました(参考リンク)。元々 TMPGEnc の AC-3 プラグイン用に使用していたシステムを他社にも解放したと言うことでしょう。んー...あくまでも私の場合の例ですが、TMPGEnc のパッケージ版を購入するにあたり、AC-3 プラグイン同梱版を選ばなかった理由がこのアクティベーションにあったことは白状しておきます(笑)。

 

2004/1/23

 パソ話。回顧編。

 IT Pro の DOS/V に関するコラム(リンク:無償の登録が必要です)。IBM が DOS/V を普及させるために DOS/V magazine を創刊させ軌道に乗るまで買い支えたとか載っています。もっとも、当時を観ている限り DOS/V が DOS/V のままだったとしたら PC-98x1 の牙城を崩せたかは疑問です。やはりキラーアプリは Windows だったと思います。それでも Windows3.1 までは DOS と併用することが多く(実際 Windows3.1 日本語版では LAN に接続するために DOS の知識は不可欠でした)、PC-AT 互換機へ積極的に移行するメリットは見出せませんでした。Windows95 以降、徐々に DOS を使う(使わねばならない)機会が減少し不便が無くなり、ようやく移行が完了できた、そんな印象です。

 

2004/1/22

 CD 革命 Virtual(アーク情報システム)が、Ver8 から Alpha-ROM へ対応します(参考リンク)。あー、よーやくおおっぴらに書けます(笑)。尚、革命が対応すると言われている Alpha-ROM は無信号セクタが無く ASPI レイヤーへ依存する従来のバージョンなのでしょう。恐らくは2月から導入される新バージョンには対応できていないと思われます。なにせまだ物がリリースされていませんしね。

 ED-コントライブからアクティベーションシステムが発表されました(参考リンク)。それはそれとして。「メディアプロテクトではないので誤認識による動作不良0%を実現」...ProRing のときもこんなこと書いてましたが、実際は...それに、他社アクティベーションに過去不具合が出ている現状で、言い切るのは果たして? 直近の例では合衆国での Symantec とか(参考リンク)。

 

2004/1/21

 SONY 傘下になった aiwa から色々発表されたことに対するコラム(リンク)。元々資本は入っていたんですけどね。私にとって aiwa と言えばモデム、そして 9801 互換機のとき最初に購入した CD-ROM ドライブがここの ACD-300(2倍速 SCSI ドライブ)でした。ACD-300 は後日アップデートされたドライバをユーザ登録者全員に無償で郵送し、後にも先にもユーザ登録するメリットを感じたのはこのときだけでしたね。

 

2004/1/20

 NHK の「武蔵」第1話が「七人の侍」と酷似したシーンがあるとして提訴されたようです(参考リンク)。ちなみに、「七人の侍」公開は 1954 年。昨年までであれば、翌年からの起算で今年の末には晴れて著作権の保護期間が切れパブリックドメインになるはずでしたが、昨年成立した映画の著作権保護期間延長により2024 年までパブリックドメインにはなりません。尚、例えば「羅生門」(1950 年公開)のように昨年まででパブリックドメイン化されている作品は延長されません。ま、それはそれとして今更「七人の侍」に1億5千万円超の損害が発生するほどの価値があるのか等々、著作権について考えるキッカケになれば面白いかなとは思います。パクリとオマージュの違いとかもね。

  Philips から HDD/DVD+RW レコーダのリファレンスデザインがリリースされました(参考リンク)。とそんな記事を読んでふと思ったのが、海外から CGMS-A に反応しないレコーダが輸入されるようになったら、国内メーカはどうするんでしょうね? 私だったら Philips ブランドなら信用しますよ? (笑)

 

2004/1/19

 NHK が BS1 を使った24時間ニュース専門チャンネルを検討しているそうです(参考リンク)。NHK 故の事情もあるのでしょうけど、民放各社が CS チャンネルで同様のサービスを早くから始めていることを考えると、随分遅い取り組みだな、と言う気はします。ただ、それを BS1 でやるのはどうなんでしょう? 地上波もデジタル化された場合、BS 系はプレミアムチャンネルにならねば生き残れないだろうとは私も思います。ですが競争の無い(他社が同じことのできない)フィールドで NHK がそれをやるのは、フェアじゃないとも思います。それこそ競争の発生しない受信料を高止まりのまま徴収している訳ですし。

 そー言えば先日、日本テレビで放送されたデジタルリマスター版「風の谷のナウシカ」ですが、地上デジタルでの放送形態は酷かったようですね。放送自体は HD だったのですが、アップコンバートのため 16:9 テレビでも上下左右に額縁付き、4:3 テレビでは更に上下へ黒帯が発生するため笑えるほど実表示面積が小さいと言う。総務省も HD 放送割合5割以上等と無意味な縛り付けるより、16:9 ソースは実 HD、4:3 ソースは SD を順守させるよう、実情に即した条件や指導を行なって頂きたいところです。でなければ、局も視聴者も不幸です。

 

2004/1/18

 今年に入ってから珍しくも3本の18禁ゲームを購入するハイペースっ振りな私ですが、その内「おしえて A・B・C」と「EDEN FINAL」の2本(もう一本は新御神楽)が PC9821 を正式サポートしていたのに驚いてみたり。

 

2004/1/17

 2004 年の OS について元麻布氏のコラム(リンク)。Windows XP HomeEdition の通常サポート終了が 2006 年に迫っていることを指摘しています。以前も書きましたが、サポート期間を製品登場時から起算することが不自然過ぎるんですよ。特にプリインストール製品の場合、ハードウェアの保証期間との乖離が容認できないほどに著しいと感じられます。

 

2004/1/16

 SCO が著作権を主張し、合衆国外の Linux 導入企業にもライセンス料を課すと発表したようです(参考リンク)。以前にも書きましたが、日本では既購入品に対してこのようなライセンスを課すことはできないと判断しています。この場合 SCO にできるのは、Linux を販売した企業へ損害賠償を請求することに留まるのではないでしょうか。それ以前に、SCO の主張が本当に正しいのか、判断する材料すら提示されていませんしね。

 以前、1/30 に Alpha-ROM に新しいバージョンがリリースされるのではないか、と書きましたが、私の予想したタイトルの内一本がどうやら見送られたらしく(従来版を採用?)、又もう一本の********たので、もしかして1月中の新バージョンは無し? かもしれません...

 

2004/1/15

 掲示板でも報告を頂きましたが、PowerDVD(CyberLink)が CPRM 対応メディアの再生を、来年春を目処にサポートするとの発表を行ないました(参考リンク)。今年の4月から国内のデジタル放送がコピーワンスへ移行し、表向き CPRM 対応メディアへしか録画できなくなりますから、パソコンでの再生が全くできないよりは前進なんだろうと思います。が、アナログ経由で、且つ SD 品質へダウンコンバートされて録画される DVD 系メディアでは、CPRM メディアを使って使い勝手を大幅に落とす意味が無いんですよね。困ったものです。

 

2004/1/14

 先日パブリックコメントを募集していた文化審分科会報告ですが、どーやら消費者の声を無視する方向でまとめられそうです(参考リンク)。さーて、どー言った対抗手段を考えましょうか。いや、呆れてコメントする気も起きないんですわ

 コピーコントロールディスクには2セッション各々に音源が収録されているのですが、その分の著作権料を請求するって記事(参考リンク)を読んだ最初の感想 > 何の笑い話ですか

 

2004/1/13

 松文館の貴志社長に有罪判決(参考リンク)。正直、良く判らない判決です。消しの弱さのような判り易い判断材料が示されている訳ではなく、判断はその都度裁判所がやる、と言われても、んぢゃどーすれば良いのかと。それに裁判官が検察の主張していないことを判決文に盛り込んでしまったら、被告には反論の機会がありません。ただ、執行猶予が付いているので現実問題として被告側にも実害はほとんど無いのですよね(前科が付くのでそれに伴う種々の行政リスクを負うことにはなります)。さて、即日控訴、と聞いていますが、上級審ではどのように判断されるのでしょうか。

 

2004/1/12

 昨日の新バージョンの件ですが、告知が無いことへの苦言だったんですけど、ちょっと別方向へ盛上がってしまったみたいで申し訳ないです。書いてから改めて調べたのですが、どうやら採用タイトルに変更があったようで私の予想は外れているかもしれません。取敢えず、昨年夏の段階で話のあった ASPI レイヤーに依存しないタイプになると思われます。

 

2004/1/11

 そろそろ煽っておきましょうか...Alpha-ROM のバージョンが上がります。恐らくは 1/30 発売のタイトルから導入されるのではないでしょうか。既にオフィシャルでの通販受付けを締め切った採用されるであろうタイトルもあるようですが、未だ一切告知されていません。誤爆が起こらないならそれでも構わないでしょうけど、残念ながらその実績がなく、ましてやバージョンアップ後の初採用です。ある意味ユーザを使ってのフィールド試験的なことを行なう訳ですから、事前にキチンと告知すべきと考えますが。どのタイトルに採用されるのかの予想も大体はできていますが、取敢えずここでは伏せておきます。心当たりのメーカは行動をよろしくです。

 

2004/1/10

 そー言えば、合衆国にて Macrovision が DVD-Video コピーツール(DVD X COPY)を販売している 321 Studios を提訴したようですね(参考リンク)。ただ、どーにも違和感を感じるのは DVD X COPY が CSS を回避してデジタルコピーを行なうツールであるのに対して DVD-Video に採用されているいわゆるマクロビジョン信号はアナログ信号に付加されるもので、DVD X COPY はマクロビジョン信号に対して手を加えていないのでは? と思われる点です。一体何を根拠に訴えているのか、合衆国の DMCA を把握しきれていないので判りません。コピーされてしまう結果だけを捉えて自社の特許がコピーされたと主張できるものなんでしょうか...?

 ちなみに、何故に合衆国ではこのテのツールが直ちに違法品として取り締まれないのかと言えば、向こうの著作権法には Fair Use Doctrine の概念がキチンと謡われていて、国内の著作権法のように序文に「公正利用」と形骸化した言葉だけがひっそりと記載されている状況とは異なり、まず不正行為なのかの判断を行なう必要があるんですね。尚、国内法では CSS の回避ツールは現状著作権法ではなく不正競争防止法の取締まり対象になり販売、配布が制限されます。また、アナログコピーの際にマクロビジョン信号を除去するだけの機能しか持たない製品は著作権法の方に抵触します。技術的保護手段とアクセスコントロールの話は以前書いたので割愛。代わりに音楽配信メモの津田氏が執筆された記事を公開しており、そのページへリンク貼っておきますので参照して下さい(リンク)。

 

2004/1/9

 BS デジタルの普及世帯数がよーやく 500 万世帯を越えた、との記事(参考リンク)。とは言えこの数字のキモは「視聴可能世帯」って辺りで。この数字のどのくらいが実際に視聴しているのかは...さて。

 

2004/1/8

 SONY から容量を 1GB へ拡張した Hi-MD が発表されました(参考リンク)。SONY 的には、レーベルゲートはコレ使ってくれ、と言う回答なんでしょうか。とは言え、結局は OpenMG 自身の使い勝手が物を言い、そして評判は芳しく在りません。ま、何れにしろ 1.5GB クラスの HDD プレーヤへの対抗手段としては充分な仕様だとは思います。USB1.1 なのは判り易すぎる罠かもしれませんが(笑)。元々が遅いので実害は無いでしょうけど、GB クラスでこの速度では、辛いのは判り切っていますし。尚、私の中で MD は一貫して「無かったもの」として扱われてきました。使うメリットが感じられませんでしたから。以前は Discman を使って CD そのまま持ち出していましたし、今は iPod ですし。iPod と言えば、先日秋葉原近辺の中央線で、私と向かいの席で計3名が iPod 操作していたのは思わず苦笑してしまいました。売れてますねぇ。地域限定かもしれませんが(笑)。

 

2004/1/7

 Impress にて京都府警への取材記事が掲載されています(参考リンク)。うーん...個人的には、ハッシュを公開することで足がついた、と予想しているんですが、さて。

 そー言えば明日から ZDNet JapanITmedia へ改称されます。基本的に ZDNet の翻訳記事は載らなくなるでしょうから、そー言った向きは CNET Japan へ行きましょう。

 

2004/1/6

 価格 com の掲示板等では年明け早々から話題になっていたようですが、SONY cocoon CSX-EX 系に 2004/1/1 以降スカパーの EPG が取得不能になる不具合が報告されています(参考リンク)。興味深いのはチューナによって SKY 側の EPG は取れるけど PerfecTV 側はダメ、或いは全部ダメ、数日後の新規取得分からダメ等、いくつか異なった現象が報告されている点でしょうか。取敢えず、スカパーチューナとの連動機能がウリの本機だけに早急な対策が求められます。連休に入っていた不幸はありましたが、初期の報告から発表までに時間がかかり過ぎた感は否めませんから。

 NEC からアナログ地上波/BS デジタル/110 度 CS/地上デジタル全てに対応した VALUESTAR が発表されました(参考リンク)が...確かに過渡期の製品である点は考慮しますが、それにしても一昨年8月に発売された BS デジタル対応製品から操作性方面で何ら「成長」していないのは如何なものかと思わずには。キャプチャカード3枚使うのはまだ容認できるにしても、各々の放送視聴が別アプリケーションであったりデジタル放送を SD 品質でしか再生できなかったり再生ハードウェアが固定されるため事実上バックアップが不可能であったり、デジタルであることのメリットの半分以上が喪失しており、同等の機能として扱われているアナログ放送の受信、録画にはこれらの制限が無いことから逆にデジタル放送の不便さばかりが際立つ恰好になっていると、仕様を観る限り感じます。こんなんで本当にデジタル放送は普及できるんでしょうか...ユーザーニーズの無い製品は売れないのですよ...

 

2004/1/5

 CS のチャンネル NECO でザブングルグラフィティやってます。「これが動撮だ」「まにあわないとこうなっちゃう」が懐かし過ぎます。公開当時映画館で観て大笑いしてましたよ(笑)。

 

2004/1/4

 最近の拙宅ではテレビ番組の録画をもっぱらパソコンで行っていますが、一応大変安定して動いていますのでその環境を公開してみます。

M/B GA-7ZMMH(GIGABYTE)
CPU Duron 1GHz(AMD)
MEM 512MB+128MB SDR
HDD 120GB(HITACHI)
VGA RADEON9000(ATi)
CAP SmartVision HG2/R(NEC)
NIC EtherExpress Pro+(Intel)
IEEE1394 1394-PCI(IO DATA)
OS Windows2000 SP2

 この環境に IEEE1394 外部 HDD を接続してタイマー予約時に休止(S4)状態から復帰して録画、終了後 S4 へ落ちる設定で問題なく動作しています。環境が若干古いのは、録画やその視聴ならこれで不都合が無いからで、AVI 等へのエンコードを行なう場合は AthlonXP 2400+ のゲーム用パソコンへ外部 HDD を持って行って処理しています。自作機で S4 からの復帰環境を安定させるのは難しいとの話を聞いたので、実際に動いているサンプルと言うことで(笑)。もっとも、スタンバイや休止からの復帰を当初信用していなかったのも事実で、実際それ以前に積んでいたキャプチャーカード SmartVision HG/V ではビデオ出力用のドライバを有効にすると2〜3回めのスタンバイ復帰から失敗する現象(再現性有り)を経験しています(ビデオ出力を無効にすることで回避)。最初は電源入れっぱなしで録画、その後スタンバイ(S1)、そして S4 と、徐々に信頼性を確認しながら設定を詰めて行きました。家電に比べて全幅の信頼を置くまでにはまだ至っていませんが、半年ほど毎日録画実行して私の責任では無い失敗は1度だけとの実績は、そろそろバックアップは無くても良いかな、と思わせるには充分ですね。

#尚、この他に在宅時専用のキャプチャ機があります。

 ちなみに SmartVision 系は初代から番組表に ADAMS EPG を採用しており、データ取得の煩わしさはありますがその見通しの良さやレスポンスは大変快適です(ただ、同じデータを internet 経由でデータを取得できる ADAMS EPG+ の方はポータルサイトの方が頻繁に落ちており全くアテになりません)。それは良いのですが、何の略か判らないほど番組名が短縮されていることもあり、結局は雑誌の番組表で確認してしまうこともまま...

 

2004/1/3

 今年もよろしくお願いします > 各位

 年末は NHK 映像の世紀観ながら鬱ってみたり、民放各局の格闘系3番組録画してリレーで観てたりと。それにしても、紅白歌合戦の視聴率が3年連続で 50 パーセントを切ったことは話題になるんですが、かつてやはり国民的番組だったレコ大の視聴率についてスルーされてるのは、何かあるんでしょうか(笑)。前述の通り観ていませんでしたけどね。一昨年はレコ大はともかく中島みゆきが初出演するってんで紅白の方には興味も残っていたんですが、去年はそんなイレギュラーな話題もありませんでしたし。

 

2003/12/30

 メインページの方でも D.O. に対してちょっとキツい突っ込みをしていますが、D.O. はソフ倫の相談役を出しており、又、りぺあさんで開催している「バグゲーム ワースト オブ ザ イヤー 2003」でぶっちぎりトップ独走中の よりしろ(ハチミツ)をリリースしている本体は maple で、ここもソフ倫理事を出しています。まがりなりにも業界を代表する倫理組織のトップを擁する企業が、一体何をやっていますか。まず自らを律せねばどんな言葉も説得力を持ち得ません...ぐはぁ < 自分もダメージを受けたらしい

 年末の過ごし方。NHK「映像の世紀」再放送を観て鬱々と過ごす...と言う訳で、また来年よろしくお願いします。

 

2003/12/29

 明日の更新で今年の更新は最後にします。来年は...まぁ少なくとも愚痴は3日を空けないとは思いますが。

 ここで公開している一部情報の信憑性について取沙汰されているようですが、それを証明することはソースを明かすことと同義であり...できる訳無いじゃないですか(笑)。もっとも、業界内部文書が信じられないのなら何を出しても信じて頂けないのかもしれません。

 

2003/12/28

 24日の愚痴に突っ込み頂きましたが、D-VHS で記録した HD 放送のアナログ出力については、HD 品質での出力を禁止するフラグに対し許可するフラグを規程へ追加することで対応し、各デッキメーカがそれに沿ったアップデートを行なったとのことです。従って HD 品質でのアナログ出力を禁止することは今でも可能とのことですが、そもそも HD で記録した映像を HD で出力できないのでは製品として意味がありません。一応デコーダ内蔵の HD-TV へ IEEE1394 経由で出力すれば HD 品質で表示可能とは言われていますが、環境として余りにレア過ぎます。

 ところで、将来的に全てのデジタル放送がコピーワンス化されてアナログ放送が停波したと仮定して、その場合 CPRM 非対応 DVD 系の for Video メディアには意味がなくなると考えて良いのでしょうか。建前上は正規の手段での録画ができなくなるのですから。まぁ、アナログ放送をそう簡単に停波できるとは思っていないのですけどね(笑)。アナログ BS ですら仮に衛星の設計寿命と言われる 2007 年で停波するとしたら、今の移行ペースでは恐らくは WOWOW が耐えられません(^^;)。同じことは地上デジタルにも言え、現在約1億5千と言われるアナログテレビ、或いは VHS ビデオ等ををデジタルチューナ内蔵型へ切替えることは物理的に無理ですし、それは受信料を徴収する NHK は勿論コマーシャルベースで成立つ民放も影響は測り知れなく。

 

2003/12/27

 例えばネットワーク必須以外のゲームがアクティベーションを行なう場合、完全な認証後実行方式ではなくあくまでもローカルで実行可の上に、アクティベーションすればディスクレス実行可になるとか、追加モードが有効になるとか、アクティベーションユーザにメリットを提供する方向であれば受入れられ易いのではないか、と思ったり。

 

2003/12/26

 合衆国で示されたデジタル放送に対する視聴制限に関する PC Watch の詳しい解説(リンク)。私ととしては、基本的にアナログフリーである点、SD 品質であればデジタルコピーの制限が緩い点で、現状では国内のコピーワンスよりはるかに容認できるもので、実際多くの視聴者が容認できる線を狙っているのでしょう。取敢えず、国内のコピーワンスはかなり「ふざけんな」感が強いので、何らかの行動が必要なのかもしれません。

 もっとも、今の HDD/DVD レコーダに限った話をすれば敢えて CPRM 対応機を選ばない選択肢も有りかな、と思っています。実際 CPRM 対応機でもコピーワンスコンテンツをメディアへ書出したら HDD への書戻しや再編集は不可能、更に一般の DVD-Video プレーヤと再生互換性が無いのであれば、書出すメリットは HDD 容量の確保しかありません。元々今の DVD 系メディアへはSD 品質でしか書出せないのですから、だったらレコーダの間に”画像安定装置”を挿む方があらゆる意味で便利になります。そしてその場合は CPRM 対応機である必要がありません。

余談:
 ただ、何れにしろ問題になるのがアスペクト比(画角)。今のようにアップコンバートによる偽 HD 放送が横行しており、且つ番組や局によって 4:3 識別信号が付加されていたりいなかったりと言った混沌とした状態では番組によって出力画角を設定し直さねばならず、しかも初見の番組ではそれを事前に調べることもできず、結局 4:3 なら SD、16:9 なら HDと言った放送と画角を統一させる方が先決でしょう。先日も NHK の技術担当者と話したんですが、放送免許の絡み(*)でなかなか難しいのが現状のようですが、総務省にはもっと実態に即した判断をして頂きたいところです。

(*)デジタル放送では HD 放送、或いは SD 放送サイマルの比率を5割以上とすることが放送免許交付の条件になっています。

 

2003/12/25

 SCO が Linux ユーザへ警告書を送付(参考リンク)。国内に限れば著作権法では「使用権」を権利者に認めていませんし特許料の二重徴収も認めていませんので取敢えず無関係を決め込んでも問題無いとは思いますが...それにしても、何気に
--------
あなたの「未払記録」につき平成16年1月9日までに正式な関係書類を
持参の上、あなたの自宅に訪問致します。

1.. あなたが後払い会員登録した下記通信料金※1が未払いのままです。
2.. 支払期限※2が過ぎておりますので、料金(延滞利息等を除く)には
年14.5%の割合で計算した延滞利息※3が別途加算されています。
3.. 訪問を拒否する方は支払いの約束※4をして頂きます。
※1当サービス利用料金です。
※2下記支払い期限を参照して下さい。
※3支払い日によって変動します。
※4訪問を拒否する方はこちらをクリックして下さい。

ここをクリック
訪問を拒否する方はこちら
支払いの約束をして頂きます
あなたの「通信履歴」

        2003/06/12/11:16

あなたの「申込記録」

■登録日時 :平成15年6月4日(水)午後10時46分
■支払期限 :平成15年6月11日(水)午後3時
■SITE・名 :AVパラダイス
■商品名  :銀行振込後払い会員 180日
■期間 :180日
■料金   :36,800(延滞利息等を除く)

※注意
a.. 当方は法人ではありません。独自の判断で回収致します。
b.. あなたの自宅に訪問する際、交通費、調査費用等は当方が負担致します。
c.. 原則的に、午前9時から午後8時までの間に訪問致します。
d.. あなたが留守の場合は訪問時間が大幅に前後する場合があります。
e.. 本状到着までにお支払いの場合は、行き違いにつき何卒ご容赦願います。

--------(以上原文のまま)
 なアホメールを思い出してみたり(笑)。

 

2003/12/24

 ふと、もしかして3年前のデジタル WOWOW D-VHS 騒動を知らない方も居るのかなぁ、と思ったので、記憶だけを頼りに(おい)概要だけ。

 3年前にデジタル WOWOW によるハイビジョン放送が行なわれ、それをハイビジョン品質のまま録画できる手段として D-VHS が紹介されていました。さて、実は当時のデジタル WOWOW で放送されていた番組は基本的に全てコピーワンス信号が付加されており、当然ハイビジョン放送された番組も同様でした。ところが、それを D-VHS で録画した加入者からハイビジョンで出力されない(SD 品質にダウンコンバートされて出力されてしまう)、との苦情が相次ぎ、WOWOW はもちろんメーカ、AV 系雑誌を巻込んでの騒ぎになりました。これは、当時のコピーワンスには録画した装置からコピーガードのかからないアナログ出力に信号を出力してはならないとの規程があり、マクロビジョン信号の付加が可能な D1 相当の出力と異なりそれが付加できない D3 以上では出力ができないための処置だったようです。しかし、ハイビジョン放送をハイビジョン品質で録画してもハイビジョンで観れないのでは意味が在りません。結局 D-VHS メーカ各社が D-VHS デッキのファームウェアをアップデートし(この決定、処理がなされるまで約半年ほどを要したと記憶しています)、ハイビジョン出力が行なえるようになったことで一応の決着を観ました。ちなみに、デジタル WOWOW ではこれらの処置が完了するまでの暫定処置として映画以外の番組からコピーワンス信号を外すことを表明し今に至っていました。つまり、今年の11月に全ての番組がコピーワンス化されたのは3年前の状態に戻っただけだったんですね(笑)。

 取敢えず記憶のみで書いてますんで、間違い在りましたら掲示板の方で突っ込んでやって下さい。

 

2003/12/23

 Windows2000Server も販売終了へ(参考リンク)。単なるパソコンと異なり、サーバや CAD 等ワークステーションの OS はそうそう刷新できないので、僅か数年で販売が停止されると大変困ります。実際、私の職場でもサーバは NT4.0Server が最も多く、ついで 2000Server。2003Server は影も形も無かったりします。

 

2003/12/22

 CNET japan にも記事が出たので紹介(リンク)。パブリックコメントの締め切りは24日です。

 

2003/12/21

 SUN が Windows98 の提供停止に苦言...と言うか自社の売り込み(参考リンク)。ちなみに、拙宅のゲーム用パソコンはまだ Win98SE です(笑)。今のところコレで動かずに困ったソフトは ゆめりあベンチ とか N-Bench3.0 くらいで、実害はありませんし過去ソフトとの互換を考えると中々移行できません。その辺の制約の無いメイン機は早々に Win2k へ移行していますが(XP へはアクティベーションが気に入らないので移行を保留しています)。尚、このメイン機の位置には以前は PC9821Xv20 が居ました。それなりに拡張した Xv20 は、Win98 で使っている限り快適で特に問題なかったのですが、Win2k へ移行した途端(メモリ不足に起因する)その重さに耐えられなくなり互換機へ移行した経緯があります。メモリが潤沢に載っていたら、未だ Xv20 使ってた可能性が高いですね。実際、まだ 9821 をメインで使っておられる方も(若干名?)居ますし(^^;)。

 

2003/12/20

 需要に対して潤沢に商品を供給できないことは商売上の失敗なんですが。それを毎回繰返すってことは、理解していないってことなんでしょうねぇ...いや、どこ、とは書きませんが。ココでは。

 

2003/12/19

 何気に2ちゃんねる周っていたら、スカパーとプラットワン統合、なんてスレッドが今年の6月末にはできていたんですねぇ(笑)。で、その 110 度 CS ですが、吸収されるプラットワンの契約数が約3万、スカパー!2が約7万(参考リンク)。300万を越えている無印スカパー!に比べると如何にも苦しく(と言いますかダメでしょ、流石に)。そー言えばアナログ BS の停波を迫られている WOWOW も、11月末の段階でアナログの契約数が約210万に対してデジタルが約36万。停波までにどれだけ移行させられるかが勝負なんでしょうけど、正直デジタル WOWOW にアナログから乗換えるだけのメリットが...(画質アナログの方が上なんですよ。しかもデジタルはコピワンですし)

 

2003/12/18

 東京地裁にてファイルローグを運営していた日本 MMO に約7千万円の賠償命令(参考リンク)。過去に何度も書いていますが、結局は集中管理方式の P2P を(考え無しに?)排除してしまった結果、課金や管理の困難な真なる意味の P2P へユーザが流れてしまった経緯があり、それよりも、廉価で使い勝手の良い合法サービスを提供できないでいる現実を、何とかしようと言う方向へは行かないのでしょうかね?

 

2003/12/17

 長野県の住基ネット侵入実験については IT Pro の記事が判り易いです(リンク)。総務省はファイアウォールと突破していない、と反論していますが、そもそも不正アクセス防止法に抵触しない範囲で実験を行なっていると思われ、その反論の的外れっプリには失笑してしまいます。本気でアタックを行なう側がそんなに行儀が良い訳はなく(笑)。もっとも、internet 経由のみの侵入には失敗しているのも事実ではあります。とは言え、例えば無線 LAN やダイヤルアップ経由で構内に侵入されたらファイアウォールは意味を成さず、この辺は民間企業が抱える脆弱性と同じなんですよね。あくまでも例え話ですが、各地方自治体の庁舎近辺で侵入可能な無線 LAN ノードに片っ端から Blaster 級のワームを放り込んだら...サイバーテロの成立? (笑)

 

2003/12/16

 昨日の補足。実はダウンロードによるコピーの入手自体は「私的複製」に該当する可能性が高いのです。そうなった場合、特に音楽等のデータファイルのダウンロードに対しては基本的に違法性を問えないことになります。ただ、それがクリックによる認証を要するアプリケーションだったりするとクリックの是認が契約成立と見なされるか否かによって判断は分かれると思います。その場合に問われるのは不正競争防止法の方であって著作権法ではそれを制限する権利(使用権)を著作権者は有していません。そして不正競争防止法違反に問える条件として「業」として使用することがありますので、繰返し使用する行為が該当するのではないか、と思われる訳です。判例が無い以上、こー言った判断が正しいのかどうかは確定できないのですが。

余談:例えばデジタルデータの場合でもエアチェックが私的複製として認める判決がスターデジオ裁判で東京地裁から下されています。このスターデジオ裁判は色々興味深い判断がされていますので、興味のある方はググってみると面白いです。尚、裁判自体は全面敗訴を受けてレーベル側が控訴していましたが、2002/12 に和解しています。

 

2003/12/15

 カナダの著作権当局が P2P によるダウンロードは合法との判断を下したとの記事(リンク)。著作権者の許諾を得ないアップロードは違法とのことですが、実は日本国内の著作権法でもダウンロード行為を違法とする法的根拠はありません。実際、以前の WinMX や先日の Winny によるファイル共有で逮捕者が出た際もダウンロードそのものは不問にされていますし、MMO 裁判の際も争点になっていません。私の解釈では業として使用する(要は繰返し使う)場合に違法性の発生する余地がありますが、それをダウンロードした事実だけから特定することは難しいでしょう。かと言って例えば法改正によってダウンロードそのものを違法とすることは、今度は違法アップロードの特定に支障を来すので実質的に難しいでしょう。やはり P2P を前提としたビジネスモデルの確率が必要なのだと思いますよ。プロバイダ接続料や MP3 プレーヤその他に別途著作権料をかけそれを各業界各著作権者間で分配する方法も、一つの解だとは思います。

 

2003/12/14

 リンクは控えますが、とある攻略サイトの BBS にて CD-BROS 系の某タイトルでの誤爆サポートに関する書込みを拝見しました。余りにも遅々として進まないサポートに業を煮やし、結局サポート自体を拒否したと言ったものでした。私自身もサポート状況の確認のためにメーカへ必要以上のご迷惑をかけたことがあり(故に現在ネタ買いを禁じているんですが)、その辺の事情でメーカ側が態度を硬化させている面は有るのかもしれません。ただ、誤爆が発生する事実は揺るぎ無いものであり、その事実が在る限りメーカ側には迅速なサポート提供する義務が存在します。言い訳の余地は無いのですよ。実際、F&C 等ではサポートメールで発行するキーを入力すればディスク認証をスキップするファイルを製品に同梱しているとの情報を頂いています。RingPROTECH になる以前の(ここで言う)前期型リングにも認証レベルを引下げるツールを同梱していたタイトルが在りました。正規ユーザに迷惑をかけないことはプロテクトを採用する上で最低条件だと思います。それができないようなところが採用しても反感を買うだけですよ。

 取敢えず、郵送のみのサポートしか受付けていないところは誤爆するプロテクトを採用するなと主張しておきます。

 

2003/12/13

 ちょっと誤爆とは関係の無い情報を頂いたんですが、うたわれるもの DVD 版(leaf)を購入された方で DirectX9.0b を導入している方、ゲーム中でムービは再生できています?

 

2003/12/12

 パソコンのデジタル放送対応へ関する IT Pro のコラム(リンク)。逆説的には、別に HD 品質のまま取扱わなければ問題ないのでしょう。コンテンツホルダ側も考え方が極端なんですよ。アナログ経由の「劣化コピー」くらいは許可しないと、真面目に市場そのものが死んでしまいますよ。

 あー、年末進行で仕事が詰まってるところに体調崩して三日ほど仕事休んでしまったので、その挽回のため来週は少々縮小進行となります。ご了承下さい。

 

2003/12/11

 NTT データから個人情報漏洩(参考リンク)。だから安易に個人情報を収集、提供するn(略)。

 IT Pro のプロテクトはかくあるべしなコラムが完結(リンク:無償の登録が必要です)。初回で期待したほどの踏み込みはありませんでしたが、「強固なDRMでガチガチに固めても,ビジネスにならないため,分け前がないという認識も広がりつつある」との当然な指摘も行なわれており、及第点でしょうか(偉そう/笑)。実際、合衆国の合法音楽配信サービスでは CD-R への焼付けもサポートしています。OS の再インストールですら権利の消失する現状の国内同種サービスがファイル交換に取って代わることは不可能ですよ。

 

2003/12/10

 著作権に関するパブリックコメント募集(リンク)。放っておくと業界側の意見しか通らない可能性の方が大きいので、報告書を読んだ上で率直に意見を述べましょう。いやマジで。

 

2003/12/9

 IT Pro の、プロテクトは如何あるべきかのコラム1回め(参考リンク:無償の登録が必要です)。さて、どーやって結ぶつもりでしょうか。まとまった時点でもう一度。

 コピーワンス化で変わる録画スタイル(参考リンク)。ただ、デジタル放送へ課せられるコピーワンス制限が国内のローカル規格に終わる可能性も0ではなく、そうなった場合の外圧に期待するしか...?

 スイス企業が P2P で有効なビジネスモデルを発表(参考リンク)...字面だけ眺めていると、なにやら激しくマルチ紛いのよーなイメージも(笑)。

 

2003/12/8

 本来であればメインページの方に書くことなんでしょうけど、保母さんちゅ!(Triangle)が起動しない事例で MP5140A(RICOH)の報告がオフィシャルのサポート BBS に上げられています。実は Alpha-ROM と RICOH ドライブは良くありません。私所有の MP5122E やそのベアドライブである MP5120A では引っかかりながら何とか起動できるレベルですが、それより古いドライブでは認識自体ができなかったり、より新しい MP5140A では(全てでは無いのですが)起動に失敗する例を幾つか報告を頂いています。注意が必要でしょう。

 デジタル放送時代のレコーダ選びについて ZDNN のコラム(参考リンク)。録画機のフィールドテストができないとありますが、110 度 CS や WOWOW では既にコピーワンス放送が行なわれています。今に至ってフィールドテストができていないと言うのは理由になるのでしょうか。ま、それはともかく、「本体保証期間は1年ですが、内部のHDDが故障の場合、メーカー保証期間内であっても有償修理になる場合があります」ってことなんですが、そうなんですか? > オーナ諸氏

#いや、私は今のところパソコンで録画してますので。

 

2003/12/7

 業界のそこそこ偉い方と Winny についてかるーくメールでやり取りした際、実質2日動かした結果感じた新作のレスポンスを考えると Winny が本当に食ってるのは中古市場じゃないんですか? 的な指摘をしたら、もう2日動かしたら新作も落ちて来るんじゃないですか? 的な話になり、それでは、と再度実験してみました。今回は先週金曜日から一昨日までの約一週間 Winny を動かして、某新作(ゲームとは限りません/笑)がどのくらいで落ちて来るかの確認を行ないました。結果だけ書きますと、ダウンロードはできましたが完了までに5日を要しました。あくまでも私の場合ですが、これだけかかるなら、私なら店頭へ買いに走ります。私、物欲には正直ですので(笑)。それが新品か中古かはまた別の問題ですが。尚、自分で買ったものすら積んでいるような状況で、欲しくもないものに構ってる時間はありませんのでサックリ削除していますので念のため。さらりぃまんには小銭はあっても時間は無いのです。

 Winny と言えば ZDNN の ACCS へのインタビュー(参考リンク)。
----------
「ファイル交換ネットワークに参加すること自体、摘発につながるということは言えるのではないか」
----------
 こーゆーことをメディアのインタビューへ平気で出しちゃうから無用な敵をつくるんですよ。ACCS。私も少しカチンと来ましたよ(笑)。取敢えず、ここの全ファイルをアーカイブして流してみましょうか? 毎年末に。需要は...さて置き(笑)。

余談:
 時に記事中、久保田氏のメッセージを流そうか的な話が出てますが、久保田氏なら快諾するんじゃないですか? 氏を実際に観た印象ではそー思います(笑)。

 

2003/12/6

 最近、メインコンテンツの更新が滞っていますが、理由は単純で「私が買って無いから」でして。自分にもネタ買いを禁じていますし。報告もいくつかは頂いているんですが、あんまり確実に個人を特定できる情報は掲載し辛く...

 

2003/12/5

 著作権法30条では技術的保護手段を解除してコピーを行なうことは私的複製でも違法とされています。この技術的保護手段の定義は結構微妙でして、以前 DVD-Video の CSS も微妙だと書きました。実際調べてみると、CSS はアクセスコントロール(=技術的制限手段)に分類されており、つまり技術的保護手段には該当しません。えー、結論としては、CSS を解除しても著作権法の第30条には違反しないことになります(コンテンツホルダ側には異論もあるようです)。ただ、技術的保護、及び制限手段を解除する装置等を提供する行為は不正競争防止法の方で違法となります。従ってそう言ったツールの販売等はできない訳ですが、市販の DVD-Video を自力でアレしてアーする行為は、少なくとも現在の著作権法的には問題なしと判断される可能性の方が高い、と言うことです。

 

2003/12/4

 松下が改めて DIGA にてコピーワンスが録画可能と喧伝(参考リンク)。CPRM を自社製品への差別化手段として推進する同社なら、まぁ当然そう主張するでしょうね。ただ、CPRM は IBM、インテル、東芝、および松下の共同開発なんですよ。前2社はともかく、後2社の家電市場での立場を考えると如何にユーザ不在でコピーワンス化が進められたかを伺い知ることができます(ちなみに、元々 CPRM は SD メモリーカード用の著作権保護技術として開発されています)。ただねぇ、少なくとも再エンコードを伴う劣化コピー(ダビング)くらいは許可しないと、市場そのものが萎縮してしまいますよ? 何度も書いていますが、CPRM メディアは一般の DVD-Video プレーヤでは再生できないんですから。

 

2003/12/3

 Alseayne さんのサイトのコンテンツ。プロテクト考察はウチより深く詳しいです(リンク)。私としては上のエミュレータ関連が楽しめました(笑)。

 合衆国にて Symantec Norton シリーズで発生していたアクティベーション不良が修正されたそうです(参考リンク)。買ったソフトが使えないのは、どーしよーもありませんし。アンチウィルスのように元々が実質1年契約で更にネットワーク接続必須のソフトではアクティベーションも致命的な不便とはならないと思いますが、ローカルで完結するソフトでは、やはり抵抗感の方が大きいですね。尚、日本語版にはまだアクティベーションを導入していないようです。

 元麻布氏がカノープス MpegCraft DVD のレビューを行なっています(参考リンク)。が、記事のメインは後半のデジタル放送への苦言の方でしょう(笑)。今ですら額縁にドット妨害やクロスカラー、ブロックノイズが指摘されているのに、これらが解決されない内にコピーワンスまで導入されたら、果たして視聴者に何のメリットが在るのやら。

 

2003/12/2

 ZDNN の地上デジタル記事(参考リンク)。まぁ、それはいいから、額縁問題の解消とコンポーネント出力化はとっととやって下さい。早急に。勿論 BS デジタルも。

 ちょっと古い記事ですが(参考リンク)。この記事読んでてふと思ったんですが、特許が切れたらライセンスってどうなるんでしょうね? 国内のアナログ地上波は30年続いている訳ですし。調べて...?

 

2003/12/1

 今日の AM11:00 から地上デジタル放送が開始された訳ですが。拙宅ではケーブルテレビ経由にて NHK のみ受信できます。基本的にほとんどの番組が 4:3 で放送される NHK 教育ではキチンと 4.3 識別信号が付加され「額縁」放送になることは殆どありませんでしたが、16:9 と 4.3 が混在放送される NHK 総合では特にアナログ地上波とのサイマル放送で割と額縁を目にしました。そしてニュース番組等で画面に発生しているクロスカラーを観るに至り、ウリの高画質は何処へ行ったのかと、問い詰めていいデスか? まー、BS デジタルの惨状で判っていはいたことですが。

 JASRAC がシンポジウムを開催(参考リンク)。
--------
中国などで流通しているCDが、安価に逆輸入されている問題については、「日本販売禁止レコードの逆流防止措置ということで、関係省庁にも理解を求めている」という。
--------
 これ、提言にはアジア圏からの「逆輸入」とは一切触れられておらず、輸入権の創設との形で行なわれています。すり替えられないように注意が必要です。また、ユーザ側で行なえるコピー技術が向上したことにより著作物を単にコピーして店に並べただけで物が売れる時代は終わりを告げようとしています。そこにどのような付加価値を用意できるかが健全な文化の発展だと思います。それを制限事項を増やすことと勘違いして貰っては困りますが、判って...いたら最近の頭悪い動きは無いのでしょうね。

 

2003/11/30

 午前中から午後にかけてサーバをメンテしてました。その間接続し難かったと思われ、ご迷惑をおかけしました。

 松下が SONY PSX に対するアテツケのような DIGA シリーズの広告を出しています(参考リンク)。ただ、最も普及している DVD-Video プレーヤで再生できないディスクや規格を「DVD」と表現することは、どうなん JARO? と思わずにはいられない私です。

 

2003/11/29

 Winny を使って送信可能化権を侵害したとして2名が逮捕された経緯について ACCS が説明(参考リンク)。なるほど、やはり Winny の匿名性が直接破られた訳ではないようですね。この説明からは、逮捕者が予め公開していたトリップ、又はハッシュと合致するファイルを府警側が Winny を使ってダウンロードし、そのファイルの同一性を ACCS へ依頼したと理解しました(と言うか私にはそれ以外の方法が考えられません)。ファイルのダウンロードについて問題視していないことからも Winny 自身を使って「複合化」したことは間違い無いでしょう。

 

2003/11/28

 ふと思ったんですが、CPRM 対応メディアが一般の DVD-Video プレーヤで再生できないことは、果たしてどのくらい知られているんでしょうね?

 iPod 内蔵バッテリの寿命について(参考リンク)。私も iPod オーナですが、購入して半年の段階ではまだバッテリ寿命が短くなった印象はありません。ただ、使ってて気になるのは待機電力の大きさでしょうか。バッテリフル充電で二日ほど電源切った状態(電源スイッチは無いので自動シャットダウンですが)で放置しておくとバッテリ残量が1メモリしか残っていない、そんな感じです。

 

2003/11/27

 Winny 絡みで逮捕者(参考リンク)。とばっちりで 47 氏も家宅捜索を受けているようですね。ところで、アサヒの報道(参考リンク)によると京都府警は暗号を解読して発信者を特定したとしていますが、ポート番号すらランダムで設定される Winny の発信者を特定する方法を私は考え付きません。今回のケースでは逮捕者が自分のページを公開しており、そこから追跡されたのでは、と思うのですが?

 ケーブルテレビの J-COM が地上デジタル含めた今後のサービスに対する説明(参考リンク)。「CS110度の失敗を繰り返してはいけない。」...そうですか、失敗ですか(笑)。

 

2003/11/26

 拙宅に引っ込まれているケーブルテレビで地上デジタル放送の公式発表が無い、と昨日書いた翌日の今日、12月から NHK 総合と教育の再送信、春から民放の再送信を開始するとの案内が届きました。当面は「試験放送」との扱いだそうですが。民放の再送信が無いなら BS デジタルと代わり映えしないので余りメリットは無いですね。それにしても HD 放送割合が義務づけられているとは言え、やたらアップコンバートばかりの BS デジタルを観ていると何処が高画質なのだと悪態の一つも吐きたくなります。拙宅の場合 4:3 で観ているため、アップコンバートの番組は画面の中央に小さく表示されるだけなんですよ(いわゆる額縁付き)。一方 SD 放送ではあからさまにブロックノイズが目につきます。せめてコンポーネントで送り出してくれればまだ救いもあるのですが、WOWOW 以外はコンポジットばかりなのでクロスカラーやドット妨害も散見されます。地上デジタルは、さて大丈夫なんでしょうか。

 その地上デジタルや BS デジタルに導入されるコピーワンスについて、基本的には全番組と発表されています。映画や音楽番組は確実ですが、各局独自制作の番組はコピーワンス化されない可能性もあるとのことです。もっとも、恐らくは甘い見解だとは思いますけど。

 そして NEC が発表した AX300 は、相変わらずコピーワンスが録画できません(参考リンク)。ユーザにとって問題なのは CPRM に対応していないことではなく録画できないことなので、その辺の勘違いが無いようお願いしたいところです。

 をや? うさだプロテクション(リンク)が微妙にアップデートされていますね(笑)。

 

2003/11/25

 Apple iTunes Windows 版のセキュリティをクラックするツールが公開されているとの情報があります(参考リンク)。CD-R に焼けるんならワザワザ、と言う気はしますが...

 拙宅に引き込まれているケーブルテレビでも、12月から地上デジタル放送の再送信を行なうことが発表された資料に記されています(参考リンク)。公式で正式な発表が何も無いのですが。もう来週からなんですけど。甚だ不安です(笑)。

 

2003/11/24

 「あの」 ls 氏のサイト「うさだ」(リンク)にて、「うさだプロテクション」(リンク)ってコンテンツが。面白いので一読をお勧めします。

 尚、一例として CPRM はクローズドなプロテクションでありながら突破されてしまった CSS の反省の元に作られているだけあってかなり強力にできており、私の考え得る限り恒久的に破ることは不可能だと思われます。難点は一度固定したディスクから動かさないことを前提にしておりインストールを伴うコンテンツには使えないこと、既存の DVD-Video プレーヤとの互換性が無いことでしょうか。後者の理由故に DVD-Video プレーヤとの高い互換性をウリにしている DVD+ 陣営が採用に踏み切れないでいる訳ですが、その結果コピーワンスコンテンツを録画できないジレンマも抱え込んでおり、デジタル放送のコピーワンス化がこんなところにも影響を...あー、つらつら書いていると、どーにもまとまりが無くなります(笑)。

 

2003/11/23

 音楽配信メモ(リンク)さんでコピーコントロールディスクにまつわるアンケートの募集をしています。心当たりのある方は答えてあげて下さい。私の場合は公開している通りですし。とは言え、iPod 購入以降 Discman を持ち出す機会がすっかり無くなってしましました(笑)。そんな便利な装置を否定するよーなことしておきながら、より便利な代替案を示せないんですから始末が悪いです。

 昨日の補足。と言いますか私の見解を書いていませんでしたので。機器間のアナログ経由によるダビングが可能なら、私はコピーワンス化を許容できます。アナログ出力にマクロビジョン信号載せたり一部の録画すらできない機器は予めそのことをアナウンスすればそれ以上は叩きません。判っていたなら最初から買いませんから。

 

2003/11/22

 デジタル放送のコピーワンスについて放送局側の意見も聞いてみたのですが、面白いことが判りました。今の東芝 RD シリーズや松下 DIGA シリーズはコピーワンスコンテンツを HDD へ録画すると CPRM メディアへの移動(HDD からは消去される)しか行なえず、コンポジットやS端子からのアナログ出力にもマクロビジョン信号が付加され従来の VHS ビデオへのダビングも制限されてしまいますが、アナログ出力については実は放送局側もそこまでの制限を求めていません。アナログ出力によるダビングでは、対 VHS はおろか DVD レコーダへのダビングもOKとの見解です。例えば Pioneer の HDD/DVD-RW ハイブリッドレコーダではコピーワンスコンテンツを録画してもアナログ出力にマクロビジョン信号を付加しません(CGMS-A は残ります)が、それでも構わないとのことです。メーカごとの対応になるのでこの辺の扱いが今後各社で統一されるか否かは不透明なのですが、ユーザからの声の大きさによってキチンと対応される可能性はあると思われます。

 

2003/11/21

 ソフ倫がアクティベーションシステムベンダを公募(参考リンク)。と言っても、既にシステムを持っているマクロビジョンくらいしか提案できないのでは? もっとも、その SafeCast は海外で随分と叩かれまくってますが。それにしても、この業界のユーザ数をソフ倫は 20〜30 万人と(表向き)見積もっていますか。金を落とさないユーザも見積もっての数字なのか、又は複数買いをするユーザ数を無視してのべ換算しているのか、さて。

 時に、私が WindowsXP を導入しない理由は「アクティベーションが気に入らない」から、と以前書いた通りなんですが。どーしたもんでしょう(笑)。尚、コレをもう少し進めてオンライン決済まで可能になれば P2P ユーザを取込める余地も生まれ新しい動きになるのでしょうけど、既存流通の反発も予想されるので難しいでしょうか。そーゆーシステムなら支持もできるのですが、単にアクティベーションだけなら自分の購入した品物が自分のものにならない感覚に対する抵抗感の方が勝ります。

 

2003/11/20

 ローソンに続いてファミマでも個人情報が流出(参考リンク)。個人情報を安易に提出すること、安易に収集、取扱うこと、双方ともにもっと意識すべきでしょう。

 著作権と P2P シンポジウム(参考リンク)。ACCS の久保田氏に対する印象は、やはり同じような感じを受けるようで(笑)。その主張のベクトルが(少なくとも私から観て)見当違いな方向を向いているだけなんですよね。

 

2003/11/19

 行政のパブリックコメント募集方法は、常時監視している人間以外にはコメント不能なんですが...それこそ NPO でも立上げて専門の人員配置が必要ですよ。

 マランツが高級オーディオケーブルの新型を発表(参考リンク)。全盛期の私でも流石にこのレベルのケーブルは買えませんでした。拙宅のケーブルは 1m \7k 程度だったかと。ちなみに銀の導電率は非常に高いのですが、腐食し易いのでメンテナンスを要します。メンテナンスフリーで安定した導電率を望むなら金接点になり、一般の高級ケーブルに金メッキが使われるのはそーゆー訳だったりします。さて、かのようにオーディオマニアって連中は僅かでも音質向上の余地があるならそれを目指す人種です。そんな人間が音質劣化を伴う技術を受入れる訳はないのですよ。判ってるんでしょうかね、今度クラシックに参入しようとしているレーベルは。

 SONY PSX の仕様詳細(参考リンク)。メインに使うのではなく、バックアップとして使うにはこれでも構わないかも? とか思ってみたり。ただ、やはり \20k 高いです。

 

2003/11/18

 掲示板の方でも展開していますが、なんかつらつら書いていたら長くなって推敲するのもナンなので以下そのまま掲載(笑)。

 「そのため、1回だけ録画は可能だが、ダビングはできないというコピー制御を導入するにいたった。これにより、視聴者が個人的に録画して楽しむ分には何の支障もなく、放送局は良質な番組、出演者が確保できる」(参考リンク

 何の支障もなく?舐められたモンです。

 「1社でも抜け落ちると、そこから出回るので、地上デジタル127社、BS民放5社、NHKのすべての放送事業者の対応が前提。今回の方法は、放送事業者や家電メーカーと話し合った末に採用した」

 各社が個別に導入するとそこが集中的に叩かれるからでしょ? 一斉に導入すれば平気ってことですか。

 この国の最大の問題は、このテの会合に消費者団体が加われないことです。CPRM 対応で先行するメーカ辺りはむしろ賛成するでしょうしね。それにしても、そんなに観て欲しく無いのでしょうか? アナログ経由のダビングまで不可能にするのは、どー考えてもやり過ぎなんですが。まぁ、パソコンで視聴することのみに限定して現実解を探すとすると、カノプ T-BOX のような形だと実現可能かも、と思えます。USB 制御でデジタルチューナを制御、接続にはコンポジットなりSなりのアナログケーブル。それすら無理だって言うんであれば、各社デジタルチューナのリモコンコマンドを発する発光部を USB 制御で。或いはデジタルチューナの「AV マウス機能」をキャプチャカード側も利用、とか。

 ここまで考えてふと思ったんですが、PSX がコピーワンスを HDD へ録画したら DVD メディアへ書出しができない(CPRM 非対応)のは既報の通りですが、もしアナログ出力にマクロビジョン等を付加していないのであれば現実解としてはそれも有りか、と思うのですが、さて?

 それにしても、DAT がなぜ失敗したのか、何も学んでいないんでしょうかね? ギョーカイの方々は。

 そして日テレ、テレ朝、テレ東は HD 画質で放送できないと来た(参考リンク)。

 時に、ケーブル世帯の「アナログでの視聴」ってのは一体なんなんでしょう(参考リンク)。拙宅はデジタル契約なので16万世帯の一つなんで判らないんですが、アナログで見る場合のコピーワンスの取扱いとか、どーなって?

 

2003/11/17

 DVD X COPY 日本語版が発売(参考リンク)。えーと、オリジナルが持っている CSS 解除機能の無いコイツに何のメリットが在るのやら...

 Impress の SONY PSX 記事(参考リンク)。
--------
松下電器のある関係者は、デジタル放送で主流となっているコピーワンス番組の録画に対応していないことを指摘、「ここがPSXの最大の弱点だと」と、PSX対策の重要ポイントとして訴える考えを示す。
--------
 えー、別に CPRM や CGMS-A を無視すれば弱点でも何でもなく、むしろ利点にすら...いや、まぁ、無理でしょうけど(笑)、むしろコピーワンス許すマジ的な世論が盛上がれば...コレも望み薄かなぁ...PSX が爆発的に売れれば話は別でしょうけど、この仕様で当てるには後 -\20k 程度のディスカウントが必要だと思いますし。ちなみに、技術的保護手段に最初から反応しない機器は違法では無い、との解釈が一般的です。更にちなむと、技術的保護手段の要件は何らかの信号を挿入しそれに反応して複製を禁じる手段を講じることを言うとのことで、そう考えると意外に狭い定義になります。CD-ROM の各プロテクトや音楽ディスクのコピーコントロールは該当しない可能性が高く、故に CD-ROM のコピーツールに違法性が問えないと言われています。そう考えると、DVD-Video の CSS も結構微妙なんですよねぇ...

 

2003/11/16

 使ったこともないのに語るのもナンだなぁ、と思ったので昨晩から1日限定で Winny2 を稼働させてみました(今は既に落としています)。起動した直後にバージョン上がって警告表示されたのはアレでしたが(笑)。拙宅のようにグローバルアドレスをルータと自鯖で共有する環境(GapNAT)では共存の難しいソフトです。

 で、実際に使った印象ですが...ISDN でアクセスしていた時代に海外のアレなサイトからナニなソレを、iria に放り込んで寝て起きたら終わっていた、そんな感覚を思い出してみたり...正直なところ、将来はともかく少なくとも現段階の ADSL 環境ではパッケージ流通を駆逐できるとは思えませんでした。販売に対する影響は、どーでしょう? 確かに大雑把なワードで検索かけると明らかな違法品も相当数引っかかりますが、いざ目的を持って検索する場合のヒット率はかなり低下します。商品を欲しいと思う層が、パッケージの所有欲と天秤にかけてどちらを選択するのかを考えると、今のところ(少なくとも私なら)パッケージを選ぶのではないでしょうか。逆にコンテンツの流通手段として考えると、コンスタントに検索ヒットする工夫が必要になるのと合わせて、絶対では無いでしょうけど自身でも比較的太い上り回線が欲しいところです。

 しかし何ですね。上りトラフィックで一部プロバイダが悲鳴上げるのも頷けるような気はします。起動直後から上り方向のアクセスが急増しました。上りの細い ADSL ならまだしも、光回線では上流は大変でしょう。とは言え、速いことをウリにしている回線で帯域制限をかけることは、さて、どーなんでしょう?

 

2003/11/15

 以前から話に聞いていた Alpha-ROM の新型かは定かではないのですが、重複セクタ数の極端に少ないタイプの Alpha-ROM が登場しているようです。重複セクタが極端に少ないため、イメージを焼くときに重複セクタが再現できず結果複製を困難にしている、とのことのようです。このタイプは発売日に回収指示が出た「夏色こみゅにけーしょん」(テリオス)から採用されているとの報告ですが、逆読みで吸出したイメージにダミーの重複セクタを追加することで複製が可能になるとの報告もあります。既に対応したツールも登場しており、結果的に1日で破られた恰好になっていますね。

 

2003/11/14

 AV Watch のアンケート、「でじたる羅針盤」7回めの結果が発表されています(参考リンク)。今回はボーナスで買いたい AV 機器。私自身は今回のアンケートには未回答ですが、紹介されている最後の意見には同意できます。実際、私も現在の家電としてのデジタルレコーダを同じ理由で購入できずにいますから。そして、そう言った制約をキャンセルし易いパソコンでの HDD 録画に流れている訳です。ちなみに、つい1年ほど前まで S-VHS 120 分10巻パックを二ヶ月で消費していた私ですが、ここ半年ほどで購入したテープは3巻パック一つだけです。かわりに HDD 残容量が湯水の如く消費されていきます...

 

2003/11/13

 SONY や出版各社で電子出版の新会社設立(参考リンク)。は良いのですが、著作権保護技術としての MagicGate 系は激しく不便なのでダメではないかと...

 エロゲ画像の無断使用で逮捕(参考リンク)。ふと、昔のパチンコ屋のポップはどーなんだ、と思ってみたり...最近は流石に一時期ほどのあからさまなのは観なくなりましたけどね。つーかコンシューマ系では買収等で随分業界相互が近くなってしまいましたし。

 

2003/11/12

 ACCS の Web サイトから個人情報が流出(参考リンク)。安易に個人情報を求める、或いは提供することの恐さ。ご注意下さい。

 Windows2000/XP に大きな穴(参考リンク)。またか、って感じではありますが、Microsoft の月1リリースへの方針転換は、果たして正しかったんでしょうか? いや、先月も今月も一般紙で「また」的に取り上げられていますし。それはそれとして、SP やセキュリティパッチをあてて行くと OS が目に観えて重くなって行くのも何とかして頂きたいところですが。Windows2000 なんて、無印は Pentium200MHz でもメモリが 256MB 程あればそこそこ動いていたんですけど、SP4 では Web のブラウズすらままなりません。

 国内では瀕死の Xbox 値下げ(参考リンク)。記事中
「アメリカのようにライフサイクルプライシング、つまり1週目は40ドルなら、2週目からは売り上げに応じて悪ければ30、20と下げていくほうが合理的だと思う。ユーザーに帰ってきてもらうためにはそういうこともしないといけない。」との発言があります。パソゲー業界も、正規ユーザに迷惑かける前に、やるべきことはまだ幾らでもあるってことです。

 

2003/11/11

 ソニーミュージックが欧州で音楽ディスクに対し新しいコピーコントロールを施す旨報道されています(参考リンク)。新しいとは言ってもやってることはレーベルゲートと同じな訳で、国内の目からはさほど目新しさは感じません。取敢えず合衆国での導入は、まだ先のようですね。ユーザの声の小さいところから、と言うことでしょうけど、気分の良いものではありません。

 毎日新聞の、ブロードバンド普及に対するコラム(参考リンク)。テレビ屋の視点ではテレビ市場主義になるのはまぁ仕方ないとしても、用語の使い方に違和感満載なのは勘弁して頂きたく。西氏はこのコラムで主に IT 関連の記事を執筆しておられるのですが、本当に理解して書かれているのか疑問に感じることも少なからずあります。放送に関る記事にはそー言った感覚は感じないのですけどね。取敢えず、文中の用語で「LAN(=Local area network)」を使いながら地方(=田舎?)のことを「ローカルエリア」と表記するのは混乱するので何とかして下さい(笑)。

 

2003/11/10

 海外ボツ!News さんで合衆国のアダルト雑誌の出版元が相次いでチャプター11を申請したネタを取上げています(参考リンク)。ペントハウスの件は私の方でも知っていましたが、もっとも、国内でもネットに限らず海外のそのテのコンテンツへの流出が起こりはじめていることも否定はできないでしょう。DVD-Video にしても今は簡単に個人輸入できますからね。

余談:DVD-Video に設定されている再生地域制限のためのリージョンコードは、技術的保護手段の要件を満たさないのでこれを解除することに違法性は無い、との判断が有力です。

 ところで、海外ボツ!News さんの最後の方の意見。私は人には所有欲が在る故そこまでパッケージが脇に追いやられるとまでは思っていない(例えばゲームを買ったまま「積む」行為は所有欲の方が満足されるため許容されているのだと思っています)のですが、ただ、コンテンツを単にコピーして売るだけのビジネスモデルが早晩崩壊するだろう、と言った漠然とした思いは抱いています。だからと言ってコンテンツホルダがコピーコントロールしようとする行為が無条件にユーザへ受入れられるとも思っていません。結局向かう方向は一つしかないのでは...で、なければコンテンツホルダもユーザも不幸な結末しかないのでは無いでしょうか。

 

2003/11/9

 選挙で投票してくると、何気に選挙速報が面白くなるですよ(笑)。

 

2003/11/8

 掲示板で報告頂きましたが、デジタル WOWOW が全番組にコピーワンス設定したことを正式に発表したようです(参考リンク)。事後承諾ですか? 私は CATV によりデジタル WOWOW を視聴できますが、はっきり言ってデジタル WOWOW にアナログより有利な点を見出すことができません。D-VHS に iLink(IEEE1394)経由でデジタル録画できる以外のメリットって、何かあるんでしょうか? それすら、それ以降のダビング(アナログ接続経由でも)が制限されるなら、メリットとして成立するか微妙です。BS デジタル全体でユーザが伸び悩む中、観て欲しく無いならそれはそれでこっちは一向に構わないんですけどね。取敢えず、WOWOW やスカパー!観たい方は今のところアナログや初代の方が良いです。

 結果的に発売から約一ヶ月、まともにプレーできないタイトルを売り続けたことになった よりしろ ですが、約束されたパッチがようやくリリースされたようです...ですが...治っていない、との報告を頂いています...

 最近、誤爆サポートをオンラインでは行なわずに郵送連絡のみ受付けるとするブランドがいくつか出てきました。サポートへの敷居を高くすればサポート依頼率が減ることは確かでしょうが...それが最近の方針なんですか? > 「F」さん

 そうそう、明日は衆院選の投票日です。棄権や白紙委任することなく、現政権へ Yes/No の意思表示をキチンと行ないましょう。私は表現規制への動きに反対する方向で投票してきます。

 

2003/11/7

 ただ今享楽中につき、今日の更新は無しと言うことで(^^;)。回収とかパッチとか楽しげなネタはあるんですけどねぇ(笑)。

 

2003/11/6

 初回起動時に必ず広告を流すことでコンテンツをコピーフリーとする試み(参考リンク)。面白いと思います。アドウェアやスパイウェア的な動作をしないのなら、現実解として興味深い試みです。

 Office2003 に極めて大きな不具合(参考リンク)。バージョンが混在したりファイルを顧客等への受け渡しをする企業ユーザには致命的です。パッチをあてているか否かをシステム管理者が把握仕切れない現状では、Office2003 は使用禁止処置を採ることになります。

 もう一つ IT Pro の記事から、ソフトウェアにおけるトラブル発生についての意識(参考リンク)。「予想できないものは防ぎようがない」、当然です。ただ、それは予測できるトラブルを放置するのとは話が違います。過失は後の対応次第で容認できる場合もありますが、未必の故意は容認することができないと、いつも書いている通りです。

 CD-R 実験室さんが、レーベルゲートの2を検証しています(参考リンク)。コピーコントロールとしての能力は随分弱まっているようです。結局ここまで緩くしないと悪影響を軽減できないってことなんでしょうか。そしてコピーコントロールは徐々に有名無実化。

 

2003/11/5

 掲示板の方でもリンク貼っておられましたが、「だから WinMX はやめられない」の津田さんが三ヶ月後の「後書き」を公開しています(参考リンク)。業界への提言の部分は、(日々ここに書いている通り)ほぼ同意見です。是非読んで下さい。

 そー言えば、デジタル WOWOW が先週中ごろ辺りから全ての番組にコピーワンス信号を付加してたようです。無告知ですか。そーですか。加入者数比はアナログ:デジタルで大体 20:1 とは言え、蔑ろにされたモンです。基本的に WOWOW には用がないので実害は無いのですが、先程実験したら SmartVision HG/V では先週まで録画できた番組を録画することができなくなっていました。

 合衆国でもデジタル放送にブロードキャストフラグと呼ばれる信号を付加することが承認されたようです(参考リンク)。ZDNN の記事では今イチ抽象的な表現なんですが、内容だけ勘案すると CPRM と同等と思われます。日本では視聴者の知らない間に導入を決められていましたが、議論が在るだけ合衆国はまだマシなんでしょうか。

 私の考えでは、Digital  to Digital でのコピー禁止には譲歩できますが、アナログ経由のコピーすら禁止することは容認できません。デジタルデジタル言いながら逆に不便な世の中が、もう目の前に。必要の無い謎の”画像安定装置”に無駄な出費をしろと言うのでしょうか。

 

2003/11/4

 OS X Panther が IEEE1394b 接続ドライブのデータを壊す問題は、取敢えず変換チップ供給元がファームをリリースしましたので、いずれ採用メーカからサポートされるでしょう(参考リンク)。

 遅れはしたものの、日本語版も無事リリースされた iTunes の Windows 版でアクセスできる iTunes Music Store に対する IT Pro の記事(参考リンク)。私も iPod ユーザですから気にならないと言えばウソになりますね。音楽配信サービスに関しては、逆説的には iTunes Music Store くらい「緩い」制限でなければ P2P と競争することはできないのだろうと思います。音楽に限らず P2P でのやり取りを問題視(まぁ当然なんですが)して、結果使用制限を厳しくする方向へ流れている印象が在ります。しかし、結局は P2P で流されているファイルの方があらゆる意味で便利でああるなら、その制限は正規ユーザのみが不当に被る結果になりかねません。それでは本末転倒では無いか、と思うのですよ。あ、ちなみに iTunes はまだ入れてないです。

 

2003/11/3

 Apple OS X を Panther へアップデートすると、一部の IEEE1394b 接続ドライブのデータを消失する場合があるとの報告があります(参考リンク)。ユーザの方はご注意を。

 予想に反して静かな選挙戦中の三連休でした。そんな中の各新聞社の調査結果(参考リンクその2その3)。取敢えず、私は政治屋に文句言う資格を得るために投票へは行きます。棄権したり白紙委任したらどんなバカなことされても文句言えませんからね(笑)。

 

2003/11/2

 合衆国での Lexmark プリンタトナーに対する DMCA 適用に無効判決(参考リンク)。プリンタトナーにチップを内蔵し、そのチップに対し著作権法を適用してサードパーティの排斥を試みて失敗したと言うことですね。どちらがよりユーザのためになるのか、もっとも、メーカの利益がユーザへ還元されるって主張を、私は信じていませんが。過去の種々の実績から。

 

2003/11/1

 パソコン用のビデオキャプチャカードでコピーワンスコンテンツを録画できるか否かを、実機があるものは実験と、無いものはサポートのお答えを公開。

・NEC SmartVision HG、及び HG/V:不可(録画ボタンが押せない)
・カノープス MTV1000:可能
・IO DATA GV-MPEG2/PCI:可能
・Vertex Link RealMagicVHRecorder:可能
・ピクセラ(サポートの回答):不可
・バッファロー(サポートの回答):未検証

 公式回答はともかく、実機で不可能なのは現段階で NEC とピクセラの2社と言うことになります。尚、マクロビジョンに関しては全て不可ですので誤解無きよう。

 

2003/10/31

 国内の音楽配信に関するアンケート(参考リンク)。国内のサービスに対する私の意見は「不便」に尽きます。使い勝手云々より購入したファイルの取扱いが、です。パソコン固定。再インストールで権利消失。それを避けるためには事前のメンテナンスが必要。誰が好き好んでそんな不便なもの購入しますか。CD レンタルしてきた方が後々余程便利で廉いですよ。それで市場が立ち上がらないと嘆いても、立上げる気が無いとしか思えません。

 

2003/10/30

 一ヶ月くらい遅いサンスポの記事(参考リンク)ですが、書籍にも貸与権を認める方向とのことで。もっとも、ただでさえ本離れが加速している現在、その本から更に読者を遠ざけるだけの効果しか得られないよーな気もするんですが。

 コンシューマゲームについての毎日のコラム(参考リンク)で書かれているんですが、「知名度の低いゲームは徹底して売れない現在の市場」と指摘されていて、コンシューマゲームに限らず、真理だと思いますよ。

 そー言えばキューピーのデザインに独自性は無いとの高裁判断がされていますね(参考リンク)。で思い出したんですが、ポパイのデザインが著作権切れでパブリックドメインになっているの、知っていました?

 音楽使用料を支払うことで P2P ファイル交換を認める ISP が登場(参考リンク)。英国の話ですけど。こー言ったサービス形態が理想型、と思う私です。

 

2003/10/29

 衆院選がスタートしました。時折、投票したい候補者が居ないって理由で棄権したり白紙投票したりする方を見掛けることがありますが、棄権はともかく白紙「委任」に何の意味がありましょうか。今が YES か NO かの審判を下すことが最重要かと思いますが、如何でしょう。その際、自分の票が死票にならぬよう考えることも重要でしょう。

 次期 Windows から API が刷新されるようです(参考リンク)。もし仮に、過去の API がエミュレーションレイヤでサポートされることになると、アクロバティックな実装をしているソフトは動作しなくなる可能性もあります。プロテクション系は、こん辺大丈夫なんでしょうかね。それでなくとも、今後ドライブのインターフェースも ATAPI メインから SerialATA へ移行されることになります。

 著しく不公平な契約は公序良俗に違反するとの判決(参考リンク)。

 普及の遅れている BS デジタルへテコ入れ(参考リンク)。ただ、視聴可能世帯数を 440 万世帯と書いているのは流石にどうかと。この数字には CATV 視聴世帯を丸ごと入れていますから。その中には現在アナログ契約しかしていない世帯も含まれていますし、何よりほぼ同じ設備で受信可能な 110 度 CS の契約者数が2社合計でも約9万人しかありません。同じ CS 放送であるスカパー!と比べても2桁違う現実は、流石にどーしよーも無く...BS デジタルが基本無償放送だとしても、もう一桁増えるのがせいぜいではないかと思うのですよ。

 

2003/10/28

 小学生のマンガ離れ(参考リンク)。そしてコンシューマゲームも落ち込んでいます(参考リンク)。音楽業界は言うに及ばず、こんな時にこそキチンと購入しているユーザほど大切にしなければならないのに、そんなユーザに対して「我慢して下さい」なんてほざく業界に先は無いですよ、と随分言い続けているんですけどね...いい加減自覚して欲しいものです。

 

2003/10/27

 PC スクールでの不正コピーに賠償命令(参考リンク)。メーカ側の勝ちは勝ちなんですが、5億7千万円要求して認められた金額が約 3,880 万円。結局懲罰的請求が国内では認められないことがほぼ確定した訳で。その意味で敗北ではあります。ACCS らしいと言えばらしいのですが。請求額が大きいと、印紙代もバカにならないんですけどね。

 Gator をスパイウェアと呼んではダメらしいです(参考リンク)。以前、拙宅のパソコンに入れられたときのバージョンでは、Gator は自身でアンインストールの手段を用意していませんでした。結局駆除ソフトに頼らねばならず、呼び名を変えようが迷惑ソフトであることに変わりはない訳で。今のバージョンはその辺どうなんでしょうかね? 私自身が Gator 仕込んだソフトを入れるつもりは二度とありませんが。

 

2003/10/26

 elf が SafeDisc2.8 を採用したとき、誤爆サポート依頼件数の割合は非常に少なかったそうです。それは他社の採用タイトルと比べても桁違いに少なく数字としては明らかにイレギュラなものと言えますが、その原因はやはりサポートを受けるのが面倒臭いことにあると思われます。elf ではサポート用紙を郵送することでしかサポートを受付けていません。実際、私もビ・ヨンドではサポート依頼を行っていませんし。

 さて、基本的に不具合が無い、或いは少ないものと信頼されているメーカが今時その程度のサポートしか行なわないことは何とか容認されれているのかもしれません。が、新進メーカが大きな不具合抱えたタイトルでそれをやっては、次は無いでしょう? 普通。敢えて何処、とは書きませんが。

 

2003/10/25

 本日未明帰宅しました。まだ(体力的に)復活し切れていませんので、軽めに報告のみ(笑)。

 新たな架空請求の手口(参考リンク)。書いといてナンですが、やっぱりなぁ、と思った次第。

 

2003/10/20

 今週末は出張で帰れません。通信環境も無い場所なので更新は勿論、掲示板も観れない状況になると思われます。その間、サーバが落ちる等何かありましたら予めご了承下さいませ。一泊くらいだったらスクリプト仕込んで自動更新とか用意して行くんですが、期間が長めだと無理です。

 合衆国で RIAA による P2P ユーザ追求(参考リンク)。ふと、新たな架空請求の手口に使われそうだなぁ、とか思ってみたり(笑)。

 

2003/10/19

 一昨日取上げた元麻布氏のコラムですが、何気に気になったのは次期 Windows から「グラフィックスメモリがプロセスごとに独立すると同時に、カーネルモードからユーザーモードに移行する」って部分。実は WindowsNT3.51 までグラフィックドライバはユーザーモードに在りました。それが NT4.0 から高速化を理由にカーネルモードへ移行したのですが、代償として安定性の低下をもたらしてしまいました(Microsoft が管理できないサードパーティのドライバがカーネルモードに存在することにもなりますし)。それが再びユーザーモードに戻されるとしたら、確実に安定性の向上には寄与すると思いますが、問題は互換性と、本当に間に合うのか、ですよねぇ(笑)。

 何やら参照数が増えていると思ったら...

 誤爆サポートの件数割合は、書いてある通りあくまでも出荷数に対するサポート依頼件数ですから実際の誤爆率よりは確実に小さい数字になります(これは数字を提供して頂いた方も認めています)。それにタイトルによっては大変分母が小さく、割合で出すのはどうか、ってのもありますので念のため。尚、実数は出さない約束になっていますのでご了承下さい。

 

2003/10/18

 よりしろ。 「調査の結果、FIXしたスクリプトデーターに体験版データーが上書きされ、ミラーリングしていたバックアップも同様に上書きされていることが確認されたため、スクリプト埋め込み直し作業に入っております。25日にはFIX版をアップ出来ると思いますので、今しばらくのお時間を賜りたく思います。宜しくお願い致します。」

 で、今日の段階でまだ店頭にパッケージが普通に存在するんですけど。プロテクトを採用して、パッケージにもコピーは許さないとか書いて自社の権利を声高に主張するのも結構ですが、不良品と判っているものを放置して犠牲者をイタズラに増やす前に、企業としてやるべきことを先にやって下さい。非常にタチが悪いです。

 

2003/10/17

 Windows Media Center について元麻布氏の解説(参考リンク)。気になるのは、現時点で CPRM に対応できていないってことでしょうか。結果としてコピーワンスコンテンツの録画すらできないとされているようです。コピワンスと聞いて連想できることは「1世代のみのデジタルコピー可」であって、実際そのように喧伝されているハズです。実際は CPRM 非対応機器にはアナログ経由の録画すら許さない、そんな雰囲気ですけど。そんなふうには、伝わってませんよねぇ...

 もう一点。製品発売からサポート期限を起算するのは、やはりどー考えても常識外れでしょう > Microsoft

 

2003/10/16

 FTTH へ移行したユーザの意識調査(参考リンク)。この中で P2P への回答もあるのですが、やり取りしたファイルって事実上ほとんどが違法品なんだろうなぁ、とは容易に予想がつきますが。ちなみに、ウチは下り 4Mbps ほど実行速度が出ていますので、下りに関しては ADSL で不満はありません。サーバを公開している立場ではやはり上りがもっと欲しいですけど、そう言った用途のないユーザが上りの速度を欲しがるのは、やはり P2P なのかなぁ、とは思います。ただ、今更 P2P を止めることが難しい以上、それをインフラとして活用する術を、そろそろ真剣に考える時期ではないかとも思いますよ。

 現実問題として、例えば P2P で出回っているプロテクト採用タイトルのゲームディスクイメージにはクラック済みでディスクレス起動が可能だったり、ユーザから観た仕様が製品版より優れるものが存在する以上、製品の縛りを強くすることで利便性を落とすのは自殺行為とも思えるのですよ。

 

2003/10/15

 コピーすると劣化するプロテクト?(参考リンク)。取敢えず、誤爆を先に何とかして下さい > マクロビジョン

 国内では全く知名度がありませんが、合衆国ではデファクトの座に最も近い HDD レコーダーサービス TiVo(参考リンク)。さて、正直なところこのサービスをそのまま持ってきても国内で成功できるのか、はかなり微妙でしょう。コンセプトの一部を採用している SONY コクーンが苦戦していることもありますが、それよりもコア層に対する訴求力が問題でしょう。国内では AV 系で新しいコンセプトの商品にはまずコア層が試し、それが徐々に一般へ降りて来る普及の仕方をすることが多いです。実際今現在 HDD/DVD レコーダはそんな売れ方をしています。そしてこの TiVo ですが、そう言ったコア層が喜びそうな機能や要素が感じられないんですよね。どちらかと言えば普通の人が使って便利そうな面白さは充分に感じるのですけども。何れにしろもし国内に持って来るのなら、どのような味付けをして持って来るのかを楽しみに待ちましょう。デジタル放送への移行期はタイミング的にまたと無いでしょうし。

 デジタル放送と言えば、地上デジタルのビットレートは SD 放送で 5Mbps です。考えてみたら CS 放送並なんですよねぇ。ちなみに HD 放送では 15Mbps。これも苦しいハズです。さて、本放送開始時に、アナログをはるかに凌駕する高画質、を標榜できるのか、これも刮目して待ちましょう。

 

2003/10/14

 Apple も DVD+RW をサポート。国内市場しか観ていないと DVD+ 系の隆盛に違和感も感じるのですが(MP5122E 使ってる私が言うのもナンですが/笑)、海外市場でのパソコンにおけるシェアが観て取れる記事ではあります。で、ここで問題となるのが家電との連係であり。DVD+ 系は今のところ CPRM を扱えないので、例えばコピーワンスコンテンツを記録することができません。そしてそれを弱点として松下や東芝の、DVD-RAM 陣営が家電でのシェアを武器に攻めるのでしょう。パソコンがコピーワンスにどんな答を出すのか、或いは次期 Windows まで知らぬ存ぜぬで通すのか。果たして。

 

2003/10/13

 よりしろの暫定修正ファイルが公開されたようですが...治っていないとの報告を頂いています。あー、ではコメントをどうぞ。
--------
 出来自体がα版の状態ってある意味最強
--------

 

2003/10/12

 PSX や LUMIX DMC-LC1、デジタル放送のコピープロテクションに対する元麻布氏の見解(参考リンク)。PSX の価格については、やはり誰もが \20k 高い、と思ってしまうようですね。私もそう思います。放送コンテンツについても同様。高画質なだけでは一部にしか売れませんし、それに加えて使い勝手も悪いとなれば...

 

2003/10/11

 昨日の愚痴のアフターフォローから。

 Windows の Autorun を無効にする方法を公開したら訴えられるのられないのとゆー、アホらしい話は訴えられない方向へ(参考リンク)。合衆国の裁判所がどんな判断を下すのか、観てみたかったよーな気もしますが。

 よりしろ。今日秋葉原行ってみたら。普通に売ってましたね。クリア不能な不良品を。回収モンでしょ。普通。客舐めるにも程があると言いますか。こんなこと言いたく無いんですけど。修正ファイル公開も13日に延びてますし。つまり連休中はプレー不可。売るなよ。そんなモン。マジで。

#そんな私は LOVES 買ってきました < オチ

 

2003/10/10

 えーと、Windows の Autorun を OFF にする方法を公開したら「CD コピー防止技術を破った」ことになるんですか? もぉ...はぁ(参考リンク)。

 最近コピーワンス関係の愚痴が多いのは、単に興味がそっちに行っているからです。

 で、デジタル放送への移行で色々記事漁って感じたことなんですが、放送に関る事業者は旧態依然としたリアルタイム視聴の感覚から脱却できていないのではないか、と言うことです。残念ながら、これだけビデオが普及した現在、放送コンテンツは取敢えず撮っとく、気になったら後で観る、的な、蓄積型の視聴スタイルが既に定着していると私は判断しています。そして撮る=保存って考え方も。それに制限を課すことによってテレビ離れが加速ししやしないかとの危惧を禁じ得ません。

 あー、忘れていました。と言いますか、どこ、と書く気にすらならないのですけど
--------
本日発売のよりしろにおきまして、一部旧シナリオデーターが混入し、正常にゲームが進行しないことが確認されております。再度、検証後10月12日17時に修正ファイルをアップ致しますので、お買いあげ頂きましたユーザー様におかれましては、今しばらく対応お待ち頂きますようお願い申し上げます。重ね重ねお詫び申し上げます。
--------
 とゆーことで、やらねばならないこときちんとやって、その上でプロテクトかけましょうや。マジで。コレには他にもポカがあって、メーカ希望価格が \8.5k から \8.8k へ変更(発売日二週間前に)されているのですが、製品パッケージが \8.5k 表記のままとのこと。もう、失笑すら出ません。後1枚 \700 CD-R とかさぁ。

 

2003/10/9

 ダウンロード販売サイト DLsite.com にて、ダインロード時にキーを OS に固定する形のプロテクションが一部コンテンツに導入されています。OS 再インストールでキーが失われ再購入せねばならないなど、少々問題も抱えているのですが、ところで DLsite.com では10月末にサイトリニューアルを予定しており、それに伴い写真集の取扱いを終了するそうです。そして一部の写真集には前述のプロテクションが施されています。購入したユーザはどうなるんでしょう? と言うことで問合わせた方から報告を頂きました。結果、DLsite.com が全サービスを停止しない限り個別対応で再ダウンロード等の対応は行なうとのことでした。それはそれで誠意を感じますが、いわゆるアクティベーション方式の恐さも感じます。自分が購入したコンテンツの生殺与奪を、自分が持っていないんですから。

 話はガラッと変わって。

 2011 年でのアナログ放送停波は、やはり難しいのでしょうねぇ...(参考リンク

 

2003/10/8

 認識が甘いかな、と(参考リンク)。一般に思うコピーワンスは「1世代の録画 OK」ですが、どうやらメーカ側では「CPRM 未対応なら録画不可」と解釈されている雰囲気が強いです。記事中に書かれているコピーワンスのアナログ経由でのビデオキャプチャですが、何時までキャプチャカードでそのまま録画できるのか未知数と言わざるを得ません。実際、今ですら NEC の SmartVision HG 系のカードではコピーワンスを録画することができませんしね。ちなみに、私が所有しているキャプチャカードでアナログ入力のコピーワンスを録画できないのは SmartVision だけです。

 BMG が合衆国でテスト採用しているコピーコントロール技術の回避策について(参考リンク)。えー、つまり Autorun を切っていれば CD-Extra と同等と言うことですね? ディスク挿入時に「SHIFT キーを押す」ことだけがエラく強調されていますが、そもそも Autorun は設定で切れますが...まぁ、この程度の制限なら反発すら起きないでしょうねぇ...私もこれをプロテクトとは認識できません(笑)。

 

2003/10/7

 製造不良で通常より早く劣化してしまう DVD-Video の交換報道(参考リンク)。さて、デジタルコンテンツもコピーしなければいずれは劣化、もしくは喪失してしまう例になる訳ですが、そこで気になるのはコピーワンスコンテンツ。幾度か書いていますがコピーワンスは CPRM メディアにしか移動ができません。そして一度 CPRM メディアに固定されたコピーワンスコンテンツはアナログ経由でも取出すことができなくなります。さーて、どうする PSX(笑)...と書いた後で CPRM 未対応が判明(参考リンク)。ダメやん。

 

2003/10/6

 Pioneer が DVD-R の二層化技術を発表(参考リンク)したのに続き DVD+R でも二層化の発表(参考リンク)。規格策定団体のフットワークの軽さから、商品化されるとしたら +R の方が速いのかな、と思いますが...競争って偉大(?)ですねぇ...

 ついでに、DVD- 系メディアに対する無駄知識二つ。

・フォーラムの互換性テストに合格しないと DVD ロゴが使用できない。
 DVD-ROM 用のメディアプロテクトがなかなか登場しない理由はこの辺にあるのかなと。

・CSS のライセンスは無料。
 発行されるキーの厳密な管理は求められますが、ライセンス料自体は発生しません。

 

2003/10/5

 Made in korea。



 Ys6(Falcom)の CD-ROM 版です(ノンプロテクト、要ゲームディスクです)。今年くらいから製造原価が廉いとのことで韓国プレスのタイトルがいくつか観られますが、本作もそうでした。私が購入したものでは初めてです。は良いのですが、一部で「浪速浪曲プロテクト」と呼ばれるプレス不良等、品質に一抹の不安も囁かれています。実際、Ys6 の CD-ROM 版でも「インストールできない」「一部ファイルが読めない」等の報告が聞かれます(私のは問題ありませんでした)。コスト削減も構わないのですが、かと言って品質まで落としては話になりません。そーゆー部分にも充分に気を使って欲しいですね。

 韓国と言えば、Alpha-ROM を採用したタイトルのプレス先が全て韓国だと思われている方は居ます? 実際には国内でのプレスが圧倒的に多いです(一番多いのはP社だと思います)。あらぬ嫌疑をかけぬよう注意しましょう(笑)。

 

2003/10/4

 DVD-Video の売上が相変わらず好調のようです(参考リンク)。ユーザの使える資金はむしろ減っている訳ですから、まー、売上が落ち込んでいる業界は客の資金がどんなふうに流れているのか自覚しましょう。

 

2003/10/3

 掲示板で misumi さんが電通のアンケート結果を掲載した中日新聞の記事を紹介(参考リンク)してくれていますが、同じ結果を ZAKZAK も掲載しました(参考リンク)。AV Watch のように、知っている人間が観るサイトでの結果とはやはりかけ離れていますね。一般での認知度がこの程度では、ある意味不便になる面があることは殆ど知られていないんでしょうねぇ...

 そして ZDNN で東芝 RD シリーズ開発者へインタビューしています(参考リンク)。ただ、結局コンテンツがコピーワンス化されるとこのテのレコーダはその利点を随分と喪失してしまうんですけどね。ちなみに、スカパーの無印の方に関しては出資会社でもある SONY がスカパー完全対応を唄ってコクーンをリリースしていますから、少なくともコクーンが存在する限りコピーワンスが導入されることは無いと思っています。コクーンはコピーワンスを録画できない(つまりスカパー2には使えない)とのことですので。

 

2003/10/2

 昨日の愚痴に対し、東芝 RD シリーズを所有している方から情報を頂き、録画したコピーワンスコンテンツを RD からアナログ出力するとマクロビジョン信号が付加されるとのことです...ダメやん。一応 CPRM 対応 DVD-RAM メディアに対し、不要部分を削除しての「移動」はサポートされているとのことですが、DVD-RAM の時点で...(^^;)

 そして AV Watch のアンケート「でじたる羅針盤」4回めの結果公開(参考リンク)。

 

2003/10/1

 SME がレーベルゲートディスクをアップデート(参考リンク)。てっきりそろそろ諦め時期だろうと思ってましたのに(笑)。

 BS デジタル放送へのコピーワンス導入が正式発表(参考リンク)。私は HD 品質を保ったままのデジタルコピーを1世代に制限することには譲歩できます。ただ、アナログ経由のコピーや SD 品質へのダウンコンバートを伴うコピーまで禁止することには取敢えず怒っておきます。そして、残念ながらそうなります。

 コピーワンスコンテンツで実際にどんな弊害が生じるのか、殆ど啓蒙されていないのも大変不満です。例えば、DVD レコーダでは CPRM 対応メディアへ VR 形式でしか記録できません。そして仮に CPRM 対応 DVD-RW メディアへ VR 記録した場合、それを再生できる単体 DVD-Video プレーヤは今年の夏頃までに発売された機種には殆ど在りません。CM カットして保存することもできません。それではどーしようも無いから、と別の機器へアナログ経由でダビングしようとしても、VHS 等のアナログデッキ以外にはそれも制限されます。普及もしていない時期から不利な情報は出したく無いのかもしれませんが、余りにも知られていません。メーカのサポートすら状況は似たよーなものです。

 ...ここのスペースじゃまとまりそうもありません(^^;)。いずれ独立ページでじっくりと。

 

2003/9 までの愚痴

2003/4 までの愚痴 

2002/12 までの愚痴

2002/8 までの愚痴

2002/5 までの愚痴

2002/2 までの愚痴

2001/12 までの愚痴 

2001/10 までの愚痴

 

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ