前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・愚痴(適当に更新・かなり本音スレスレです、多分に気分を害する恐れがあります・各記事へは URL に #yyyymmdd 付加で直接行けます)

 

2003/5/5

 そろそろ今のデザインにも飽きてきましたし、コンテンツ内の文章も古くなって来たんですが、リニューアルする時間があれば SafeDisc2.9 の検証結果とかまとめたいですしね。尚、私のポリシーには「覆水盆に帰らず」ってのもありますので、一度公開したコンテンツや愚痴を含む文章を完全に引っ込めることはまずありません。

 

2003/5/4

 ウチのサイトはコピーコントロール円盤系の話題も扱ってはいますが、私自身が基本エロ畑の人間なのでそれ系のサイトからトップへのリンクは張り辛いだろうなぁ、と思ったりしている訳で、まぁ自覚はありますので一定の距離を置いていたりもしているんですけどね(何しろ私のハンドルが某作品にクレジットされているのも紛れもない事実ではありますし)。

 で、昨日指摘を受けたんですが...だから日記じゃないんですよコレ(笑)。ほぼ日刊を維持しているのはあくまでも日記と称しているのに日刊では無いコンテンツへのイヤがらせですので。

 

2003/5/3

 DVD+RW ドライブを所有していますが、今まで殆ど使ったことがありませんでした。が、溜め込んだ録画データがシャレにならないくらいディスクスペースを圧迫し出したので +RW メディアへの待避を始めてみました。なる程、使ってみると結構有用ですね。PC9801 使ってた頃は少なめの HDD 容量に MO を組合せて運用しており、リムーバブルメディアの有用性は理解していましたが、ここ最近の HDD の低価格化はリムーバブルメディア買うくらいなら HDD 増設した方が的な考えに傾いていました。ただ、HDD もゲーム用パソコンでは既に6基内蔵しており、これ以上は外付けせねば対応できず、まぁ止むに止まれぬ +RW の利用だったんですけどね、利用頻度の低いデータの待避には、感覚的には使えるなぁ、と再認識した次第です。メディア単価考えると HDD 増やしたいなぁ、ってのは変わっていないんですけどね(笑)。

 今晩は戻らない可能性大で、更新用のタイマー設定するもの面倒臭かったのでちょっと早めに今日の愚痴まで。

 

2003/5/2

 プロバイダ側のメールフィルタ設定で「未承諾広告※」をブロックしているのですが、すり抜けてくるメールが有るのは何故だろう? との疑問が尽きません。

 何気に avex さんの株価が \1k 切ってますね...

 

2003/5/1

 掲示板で少し話題なってますが、法律の文言は難しいですね。その解釈巡って学問が成立するくらいなんですから...それって本末転倒では? とも思いますが。

 私は誤爆する(=不具合を内包している)ことを知りながら、それを改善することなく採用し続けるメーカの(何かが欠落した)倫理観を好まないのですよ。コピー問題は、きちんと買っている人間には関係の無い問題ですから。無関係の人間を巻込むことを厭わないと言うのであれば、それは究極的にはテロルと同じ考え方です。

 

2003/4/30

 ...メーカに罪はありませんが、発泡酒増税には暫く抵抗します。

 携帯電話の回収率が下がっているって話(参考リンク)。同じ人間が使用する携帯同士で、購入したコンテンツの移動すら儘ならない現状では、そりゃ捨てられない人も増えるでしょう。これも過剰な著作権保護の弊害...うーん、チト強引過ぎますか(笑)。

 

2003/4/29

 えーと、ココ最近の私は DTV 板以外の 2ch には書込んでいませんが、ネギ板で名指しされていましたのでココで。

 誤爆が無く利便性の落ちない方法なら反対する理由はありません。

 そうなっていないから文句垂れている訳ですが、そう言ったことに私が我慢しなければならない理由もまたありません。そう言うことです。

 そんな訳で?デモンベイン(Nitro+)入手しました。拙宅の誤爆検証機はかなりプレーンな環境ですが、この環境での誤爆状況は今までの SafeDisc2.x と(現在のところ)余り変化ありません。 CDRW-S4432(MELCO)と SCSI 変換した HP-9100+(HP)にて起動不能です。HP-9100+ の挙動が少し異なりますが、その辺はおいおいまとめてアップします。

 

2003/4/28

 デモンベインの誤爆サポートに文言が追加されていたのですが(参考リンク)、簡単に書くと仮想系ツールを全部削除して下さい、ってことです。ハッキリ書きますが、今回の SafeDisc2.9 で今までの SafeDisc に無い規模の誤爆を引き起こした原因は、恐らくはこれらのツール(或いはドライブ)を SafeDisc 側が「勝手に観に行って勝手に自爆している」だけです。その責任をツール側に押し付けるのはお門違いも甚だしいと指摘します。DVD-ROM の空き容量のオマケに CloneCD イメージが付いて来て DAEMONTools にマウントして下さいってサービスをしているメーカさんも在るんですよねー(笑)。

 

2003/4/27

 私自身が検証した訳ではありませんが、現状 SafeDisc2.9 について割と確実めな情報を少し。

 2.8 までの SafeDisc はデータレベルで CD-R にコピーし難い手段を試みてきましたが、2.9 ではそれの強化と共にコピー能力の高いドライブのリストを用意し、そのリストと以前から行なっていた仮想系デバイスのオプション監視を強化したものとの組合せパターンで正否判定を行なっているようです。その結果ですが、仮想系デバイスの特定オプションが ON の状態でリストに適合するドライブに「正規ディスク」を挿入した場合、非常に高い確率で誤爆が発生しているものと思われます。実際 デモンベイン(Nitro+)での誤爆報告ドライブは非常に多岐にわたっており、それは 2.8 までの比ではありません。また、同一ドライブでも仮想系デバイスの有無に関係なく正常動作したり誤爆したりと報告が錯綜しており、ドライブだけでは判断できない状況になっています。

 ただ、2.9 が監視を強化した仮想系デバイスの一つである Alcohol120パーセント(国内販売はインターソフト)は既に対応版が公開されているとのことで、リスト方式がイタチごっこへと陥る様を既に...

 さて、結局のところ SafeDisc2.9 は代表的な仮想系デバイスでは動作してしまうとのことで、単に誤爆率が大きく上昇しただけと言う、正規ユーザにだけリスクが高まったよーな、そんな印象を受けているのですが(パーフェクトクローンの作成は難しいようですけど動いてしまえば、ねぇ)...拙宅環境での誤爆検証は、SafeDisc2.9 のタイトルが入手でき次第行ないます。

 

2003/4/26

 私の給料日は来週なのですよー。よって資金不足で祭に参加できません。月曜は仕事ですし休みの火曜は予定が入っています。うーあー。

 取敢えず、残ってることを祈っておきます。

 

2003/4/25

 今日の昼に自宅一帯に停電があり、サーバが復帰後の再起動に失敗してました。PM7:30 頃に復旧させましたが、その間アクセスを試みた方にはご迷惑をかけました。

 プロバイダ責任法に基づき発信者の個人情報開示を求めた地裁での裁判で、原告側の敗訴(参考リンク)。この事例では掲示板の管理者が情報開示の対象になり、単なる接続業者であるプロバイダまでは責任が及ばないとの判断だと思われます。プロバイダ責任法とプライバシ保護の両面から考えると、折衷案かな、と私の感想。妥当だと思う半面、掲示板設置者に更なる過大な責任が課せられるよう議論も今後起こり得るのかな? との懸念も。

 

2003/4/24

 昨日、ソフ倫とイー・コンテンツ・サプライ協同組合から各々オンラインでの年齢認証システムが発表されています(参考リンクその1その2)。同日の発表なのは、対抗意識バリバリですか? ソフ倫の方は以前にプレスリリースがあったときより具体的な数字が出ていますが...いや、意義は判るのですが、どーもね、海外アダルト系サイトで見掛ける AdultCheck を連想して良いイメージがあ(略/笑)。

 気を付けなければならないのは、今日の時点で個人情報保護法案の政府案が無修正で通過しそうな感じで、つまり、年齢認証の名目で収集したデータを他の用途に無断で転用できないと言うことです。この辺、勘違いが起きないようにユーザ側も注意が必要でしょう。

 Macrovision と Microsoft が音楽ディスクで提携だそうです(参考リンク)。記事中、「家庭のCDプレーヤやステレオで再生できるRed Book(正規の音楽CD規格)準拠の“ファースト・セッション”ファイル」とあるのですが...Macrovision の CDS 自身が Red Book に準拠していないってツッコミは無しですか?

 

2003/4/23

 欧州版に加え、合衆国版も赤く無いらしいです(参考リンク)。

 こんな楽しいげなページがあるのなら、Microsoft ももっと広く周知させて頂きたいですね(参考リンク)。Opera6.x でアクセスすると微妙にレイアウト崩れますけど。トラブル、メンテナンス情報のページ。

 

2003/4/22

 Microsoft がドライバ診断ツールを提供するってコラムを ZDNN が紹介しているんですが(参考リンク)、そのことよりも「Mac OS Xの前のMacでもWindowsよりクラッシュは少なかった」って部分に、漢字トーク7くらいまで Macintosh(2ci とか SE30 とか)を仕事で使ってた私からは激しく突っ込みたい衝動が(笑)。

 特許の報奨金が廉いって最高裁判決(参考リンク)。これは判例になりますから、その他の係争へ大きく影響するでしょう。ちなみに、一般に「判例」と呼ぶのは最高裁判決だけですので注意が必要です。

 

2003/4/21

 Office2000 をアップデートしたら、なにやら楽しげ(?)な現象が発生するようです(参考リンク)。リンク先の短信では具体的にどんな現象が発生するのかも判らないんですが、最初に読んだときはアクティベーション絡みの問題か? と思ってネタになると期待したのですが、どーやらそうではない様子です(笑)。

 

2003/4/20

 その昔、あゆみちゃん物語のシナリオのお手伝いをしているとき、エロシーンについてはゲーム的なウソを織り交ぜて〜的な方向で進める旨、当時まだ社員ではなかったイマーム氏より指示を受けていました。とまぁそんな訳で事情は判るのですが、それにしてもことごとくウソしかないって状況は如何なものかと、そんな思いもチラホラ。

 私の本業に関ることで言えば、例えば電柱の上の変圧器。円筒形の、鉄バケツのような形状をしておりマンガやアニメ、ゲーム等にも比較的頻繁に登場します。大きさの件は以前触れたことがありますが、重さもそうです。アレは外側が文字通り鉄のバケツ、中身には鉄と銅の塊と絶縁油が詰まっています。一番軽い 5kVA 品で約 75kg 小型の 20kVA 品で 190k 弱程度の重さです。一般的には 50kVA 品までがよく使われており、このクラスだと 300kg 程度でしょうか。もし直撃を食らったら確実に死ねます(笑)。

 ゲーム的なウソもある程度は必要でしょうけど、それもリアリティの上に成り立つことでもあり、疎かにして欲しくは無いと思います。

 

2003/4/19

 ZDNN が SONY、NEC、富士通からリリースされている「ホームサーバ」と呼ばれる製品について、簡単に仕様を比較しています(参考リンク)。ホームサーバにどの程度の需要があるのかは判りませんが、クライアントをパソコンに限定するなら、著作権保護をせねばならず、結果として少なからぬ使い勝手に制限を受けるこうしたホームサーバと呼ばれる製品を使用するより、一般のファイルサーバを立てた方が余程便利で潰しが効くと思われるんですよね。無論そう言った用途に使用できるサーバを構築できるスキルは必要ですし、逆にそんなに苦労をしたく無い方にはホームサーバも選択肢になるのかもしれませんが、使い勝手が伴わなければ結局不便なままであり...

 

2003/4/18

 パソコンで音楽を聴くと言うことについて。

 私はオーディオ機器にもそれなりの資金を投入して来ましたが、それでも MP3 ファイルをパソコンで聴くことは多いです(その為に静音化へのコダワリがあります)。そのスタイルは、手持ちの CD(150 枚くらいかしらん?)等から適当にリッピングしたファイル 2GB 程度をランダム演奏指定した WinAMP に放り込んで鳴らしっぱなしにするってパターンです。やったことはありませんが、現状で二日以上は延々演奏できる計算です(全部放り込めば一週間くらい?/笑)。基本的にパソコンの電源は常時入れていますので、こーゆー聴き方の方が圧倒的に気楽なんですね。ただ、やはりどーしても音質的にガマンならなくなるときもありますから、そーゆーときはメインシステムに火を入れます。居住まいを正して音楽を聴くばかりが音楽の楽しみ方ではありません。

 コピーコントロール等を導入している音源では、パソコンでのそう言ったラフな聴き方を否定しながらそれに代わる提案をしていません。旧態依然に CD は CD プレーヤで、持ち運びはアナログダビングした、或いは MagicGate 通した MD で、と言っている訳です。そんな不便な世界に今更戻れる訳無いじゃないですか。音楽に限らず、パッケージの需要が無くなることは無いと思っていますが、デジタル化できるデータの場合、パッケージメディアは何れ高品質の付加価値を持ったままニッチに追いやられて行くのでは無いかと考えています。その付加価値さえ捨ててしまったらパッケージメディアに何の魅力がありましょうか。

 

2003/4/17

 カシオさんが自ら保有しているマルチウィンドウ特許を楯に、Microsoft Windows の特許違反を問うて(何故か?)ソーテックさんを訴えた裁判で、マルチウィンドウ特許無効の判決が下されました(参考リンク)。考えてみれば大変強力な特許になるので、この係争でカシオさん側が勝訴していたら一体どーなっていたんでしょうね? それにしても、何故にソーテックさんだったのかは、訴えた当時の記憶が無いので今は判りませんが、追っかけると面白そう(?)です。

 

2003/4/16

 おや? CDS200 の施されたディスクを Windows マシンに挿入すると勝手にファイルをインストールされる問題がいつの間にか Yahoo! のニュースに取り上げられています(参考リンク)。CDS200 に限らず、例えば SafeDisc2.8 も確認無しにファイルを上書き、作成をしています。あー、今はどっちもマクロビジョンですね(笑)。

 話は全然変わりますが、そー言えば何気に衆院補選に立候補して参院議員を失職した民主党の小宮山氏は、児ポ法に賛成してる人ですね。

 

2003/4/15

 ZDNN で大画面 LCD のコラム(参考リンク)。私も21インチ CRT を使用していますが、ゲームにも使用することを考えると主に画面解像度の問題でなかなか LCD には移行できないんですよね。

 後楽園ゆうえんちが入場料を無料化して集客力の向上を図るようです(参考リンク)。代わりに各施設の利用料金を値上げするとのことですが、逆やん? と思ったりもします。コンテンツの利用料金は定額制へと向かうのが、今後の流れだと思うのですけど。

 

2003/4/14

 今日は「オレンジデー」なのだそうです。2/14、3/14 で培った愛を確かめあう日...柳の下のドジョウは、そんなに豊富なんですか?

 埼玉県朝霞市でセクハラ発言防止の要綱が発表されているんですが(参考リンク)、「男のくせに〜」のクダリで速攻「のびたのくせに〜」ってセリフが脳内に駆け巡った昼下がり。

 日本工業大学の図書館にコミック単行本を置いたら利用者が2割増えたって話題が紹介されています(参考リンク)。また新たな図書館問題の火種が(考え過ぎです)。

 合衆国で児童をポルノから守る法案が可決したそうですが(参考リンク)、この中で "本物の子供と「見分けがつかない」CGのポルノ画像を禁じる" って部分が気になりますね。これが「実在する子供」と関連性があるってことだったら理解できますが、全くの架空の存在でモデルも確認できないことも含むのであったなら憂慮すべきことです。法案の原文には今の時間何故かアクセスできませんし、それ以前に残念ながら私の英語力で読解するのは難しいと...

 十代の少女による中絶が急増していることを憂慮する記事があります(参考リンク)。情報に対していたずらに蓋をするより、正しい知識を積極的に教えるべきだとの主旨には同意します。

 と、今日はニュースサイトテイストで。

 

2003/4/13

 神奈川県川崎市では知事選、県議選、市議選の投票日でした...まとめ過ぎです。立候補者を覚え切れません。まー、知事選に関してはこの人だけは当選して欲しく無い人が立候補していたので楽(?)でしたが。ちなみに私は政治や行政に気がね無く文句垂れるために選挙権を行使していますので。白紙委任したら後でどんな頭悪いことされても文句言えないじゃないですか。

 

2003/4/12

 ALICE-SOFT さんから配布フリー宣言(参考リンク)。過去に制作された一部タイトルを、条件を満たせばオンライン、オフラインでの無償配布を許可するってことです。

 すいません、話だけは以前から聞いていましたが、まさか本当にやるとは思っていませんでした > 部長(笑)

 配布が許可された PC-9801 用タイトルはほぼ所有していますが、フロッピーディスクのフォーマットが N88BASIC なんですよね。AT 互換機しか持っていない方には何気に実行難易度が高いのでは...と余計な心配も。エミュレータが使えてる方には問題ないのかもしれませんが。それにしても、当時のタイトルにプロテクションを施していなかったからこそできることでもあり、HDD 専用化へ業界が移行する前のプレイメディアであった FD にプロテクションを施していたメーカには真似できないでしょう。もっとも、そんな要因が無くても中々できないことですけどね。タイミング的には MSX エミュレータとか、悪く無い時期です。

 

2003/4/11

 取敢えず、更新日には西暦、或いは年号を付加しましょう。

 

2003/4/10

 日本では CD-R 等による不正コピーで音楽ディスクの販売数が9パーセント減少したそうです(参考リンク)。色々数字をひねくり回すと楽しそうですが、仕事でもない数字遊びは私自身が面白くないので、取敢えず紹介だけ。そうそう、CDS200 形式のコピーコントロール円盤は世界で1億枚に採用されたって記事もありましたっけ(参考リンク)。

 

2003/4/9

 誤解してる方も居られるかもしれませんが、このコンテンツはあくまでも「愚痴」であって決して「日記」ではありません。では何故日記でもないのにほぼ日刊を維持しているのかと言えば、巷に溢れている日記や Diary と称していながら日刊では無いコンテンツへの嫌がらせ以上の意味は無いです(おい)。

 

2003/4/8

 昨日書いた個人情報保護法案の基本原則ですが、あれは政府案です。3日付で野党案も提出されており、基本原則の文言は随分違っているようなので比較として引用しようかと思ったのですが、残念ながら Web 上で野党案の全文を見付けることはできませんでした。そーゆー部分からコツコツと積み上げていかないと野党が支持を得ることは難しいよなー、と思った春の嵐の昼下がり。

 

2003/4/7

 現在国会に提出されている個人情報保護法案の基本原則を引用してみます。

--------
第二章 基本原則
第三条 個人情報が個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであることにかんがみ、個人情報を取り扱う者は、次条から第八条までに規定する基本原則にのっとり、個人情報の適正な取扱いに努めなければならない。
(利用目的による制限)
第四条 個人情報は、その利用の目的が明確にされるとともに、当該目的の達成に必要な範囲内で取り扱われなければならない。
(適正な取得)
第五条 個人情報は、適法かつ適正な方法で取得されなければならない。
(正確性の確保)
第六条 個人情報は、その利用の目的の達成に必要な範囲内で正確かつ最新の内容に保たれなければならない。
(安全性の確保)
第七条 個人情報の取扱いに当たっては、漏えい、滅失又はき損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置が講じられるよう配慮されなければならない。
(透明性の確保)
第八条 個人情報の取扱いに当たっては、本人が適切に関与し得るよう配慮されなければならない。
--------

 そんな訳で、気を付けて下さいね > メーカ各位

 

2003/4/6

 えー、私プロレスとか格闘技とか割と好んで観る人ですが、今 K-1 観ながらコレ書いてます。ただ、K-1 は、実は「クリンチがある」の一点で優先度は低かったりします(笑)。組み合ってからの攻防が観れないのが残念なのですよ。

 
ちなみに、元プロレスラー高千穂明久は父親の従兄弟だったりします。

 

2003/4/5

 パソ話。

 私自身は HDD への移行や CD-ROM ドライブの導入は比較的早かった方なんですけどね。PC-9801UV21 に緑電子の 40GB やアイワの2倍速 CD-ROM ドライブを接続していたと言えば、当時を知る方にはお判りでしょう。ついでに MO も 128MB から使っています(HDD の補完として)。導入することでそれ迄以上のメリットを得られるなら積極的に導入、移行する人ですが、逆に言えば現状以上の利点が見出せなければなかなか移行しない人でもあります。

 私のプライオリティは、パソコンにおいては静音性がトップで、以下コスト、利便性、性能、となります。例えばコストや利便性より静音性が優先するので HDD は全て SmartDrive に収まり5インチベイが全て HDD で埋まってしまう事態になります。静音性を確保した上で極力性能を上げるのが私のパソコンポリシーですので、その意味で譲れない線ってのはあるんですよね。性能を上げたいのは山々ですが、「電源入れっぱなしでも寝れる」をクリアできなければ断念しています。

 話は変わって。

 「ぶっかけ」にこだわったレビューサイト(?)「エロゲカウントダウン」さんが鳥さんから追出されたそうで急遽移転されています。新しい URL は http://www.ne.jp/asahi/pero/ecd/top.htm とのことですので、お探しの方は。

 

2003/4/4

 昨日の補足。

 コピーコントロールに消極的賛成を含めると60パーセントが支持、とレコ協がアンケート結果を発表している件なんですが、このアンケート結果だけ質問内容と回答方法が示されていないんですよ。更にコピーコントロール円盤を知っていると回答した方への限定設問なのか全体回答なのかも公開資料からは判りません。アンケートの信憑性にかかる部分ですから、分母が示されない公表のされ方に疑問を感じてしまいます。

 

2003/4/3

 えーと、海賊版を取り締まると雇用が増えるんだそうです(参考リンク)。私としては後付け過ぎと思わなくもありませんが、まぁ、頑張って下さい。

 コピーコントロールに消極的賛成を含めると60パーセントが支持なんだそうです(参考リンク)。リンク先 pdf 10ページ目の設問の仕方が不明瞭な部分の回答ですが。まぁ、頑張って下さい。

 Yahoo! と JASRAC が音楽配信で基本契約とのことです(参考リンク)。非合法交換を駆逐できるほどに使い易いシステムが構築できるかお手並み拝見でしょうか。まぁ、頑張って下さい。

 すいません、むっちゃ懐かしいんですけど(参考リンク)。凧的には「今夜も朝までぱわふるまぁじゃん」辺りを...ムリですか? まぁ、頑張って下さい。

 

2003/4/2

 CDS200 でコピーコントロールされたディスクをパソコンで再生すると、一部環境ではドライバとレジストリの改変が行なわれます。当初そー言った挙動を否定していた avex さんからそれらのドライバやレジストリ情報を削除するツールが公開されました(参考リンク)。うっかりインストールされてしまった方で気に入らない方は使用してみるのも良いでしょう。一応はオフィシャルツールですし。無保証ですが。

 

2003/4/1

 私の更新タイミングだと 4.1 ネタやるのはムリです(笑)。

 そもそも今日迂闊にリンク貼ったりするとネタだった的な可能性が捨て切れません。それでも気になったのは、アーク情報システムさんがリリースする「CD革命/Virtual Ver.7」の紹介ページで SafeDisc2.8 の考察を行っているのを発見したこと(参考リンク)。さて、コメントが思い浮かびません(笑)。もうじき市場に投入されるであろう 2.9 でも是非(おい)。

 

2003/3/31

 28日の愚痴で書いた OutlookExpress 云々ですが、正解はコレ(注:18禁ソフト紹介ページ)です。「ハード環境を確認する為になるべく不変である環境データを取得してファイルを生成します」とありますが、拙宅のゲーム専用マシンで確認した範囲では少なくとも OutlookExpress に設定された自分のメールアドレスと、Windows に設定してあるユーザ名を記録します。この内、メールアドレスの方を変更すると次回起動時にディスク認証とファイルの作成し直しを行います。この、メールアドレスその他のユーザ情報を、ユーザに無断で「抜いている」行為を不快と感じる方は意外と多いのかもしれません。

 ちなみに、私は以前書いた通り OutlookExpress にはメールアドレスを設定していませんので、生成されるファイルの当該部分は 00H です。意外に思われるかもしれませんが、私の使用するパソコンは何れもプレーンに近いのですよ(笑)。常駐物も殆ど入れていませんし。

 

2003/3/30

 努力を評価されるのはアマチュアまでです。どれ程努力をしても結果を出さねばプロであれば評価されることはありません。プロの努力は結果を出すために行なわれることですから。「スタッフも頑張っているんですから」的な論理でプロ集団を甘やかしてはいけませんし、メーカもそれに甘えてはならないのですよ。逆に言えば、結果に反映されない努力はプロにとって無駄なのです。そーゆー部分を肝に命じて頂きたいですね。

 

2003/3/29

 今日の必ずトクする一言 さんが今日で休止されます。例の東芝問題からでしょうか、広く知れ渡ったのは。残念ではありますが、サイトの維持にどれほどの時間的経済的労力が必要かは持っている方ならお判りになるでしょうし、ましてやネタの濃さがハンパではありませんでしたからね。取り敢えずはお疲れ様を言わせて頂きます。

 ちなみに、このサイトの維持費は諸々ドンブリで \150k/年 くらいでしょうかね? 私の拘束時間等も考えると、割りに合わないことやってるなぁ、とはつくづく思います。まぁ好き(と言うか意地?)でやってますんで、だから如何したってことは何も無いのですが。

 

2003/3/28

 私、OutlookExpress にはメールアドレスを設定していないんですよ...書いといてナンですが、コレだけで何のことか判ったら私ゃ神認定しますが(関係者除く/笑)

 

2003/3/27

 ...必須ベントでゲームが停止する不具合が発生するのでスキップして下さい(参考リンク)...パッチでの修正ができないコンシューマソフトとは言え、こんな対応を許してしまう客も悪いんでしょうかねぇ...

 

2003/3/26

 昨日書いた側から、猥褻画像をメールで送る行為も犯罪(参考リンク)等と言っている時点で明るく無いことを露呈してしまっている訳で。

 「情報通信政策セッション」報告書(参考リンク)。このページで公開されている pdf ファイルに目を通すと色々楽しめ(?)ます。以下は読んで思ったことをツラツラと。

 著作権等の権利関係をガチガチに固めてしまうと、アマチュアが育ちません。スポーツの例を上げるまでも無く、優秀な人材を輩出するには広い底辺が必要なのです。底辺が狭いと山は高くなりません。著作権を保護すると言いながら、その実は複製権を保護したいだけとか、そんな情けない実体に帰結するならコンテンツを育てるなんて夢物語もいいところです。

 どの記事にリンクするか少し悩みましたが、ZDNN のが最も危ないっぽく書いているので(参考リンク)。Windows2000 ユーザの方は速やかにパッチを充てましょう...

 敢えてリンクはしませんが、Alpha-ROM 採用するメーカ(勇者?)がもう一社。そんなに SafeDisc 使いたく無いのでしょうか。
いや、私もマクロビジョンの誤爆対応は大っキライですけど。

 

2003/3/25

 コンピュータウィルスの作成そのものを規制する法案が現実味を帯びてきました(参考リンク)。ただ、現実的にウィルス作者の追跡が殆ど不可能な中で作成自体が規制されてしまうと、研究行為も萎縮してしまわないか危惧されます。願わくば、こう言った法案を立案する方は仮想世界へ明るい方にお願いしたいと切に。

 WinDVD(インタービデオ)が DivX の再生に対応したことを毎日新聞が紹介しているのですが(参考リンク)、また随分ブラックな紹介の仕方で、思わず苦笑いが。

 

2003/3/24

 私は微妙に古い各ブラウザを使っているのですが(笑)、その中でも比較的新しい Opera について。現在は最新の 7.03 ではなく、6.x 系でセキュリティホールを塞いだ 6.06(英語版)を使用しています。7.x 系は 7.03 でも未だ 6.x 系の機能を全て網羅し切れていませんし、全角スペースを無視する、ブックマークのソートが働かない等の、私が使う上での難点が解消されていません。そんな中、Opera7 のパッケージ版がソフマップ等で発売された(参考リンク)訳ですが、収録されているバージョンは 7.02 とのことです(参考リンク)。かなり不安な穴の残るバージョンですので、謎の Web ページを頻繁に巡回する購入された方は速やかにアップデートした方が良いでしょう。Opera 自身は大変意欲的なブラウザだと思いますので、詰まんないことで躓いて欲しくは無いですね。

 

2003/3/23

 合衆国のイラク攻撃で、各新聞社は 読売、産経 が合衆国を支持し、朝日、毎日 は不支持としています。その観点を踏まえて各社の報道を読み比べてみると、マスコミの本質が垣間見えて興味深いです。それにしても、合衆国支持を打ち出しているニ社が揃ってテレビでの効果的な報道番組を持っていないことが響いてか、やたら反戦運動の映像ばかり観ることに...

 

2003/3/22

 SONICblueblue 社がチャプター11 を申請(参考リンク)ですか...元は S3 社が DiamondMM 社を合併して今に至るのですが、途中 S3 の資産と VIA 社とでコラボレート会社を興したり、ブランド名と製品や資産の継承は複雑なことになっています。それでも DiamondMM 社の系譜は SONICblueblue 社に続いていた訳で、同社製品を Monster3D や Stealth、MonsterSound 等愛用していた身には寂しいと感じますね...

 

2003/3/21

 Windows2000 Server で発生する IIS5.0 の穴にパッチを充てたら別のパッチを適用しているシステムでフリーズ...(参考リンク

 迂闊にパッチも充てられませんか...

 

2003/3/20

 Windows2000 Server で発生する IIS5.0 の穴では実際に被害が出て発覚したとアナウンスされていましたが、それは合衆国の国防総省だったんですね(参考リンク)。ある意味タイムリー?

 そして Windows 全バージョンに波及する新たな穴が発覚(参考リンク)。取敢えず WindowsUpdate はこまめに。

 もっとも、穴は Windows だけの問題では勿論無く(参考リンク)、やはり自衛も必要だとは思います。

 

2003/3/19

 さて、もし私が某半島の北側方面を掌握する支配者だったとしたら、今回の中東方面でのゴタゴタを観たら直ちに大陸間弾道弾への核配備を命じますが。それ以外に、殺ルと決めた合衆国を止められる術は無いでしょうから。無論使ったら終わりですが、使わせる程に追詰めることもできないでしょう。まぁ、核抑止力を効果的に行使するためには複数の原潜等を保有し撃つ間も無く本土が落ちても反撃できるだけの体勢を整える必要がありますし、それだけ(維持することも含めて)技術的経済的ハードルも高くなりますけどね。

 

2003/3/18

 Windows2000 で IIS を使っている方はご注意を(参考リンク)。それにしても、同じ IT Pro の記事ですが、こっち(参考リンク)は悪意(?)に満ちてますねぇ(笑)。

 

2003/3/17

 Microsoft がトラブル速報、サポート技術情報のメール配信サービスを始めるそうです(参考リンク)。とかく色々言われる Microsoft ですが(私も言ってしまう人ですが/笑)、こー言った試みは評価できます。願わくば売る前にでき得る限り潰して置いて欲しいと言うのが、まぁ本音ではありますが。

 

2003/3/16

 20:40 ころ突然停電。ブレーカが落ちたのかと思ったのですが、外を確認すると道路からこっち側は真っ暗なので配電側で何かあったようです。突発的な停電は数年振りですが、いや、流石に驚きます。数分で復旧しましたが。ちなみに、停電してもサーバは平気ですが ADSL モデムが落ちますのでココへはアクセス不能になります...ってダメやん(笑)。

 物理的な損害はありませんでしたが、エンコード途中のファイルが失われたので時間的ロスが痛かったですわ。

 

2003/3/15

 11日の記事ですが、記録型 DVD メディアの品質に関する記事(参考リンク)。記事中ではあくまでも記録型のメディアについて書かれていますが、貼り合わせの難易度はプレスメディアでも同様なんですよね...

 

2003/3/14

 ハリポタの4巻が「買切り制」のため返品ができず、在庫している書店が苦慮している記事がチラホラ出ています(参考リンク)。書籍は再販売価格指定商品ですから、販促のために安売りすることもままなりませんしね。ただ、書店の側も返品不可の見込み発注に慣れていない面も否めないと思いますので、ある意味自業自得かとも思います。根底には再販制度の弊害も考えられるのですが、それを再販精度の恩恵を大きく受けている新聞社系のニュースサイトが記事にすることの裏を色々考えてしまうのは、穿ち過ぎでしょうか?

#と、敢えて ZAKZAK の記事にリンクしてみました(笑)。

 

2003/3/13

 私がこのサイト立上げた当時はプロテクトの「誤爆」なんて言葉はさほど一般的ではなく(今もそうだと信じたいのですが/笑)、りぺあさん等のバグ情報を扱っているサイトでもメーカが余り公にしないこともあり誤爆情報自体が非常に少ない状況で、このままユーザ不在のまま(秘密裏に?)導入が拡大されていくことに暗澹たる気持ちになり、誰もやってないなら自分が持ってる情報を公開してしまえ、で現在に至るのですが、まだね、当時はメーカにも「誤爆は恥」的な意識があったのだと思っています。そのメーカの良心に期待していた訳なんですが、どーもね、最近は「開き直っていませんか」的な。

 「不具合が出ると判っていたら...」と、昨年くらいまでのサポートへの問合わせには何件かそんな答えを頂きました。そう答えたメーカが結局採用を継続するのなら、同じ言い訳は通用しませんしそのつもりも無いのでしょう。「未必の故意」なんですから。ハッキリ書いておきますが、確実に不具合の出ることが判っているのにそれを改めない(不具合が出ても構わないと考える)メーカを私は支持しません。

 ...昨年アクセスが急増した辺りから意識的にここでの「毒」を抑えて来ましたが、ちょっと私が限界に。今日は少しだけ開放。

 

2003/3/12

 どきどきサマーレッスン Voice Ver(MEGAMI)はやはり Alpha-ROM とのことです。ONE Full Voice 版(ネクストン)でアレだけの騒ぎを起こしたことを考えると、勇気あるなぁ、と思います。ただ、あくまでも拙宅の環境限定ではありますが、Alpha-ROM 自体は SafeDisc2.x より誤爆率が低い状態です。無論0ではありませんし誤爆で引き起こされる現象はかなり致命的ですが...

 そんな訳で、ONE Full Voice 版の暫定検証をまた暫定で更新しておきました。修正ディスクの Alpha-ROM は改良型だと思いますが、YAMAHA の IEEE1394 外付けドライブでのハングは解消していません。面白い(?)のは、同じドライブを IDE でパソコンに接続すると問題なく起動できます。IEEE1394 側は NEC、TI、VIA と各チップで接続しましたが現象は変わらず、拡張カード側に原因は無いようです。

 そうそう、修正ディスク要求時に製品版ディスクは手元から無くなりましたので、製品版ディスクの追試は不可能です。予め。

余談:例えば ALICE-SOFT さんでは サポート依頼 => 修正ディスクが到着 => 不具合ディスクを送り返す と言ったシステムです。他社さんも「極力ユーザに不便をかけない」対応を心掛けて頂きたいと思います。

 

2003/3/11

 MEGAMI さん(参考リンク)のサポートページにまだ発売前ですが「どきどきサマーレッスン Voice Ver」の「誤爆」についてアナウンスがあります。どのプロテクトを採用したのかは現時点では判りませんが(Alpha-ROM?)、ディスクを認識しない、或いはソフトが起動しないと言った、ヌルい現象だけが誤爆では無いのですよ。SafeDisc にしても Alpha-ROM にしても、特定のドライブで起動を試みると現状では確実に Windows を落としてしまい、

 強制再起動を余儀なくされ

 システムにダメージを与えかねない事態に陥ります。

 発売前に情報を公開する姿勢は評価しますが、最悪の現象を告知しないのは如何なものかと。

 もう一つ気になるのは、ディスクを認識しなかったときの対策として CD-R 版を送付する、とのことですが、CD-R メディアは保管状態が悪いと数ヶ月で読めなくなる例があります。正規プレス品を送付することは行なわないのでしょうか? 2003/3/11 現在の情報からは読取ることができません。「なにとぞご理解の程宜しくお願いします」と書かれてはいますが、結局ユーザの被るリスクの方が大きいければ理解も何も無い訳であり。以前発売された声無し版は既に手放して久しく、価格も廉いことから購入を検討していただけに残念ではありますが...

 

2003/3/10

 ビデオ・オン・デマンドに対する ZDNN のコラム(参考リンク)について。内容は読んで頂くのが早いですが、最後の一段落は私の普段の主張と完全に合致しており、メディアにこう言った意見が紹介されるのは喜ばしいことだと思います。紹介されただけでは効果はありませんが、賛成にしろ反対にしろ読んだ方が意見を述べるベースになりますし。

 

2003/3/9

 ネクストンさんの ONE Full Voice 版修正ディスクについて。

 製品版は青いレーベルでしたが、修正版は赤くなっており簡単に見分けることができます。箱を開ければ、ですけど。修正ディスクにも Alpha-ROM は施されており(これより以前に送られていた CD-R 版にも施されていたそうです)、実行ファイルも製品版と同様で同じマスタからプレスだけをやり直したものと思われます。フロッピーディスクも同梱されており、サイトで公開されている修正パッチと同じものが収められていました。マウント状況ですが、拙宅のドライブでは全てマウントできました。製品版と傾向が異なるのは、DVD-106S(Pioneer)でのマウントにかかる時間が30秒弱へ短縮されました(それもで他のドライブに比べれば長いのですが)。逆に CDD4401 等 Philips ドライブではマウントにかかる時間が製品版より若干長くなっています。起動に関しては、YAMAHA の CRW8824 で失敗することに変化はありませんでした。one.exe の実行でバスがハングした状態になって正常に Windows を終了することもままなりません。それ以外のドライブでは、三洋の CRD-BP2 での挙動が怪しい程度で(起動はできます)特に...あー、10回に一度程度の頻度ですが、ONE の起動自体がキャンセルされるときがありますね。東芝、PLEXTOR ドライブで特に。どう言った条件で発生するのか掴んでいないのですが...

 

2003/3/8

 HDD の静かさに関する主観。

 私の場合、比較的高周波の音に過敏で逆に低周波な音には寛容です。例を挙げますと、大口径ファンの風切り音は割と平気なんですが、モータ回転時にベアリングが発する高い音は大変に嫌います。従って HDD もそのほとんどは SmartDrive と呼ばれるアルミ静音箱に入れて使っている(高い音はほぼ完璧に遮音してくれます)のですが、最近の HDD は SmartDrive に入れなくても充分に静かなものも増えています。それでも各社で音の傾向に差があって、あくまでも私の好みと主観ですが、1Maxtor、2IBM(これからは日立?)、3Seagate の順で好感を持っています(WD は現世代品を未所有)。Maxtor はベアリング物で最初の 60GB HDD までは経年変化による騒音の上昇が大きかったのですが、その第2世代辺りから大変静かになって現在に至る印象があります。IBM は DTLA の悪評から暫く遠ざかっていたのですが、最近買ってみたら音自体はそれ程小さくはないものの高周波分が殆ど出ていないので余り気になりません。逆に Seagate は充分に音は小さいと思うのですが、甲高い音の成分が混じってて私には気に障り、よってこの評価です。

 もっとも、SmartDrive に入れてしまえば殆ど差は無いんですけどね(笑)。ただ、コレ書いているメイン機は MicroATX 機で SmartDrive 入れる余裕が無いため HDD ハダカです。そして Seagate の 80GB が載っている(バックアップに Maxtor 60GB も入ってますけど通常電源入れてません)のですが、やはり高い音が気になるのですよ。パソコン使うのが嫌になるくらいに(苦)。無理矢理 SmartDrive 突っ込むか、その資金プラスアルファで静かな HDD と換装するか、悩みどころです。

#先日のパンクでその資金自体が消えましたけど...

 

2003/3/7

 以前ここで取上げた(新しい窓を開きます)ビクターさんの DVD-Video プレーヤ+ HDD レコーダデッキ XV-HDV1 のレビューが AV Watch に掲載されていました(参考リンク)。ホントに省スペースしかメリットが無いのですね。\70k 出すならパソコンで同等以上の環境を構築することは可能ですが...まぁ、安定性や手軽さは比較にならないとしても。

 

2003/3/6

 Web でも公開されているデジクロのソフ倫記事で現理事による対談が行なわれているんですが、age さんや Nitro+ さんがソフ倫から脱退したことも割と好意的(?)に書かれており、アナログファクトリーさんとは扱いが違うなぁ、と思ったり(笑)。尚、その中で規程が厳しい過ぎるのでは、とか10年目を機に見直しも、とか触れられているんですが、そんなこと気付くのに10年もかかったのか? と思う向きも(もしかしたら?)あるかもしれません。しかし、彼らもそれ程無能であるはずもなく、素直に脱会への追随を出さないためのリップサービスと捉えておく方が無難でしょう。とは言え、やはり(色んな意味で)競争が無いとユーザのためにはならんな、と思ったのものまた事実であります。

 

2003/3/5

 今日のパンク。



 何故にこんなモノが道路に落ちていますか。そして何故にそれを狙ったように踏みますか私。おかげで今月の予備費が一気に底を尽きました...

 

2003/3/4

 キャプネタ。

 拙宅のビデオキャプチャ環境は基本 MotionJPEG なんですが、せっかくハードウェア MPEG エンコードの REALmagic VHRecorder が稼働したので適当に撮ってみました。なる程、8Mbps 以上でエンコードするとソコソコ観れる画質になりファイルサイズも MotionJPEG 低圧縮に比べたら 1/4 程度に収まります。専用ツールではファイル分割での録画ができませんが、NT 系カーネルなら問題なしでしょう。撮って観たら消す、ビデオライクな使い方をするなら余程手軽です。ただ、他のコーデックで保存したい、と思うと以前より1工程増えて編集も今イチやり難い、ついでに再エンコード時間も若干遅くなると、そー言った使い方ではメリットが余りありません。使い分けるのが正しいのでしょうね。

 

2003/3/3

 幾度か書いてきた合衆国の Intuit 社「TurboTax」に採用された、マクロビジョンのコピープロテクション/アクティベーション技術 SafeCast で発生していた問題ですが、とうとう集団訴訟に発展してしまったようです(参考リンク)。訴訟で問題とされているのは発生した問題そのものより、それを公開しなかったことのようですが、何れにしてもさすが合衆国だなぁ、と思ったりします。

 

2003/3/2

 久々にパソ話。

 今日は金曜日に買って来た REALmagic VHRecorder なバルクキャプチャカードのセットアップで1日潰れました。何故かケースに取付けるとキャプチャボタン押したらそのままお亡くなりってパターンで、今まで(今も)悩んでました。外でテストしている分には平気なのでタチが悪いです。どーも熱死臭いのでファンを追加して様子を観ていますが、ヒートシンクすら載っていないエンコードチップに触ったら一瞬で火傷するような事態が正常とは思えないので、どーしようか悩み中。取敢えず負荷テスト実施。

 

2003/3/1

 予定日が近付いたら上の方で別途連絡しますが、2003/3/26 に掲示板セクションとメール送信フォームが1日単位で停止する予定です。これは cgi を動かしているプロバイダサーバの移転に伴うもので、上記以外のページは停止しません。尚、サーバの移転に伴い cgi の動作に支障の出る可能性もあります。と言うことで。

 

2003/2/28

 昨日の「DVD music」ですけど、どうやら再販指定を受けるためにワザワザ DVD-Video にもかかわらず DVD music を名乗り静止画しか入れないってことらしいんですが...姑息に過ぎませんか?

 

2003/2/27

 日本レコード協会が「DVD music」なる規格とロゴを制定したそうです(参考リンク)。要は DVD-Video 規格に音楽と映像(静止画?)を収録したものを指すようですが、思いっきり普通の DVD-Video ですね。DVD-Audio や SACD の普及を待っていられない(或いは自分達で普及させようと言うつもりが無い)とのことでしょうけど、なんとなーく DVD-PG(取敢えず D-Dream さんトコへ)を思い出してみたり。

 それはそれとして、私が気になるのは DVD music が再販指定商品なのか? ってことだったり(笑)。もっとも、規格的にもコピーコントロール円盤よりは余程マシなものだとは思います。コンポとの接続に耐えられる DVD-Video プレーヤがどのくらいあるかも、オーディオマニア的視点では興味のあるところですが。

 

2003/2/26

 海外で制作された邦楽ディスクに輸入権を認めようって議論があるようです(参考リンク)。言うまでもないことですが、当然これは再販売価格維持制度の撤廃とセットなんですよね? まさか再販制度を維持したままこんな夢語ってる訳ではないですよね?

 

2003/2/25

 「SafeCastがPCのハードディスク内の未使用部分(セクター・ゼロ)にアクティベーションコードを保存する仕組み」(参考リンク)...なんてところを使いますか。「コンシューマーにとって問題にはならないはずだ」と言われても、もし私ならやはり怒ります。もっとも、海外でのこの騒動で SafeCast は事実上死...んー...マクロビジョン以外のところのシステムだったら間違いなく即死なんでしょうけど...?

 

2003/2/24

 出会い系サイト上での、未成年(児童とは呼んであげません)への処罰導入について(参考リンク)。基本的に、彼、彼女等は自分達の今が持つ価値(?)を理解しているんですよ。買う側への厳罰化はその価値を上げるだけでは無いのかと思わなくも。どー考えても日本では児童が「搾取されている」イメージとは程遠く。素直に売春防止法を適用しましょうよ。

 

2003/2/23

 書籍販売における図書館問題についてメールを頂いたので(特にリンクは設けませんので適当にぐぐってください/笑)。

 要は図書館が新刊を大量に購入して無償で貸し出すから新刊の販売数に悪影響を与えているって作家側の主張ですが、問題の根っこはコピーコントロールやゲームの中古等と同じであると思います。ただ図書館問題の場合(ブックオフ等の古書販売もそうですが)、法的には疑いの余地無くシロであるため法廷論争にも持込めず打開策を見出せない権利社側の方が殊更より焦っている印象があります。更に言えば出版社には元々権利が無いため作家個人にかかる問題になってしまっている面も心情的にややこしくしてしまっている面もあろうかと思います。

 この件に対する私の考えは、村上春樹氏が述べている、図書館の一定期間購入禁止的な処置は長期的に観れば読者の数を益々減らすだけ、と言った旨の主張に賛同しています。書籍に限らず著作物は観たり聴いたり遊んだりと言った体験を経ないとその価値が判りません。すそ野を広げてその中から価値を見出す人を増やすことが重要(且つそう言ったシステムを構築する=ビジネスモデルとして確立する)であって、原体験をさせずに最初から金を出すかもしれない人を増やそうったってそれはムチャってモンです。中身が判らない物を購入すると言うことは信用買いかバクチかのいずれかです。前者を増やす努力をせず後者だけに頼って商売が成り立つのか、権利者側もよく考える必要があるのでは無いでしょうか(と言いますか、こんな結論を得るまでに30秒も要らないようなことから目を背けている時点で「頭が悪い」と評してしまうのですが)。

 

2003/2/22

 RUNE さんの 初恋 DVD-ROM 版でプレス不良品がかなり出ているようです。こう言う事態が発生すると、プレス元が何処なのかも気になりますね。意識としては通販時の宅配業者を気にするのと同じ...でしょうか? (笑)

 通販と言えば、私は余り通販が好きでは無いのです。受取時に「居なければならない」って部分がどーにも。再配達頼む場合も妙に条件が厳しかったりして気を使ったり、取りに行くにも時間指定があったり。大家に預けてくれる分には気楽なんですけどね(笑)。

 

2003/2/21

 WindowsXP のインストールされたパソコンに Windows2000 の起動ディスクから回復コンソールで起動を試みるとパスワード無しに Admin 権限で入れるそうです(参考リンク)。これはこれで、裏技として重宝しそうな不具合なんですが(笑)。ドメインに参加していない NT カーネルパソコンでパスワードを忘れられると、別の OS をインストールしない限り手の施しようがありませんし。大体セキュリティ言うても物理的な侵入を考えるとパソコン分解して HDD ごと持って行かれたら現状では殆ど OUT ですしねぇ。

 

2003/2/20

 あー、最近、左目のマブタがケイレン気味で気持ち悪いです。どーやらカルシウム不足? カルシウムを効率良く摂るには...やはりサプリメントでしょうか。ニボシ食え(懐)

 

2003/2/19

 韓国の地下鉄放火とされる事件は、動機をテロルに置換えてみてもその実行に特別な爆発物や毒物など必要としないことを改めて現実として知らしめてくれます。ちなみに、ガソリンは摂氏0度からも気化、引火します(ので、灯油の代わりにストーブへガソリン入れるような自殺行為は絶対に止めましょう)。

 

2003/2/18

 昨日の ACCS な理事の件は、Impress の記事を観ると他にカプコンやコナミの方に並んで ED コントライブさんも名を連ねているんですね(参考リンク)。最終的には富士通が受注したソフ倫の年齢認証システムにも入札していたりしましたし、イメージ的に意外なところでお見かけします、と書いたら失礼かもしれませんね(笑)。

 Hi-HO さんの「音楽についてのアンケート結果」(参考リンク)。女性の解答者が多いアンケートで、コピーコントロールで売上が下がると答えた方が増えると答えた方より多かった結果は興味深いものがあります。再生保証の無いことがどれ程認知されているのかはこのアンケート結果からは観えませんが。

 

2003/2/17

 ACCS の理事に松本零士氏ですか(参考リンク)。いやぁ、ACCS と言えばやはり久保田氏のエネルギッシュな語りと行動が思い浮かぶ訳ですが(笑)、中古ゲーム訴訟では ARTS の側に(微力ながら実際に)肩入れした私ですけど、久保田氏ご本人は決してキライな方では無いのですよ...って前に書いた記憶が(笑)。

 住基ネットの住民票コード連絡票を本人認証に使うのは違法とのこと(参考リンク)。まぁ、それは構わないのですが、ただ、民間から住民票コードの照会を受けたときに、履歴を本人へ通知すること条件に正否の判定を返すくらいの用途には開放して頂きたいと常々思っているのですけどね。個人情報全部を変な団体に握られる可能性も低くなるのでは、とか思ったり(笑)。

 

2003/2/16

 あんまりここで話すことでもないのでしょうけど、age さんに続き Nitro+ さんもソフ倫を脱会しましたね。age さんの場合は前作が回収騒ぎを起こしており、Nitro+ さんの場合は参入第一弾を発売するときに入会することができず自主審査でリリースしています(入会後に改めて審査を通しています)。そう言った確執(?)があったとは言え、実質的に流通を押さえているソフ倫を脱会することは大きなリスクを伴うと思われるのですが、それでも行動すると言うことはリスクを軽減できる見通しが立ったのか、或いは...

 そー言えば、昨年 AnalogFactory を設立してインディーズの立場から「実姉妹」をリリースした田所氏も、以前はソフ倫理事を務めていた会社の社長だったりしていた経歴がありますが、内部からの改革は、そんなに難しいのでしょうか。

 

2003/2/15

 ONE Full Voice 版と言いますか、Alpha-ROM と言いますか、の検証暫定版は適当に追記して行きますので、まぁ、適当に。

 

2003/2/14

 Pro-G と GPL(参考リンク)。それにしてもこのソフト。全部フリーソフトで間に合うってことは、言わないお約束なんでしょうか。まとめたことに意義があるって考え方もあるかもしれませんが...

 

2003/2/13

 ZDNN が掲載する中島平太郎氏へのインタビュー(参考リンク)。

 「CD-Rでも(反射率が)70%ないと再生できない人が出る。今のコピーコントロールCDは、1枚ぐらい、かからないのがあってもいいじゃないかという思想がだめだと僕は思う。(CD-Rは)65%の反射率でも、(多くのドライブで)かかるんですが、それはだめだと。それは、今でも同じ。コピーコントロールCDで怖いのは“かからないこと”。やっぱり、(すべてのドライブで)かかるようなメディアじゃなければ、長続きしないですよ」

 流石に、問題点を正確に突いています。と言いますか、採用している側が敢えて無視しようとしている部分だと思います。そのツケは、巡り巡って結局自分達に戻って来るのではないでしょうか。

 

2003/2/12

 IT Pro さんトコのコラムで私の拙い文章より余程説得力ある記事が公開されてましたので貼っておきます(笑) > 参考リンク(無償の登録が必要です)

 合衆国で、ソフトウェアのライセンス条件を事前に読めないのは違法として提訴した方が居るようです(参考リンク)。気持ちは判りますね。例えばインストール時に表示される某社の使用許諾契約には同意できない場合は返品して下さいと言った旨の記載があるのですが、その具体的な方法が書かれていないのです。販売店に持込むと、恐らくは国内でもリンク先の記事のように開封済みを理由に応じようとはしないでしょう。ただ、国内では事前に確認されていない場合は消費者契約法がありますから販売店に返品へ応じる義務があるんですけどね。いきなり訴訟に行く辺りが合衆国らしいと言えばらしいのですが、逆に言えばそれだけ消費者側の訴訟に対するリスクが少なく、結果として強い権利が得られていることになります。どっちが良いとは一概には言い切れませんが、国内の、こと最近の余りに消費者が蔑ろにされていると感じる事例を観るにつけ、羨ましくはあります。

 

2003/2/11

 掲示板へレスするか少し悩みましたが、ネタ的に愚痴っぽいので(笑)。

 私の場合、そもそもパッチを当てない方が悪い的な論調を正当化させるつもりが無いのですよ。昨日の件の場合は特に修正パッチ自体のミスですから、ユーザに告知するならせめてサイトのトップに書くべきだと思うのです。Microsoft は本来バグ修正であるサービスパック等の配布をネット上とメディアの配布で行なっていますが、それは本来メーカ側の持ち出しで行なわなければならないことで、ユーザの情報収集不足が責められることでは無いのです。ましてやユーザ側に費用負担が生ずる方法など独占が無ければ通用しない商売方法ですし、そう言った部分は是正せねばならないと考えています。

 と、ここで愚痴ってても効果はほとんど無いと思いますけどね。あと、私の情報収集不足は責める以上指摘されても反論の余地は無いです(笑)。

 

2003/2/10

 Windows Update でのミスを公表しない Microsoft(参考リンク)。他に代替選択肢の無い世界は...

2003/2/11 追記--------

 掲示板の方で指摘されましたので。

 Microsoft のセキュリティセンター内のページで、2003/2/7 付け更新時に上記情報が付記されていたそうです(参考リンク)。とは言え、当該ページに入らなければ判らないのでは実質的に意味が無いのでは? と思います。私の方でもセキュリティセンタートップページの確認は行なったのですが、記載が無かったので未だ未対応と判断した訳ですし、現在も Windows Update の方では項目が表示されないとのことで、「修正した」と思っている方には周知できないのではないでしょうか。Slammer が攻撃対象とした脆弱性の修正パッチを Microsoft 社内では自身が適用していなかった事実も発覚してますし、基本線を覆すまでには至りませんでした。

追記ここまで----------

 

2003/2/9

 「ユーザには購入しないと言う最強の選択肢がある」と、以前メールを送った Web ニュースサイト編集の方から返信を頂いたことがあります。確かに不買はユーザに与えられた最強の選択肢ではあるのですが、しかしながらそれでも尚買い支える(甘い?)ユーザが居る以上効果は望めませんし、そもそも買わないことに替わる他の選択肢が無い状況では不買すらままなりません。

 

2003/2/8

 なんとも不可思議な挙動を示す ONE Full Voice 版のディスクですが。後輩の DVD-106S(Pioneer)でマウントできなかったので新品を買って来てみたのですが(笑)、静音モード対応の新しいドライブ(ラベルには DVD-106S/2 と記されています)では「一応」認識できるようです。一応を強調する理由は、マウントまでが他のドライブに比べて極端に遅く、またタイトルの起動も同じく大変に遅いからで、とても正常な動作とは思えません。更に不可思議なのは、間に USB 変換等を噛ますと途端に挙動が安定するのです。もしかしてマザーボード(チップセット)が変わると挙動が変化したりするんでしょうか? うーん...

 ちなみに、製品版では9割くらいの確率で起動時にディスクが無いとダイヤログが表示される CRD-BP2(三洋)は、2003/2/5 付けの修正ファイルで起動できるようになっています。また、CD-R 対応を受けた方からの報告では、送られて来た CD-R にも Alpha-ROM が施されているそうです。

 

2003/2/7

 昨日の愚痴に激しく既視感を感じていたら、以前同じようなこと書いてましたわ(笑)。

 Slammer ついて、最も被害が大きかった韓国で Microsoft に賠償請求する動きがあるようです(参考リンク)。この動き自体は1週間ほど前から(製造物責任法の絡みで)知っていたのですが、ただ、正規ユーザ率を鑑みてそれが可能なのか? の方に興味が行っている私です(黒)。

 

2003/2/6

 松任谷由実の DVD-Video 付き CD の DVD-Video に一部機種で音割れ等の不具合が起こるとして、東芝 EMI さんが回収決定(参考リンク)。さて、一部の機種でノイズが乗ったり再生できなかったりする音楽ディスクは、回収の対象にはならないんでしょうかね? 私には両者の違いが判りません。

 

2003/2/5

 IT Pro さんところの、「マイクロソフトを変えるのはユーザーだ」(参考リンク)。これは別に Microsoft に限らず、ユーザは積極的に発言すべきと思います。「物分かりの良いユーザ」を演じても、今不満に思っていることが改善することはほとんど無いのですから。

 

2003/2/4

 Alpha-ROM の率直な感想。実は割と好印象です。SafeDisc2.x の誤爆に悩まされていたのであろうネクストンさんが採用したくなった気持ちは充分に理解できます。私が検証できる範囲では SafeDisc2.x の誤爆する環境が3通りあるのですが、Alpha-ROM はその何れでも問題なく通りますし、イヤらしいファイル操作も行ないません。ただし、全くの無問題かと言うとそんな訳も無く、ネクストンさんが認識できないと公開しているドライブ以外でもマウント不能が発生しましたし、ディスクチェックに失敗するドライブもあります(詳しくはいずれ後ほど公開しますが、ディスクチェック失敗時のドライブに与えているであろう負荷はちょっと看過できません)。もしかすると機種別に観る誤爆率は SafeDisc2.x よりも低いのかもしれませんが、国内で OEM 採用率の高いメジャードライブで誤爆することが Alpha-ROM の致命傷となったように思えます。え? まだ死んでません? いや、だって、次もし採用するところがあったら「勇者」と呼んでしまいますよマジで(笑)。

 

2003/2/3

 海外で SafeCast に対してコレだけの苦情が表だって起こっているのは珍しいですね(参考リンク)。システム的に余程(自主規制)だったんでしょうか。

 2003/2/3 付けの読売の社説(参考リンク)で著作権保護期間の延長その他のことについて触れられていますが...70年を国際標準なんて言ってますよ。しかも私的複製をも制限する複製防止処置を施した上で補償金を機器に上乗せしろとか述べるに至っては、頭が悪いにも程ってモンがあります。メディア側がこう言った提言を肯定的に捉えている限り、コピーコントロール円盤等によって引き起こされる様々な問題が紙面に登場することは無いのでは、と思えてなりません。個人発の情報がマスメディアにもそれなりの影響力をコンスタントに与えられるようになる必要性を実感せざるを得ませんね。マスメディアは自らもコンテンツホルダですから、自分達が不利になるようなことは基本的にしません。そしてそれを国民の総意のように伝える弊害は、さて、どうしたモンでしょうかね。

 

2003/2/2

 「両手が逆向き」と言うJガイルの旦那もビックリな作画が直っていたようですね。Web で逆向きな画像観たときは観た私も驚きましたが > らいむいろ戦奇譚 TV

 そして朝起きたらコロンビアが落ちてるし...

 

2003/2/1

 SNOW(スタジオメビウス)がよーやく発売されましたね。最初の発表から2年を要した訳ですが、その間に SNOW の仕様自体は進歩していないので、今となっては若干古臭い印象は否めないんですが、それでも18禁ゲーム市場全体の仕様向上が緩やかなこともあり取り立てて欠点にはなっていないようです。SNOW で唯一変わったのは CD-ROM 版に加え DVD-ROM 版も同時発売となった点でしょうか。実際 BGM の音質が DVD-ROM 版の方が良い(CD-ROM 版 22k、DVD-ROM 版 44k)せいもあるのでしょうか、DVD-ROM 版の方がよく出ているようです。仕様が同じだったらどちらが売れるか微妙なところですが、それにしても今や圧縮音源を使用するのが一般的かと思っているので、サンプルレートの違いが差別化になる辺りが、やはり2年前の仕様だなぁ、と思わずには。

 あ、私の購入予定はありませんので。念のため。今時声無いのは、やはり...ね。

 

2003/1/31

 何時の間にやらネクストンさんの BBS にここの URL が貼られてたので相互リンクにしてみる罠(笑)。

 さて、何やら熱い意見交換が行なわれているそんなネクストンさんの BBS ですが、プロテクトを施す理由の一つに売上云々より18歳未満の人間が容易に入手できなくする倫理的な側面もある的な発言をなされてる方が居ました。これは昨年後半辺りからのソフ倫の主張と同じであり、さすがソフ倫広報担当理事である同社らしい持って行き方だなと思ったものです。尚、私には「河原に捨てられてるエロ本を子供が拾わないようエロ本売るときにビニールを被せました」みたいなトンチンカンさを感じて苦笑するしかないのですが。仮にも18歳以上の人間を煙に巻くには余りに稚拙です。

 と、黒くなり過ぎるのもアレですのでフォローも入れておきますと、ネクストンさんは誤爆サポートに関しては、少なくとも従来は非常に素早い対応を行なってきたメーカです。発売日当日に誤爆対応パッチを公開したり、対応パッチを製品に同梱したり(見方を変えれば「確信犯」となりますが、それは今は棚上げして)。SafeDisc2.x の誤爆率が改善しないままそう言った対応が取り難くなる中、より低い誤爆率を求めて Alpha-ROM を採用したのだろうと予想でき、そう言った部分を評価するのは吝かではありません。ですが、自社製品へ採用するに当たり、余りにも Alpha-ROM への評価検証がお粗末過ぎました。結果的に正規ユーザを使った導入テストを無告知で行なった形になってしまっています。そして今の騒ぎです。ある意味、ネクストンさんも被害者なのかも、とも思いますが、明らかなミスも大きいので同情はしないことにします...あれ? フォロー? (笑)

 尚、メーカのことや業界全体のことを考えましょう的な旨の発言をユーザ側に投げかける方もいらっしゃいますが、基本的にユーザが物を購入するときにそんな事情を考慮する必要は無いのですよ。価格相応分の娯楽や快楽を求めて購入し、満足したら満足と言い、不便だったら不便と言う、或いは動かなければ動かないと文句を言う、そんな存在で良いのです。そして、仮にメーカ側がそれ以上をユーザに求めるのであれば、自ずとユーザがファンとなるような、そんな作品を創るしかないのです。ただし、ファンが「信者」にまで化けてしまうと弊害の方も大きくなってしまいます。やはり、ユーザよりメーカの方に、よりマクロな視点が必要だと考えます。それが出来ているメーカが、果たしてどれ程あるのでしょうか...

 

2003/1/30

 日本 MMO に有罪判断(参考リンク)が出た訳ですが。この判断自体は予想されたことで、現在の日本ではそれ以外の運用が可能でも犯罪に使われる可能性の高い物には違法と判断される傾向にありますし、ファイルローグがある意味確信犯的にサービスを開始したことは、まぁ間違い無いところでしょうし。それでも、と思うのは、純粋な P2P サービスに対抗できるサービスが他に見当たらないからで。中央サーバを介するファイルローグのシステムは、中央サーバを通過する時点での監視が可能です。例えば定額での交換サービスを開始して、通過したファイルの量によって権利者に配分する等。電子透かしと併用すれば更に確実でしょう。イタズラに禁止しようとしたり制限しようとしたり使い勝手を落とすより、そうやってパイを広げた方が...と思ったりするんですよね。現実に監視が大変難しい P2P サービスが広まるより、と言うある意味後ろ向きな策なんですが、一度進んだ「時」は戻りません。そう言った変化に対応できない産業は斜陽(以下黒くなり過ぎたので略)。

 

2003/1/29

 例の UDP1434 を狙うワームのせいかは定かではありませんが、2003/1/26 頃、比較的長時間に渡って Microsoft のアクティベーションサーバがダウンしていたようですね。その間は、ネットワーク経由は勿論、電話による認証も受けられなかったとのこと。こーゆー、自分の買ったものが他人のせいで満足に使えなくなる恐れがあるってことの弊害と言うか恐怖と言うか、そーゆーものに少しは感心をもって頂けたらいいなぁ、とか思ってみたり。何となく控えめに(笑)。

 ちなみに私は、如何なる理由があろうとも正規の顧客に迷惑が及ぶような行為を「知っていながら」メーカが行なうことを容認できません。だからこんなサイトを立上げている訳ですが。

 ところで、Alpha-ROM の原理が判明したようです。コピーできないファイルがディスク上に存在することは判っていましたが、このファイルのアドレス内でアドレスの重複を発生させているとのことです。つまり、この重複部分を普通に頭から読んだ場合と或いは後ろから読んだ場合とでは位置が変わってしまうのです。そのためにコピーどころか開くことすら不能だったのですが、それをどのように重複させているかを予め判っているチェッカが判定することで正規品かを判断しているようです。実はフロッピーディスク時代を知る者には割と懐かしい感じの方法でしたが、それにしてもそれをその通りだと確定させた方は凄いものです。それによって誤爆の原因も明らかになった訳で、ディスクの論理データと実データとに生じる不整合でドライブ側のアルゴリズムが混乱を来しているのだろうと思われます。これは、同方式を採用する限り同じドライブでは確実に誤爆が生じることになり、ドライブ側が対応するしか回避策がありません。そして、通常あり得ないそのようなディスクに対応する理由がドライブ側にはありません。何をもって SafeDisc2 より低誤爆率だと開発メーカが主張したのかは判りませんが、Alpha-ROM がこのままの形で今後採用されることは無いでしょう。そこまで採用メーカも頭は悪く無いハズです。

 尚、ONE Full Voice Ver ですが、手配しました。来週には入手できると思いますので、各種検証後にメーカサポートを受けて、そのレポートをしたいと思います。

 

2003/1/28

 音楽産業のビジネスモデルは既に崩壊していて、コピーされることを前提に広く薄く著作権料を徴収する方向へ梶を切ったらどうか? と言った旨の ITPro さんトコのコラム(参考リンク:無償の登録が必要です)。同じような提案は以前私も書いたことがあったよーな記憶が。コピーフリーであることが条件ですが。その場合はレーベルゲートのようにコピーの実数を管理する方法も認めない訳ではありませんし。

 どーでも良いのですが、一般市販品で動作テストして正規ユーザを無断でデバッガ替わりに使うのは、ソフト産業的にはアリなんですかね? そこまでバカにされてお行儀の良いユーザやってられるほど、既に業界に対する期待は持っちゃぁいないんですが。

 あー、イカンですね。ちょいと久々に必要以上に黒いですわ(笑)。いやね、甘えるのも大概にせいやとか、あー、いやいや。今日はここら辺で。
抑えが効いて無いッポイので。

 

2003/1/27

 そんな訳で、ネクストンさんの対応が出ました。詳しくは中参照して下さい(笑)。ところで、この Alpha-ROM と呼ばれるプロテクション。どれだけの検証を行なったのでしょうか? 公式に松下製と Pioneer 製のいくつかのドライブで動作しない可能性が有る旨公開されていますが、実際には両社の DVD-ROM が読めるドライブはほぼ全滅に近い状態のようです。SafeDisc2 より低誤爆率を開発メーカは標榜していたようですが、このマウント不能が Alpha-ROM に起因すると確定するなら、何をもってそう判断したのか疑問に感じます。そして、非互換ドライブのリストを公開しているとの話もありましたが、Web 上では見付けることができませんでしたし、仮にそれが採用メーカに提示されているとしたら、それを公表せずに実装したメーカの責任は重いと考えますが、さて。

 で、この問題を観て、ふと Pioneer 製ドライブが手元に無いことに気付きました(笑)。以前は持っていたんですが、妹に上げてしまったんですよね。その内 DVD-RW/R ドライブでも? (笑)

 

2003/1/26

 ONE Full Voice 版(ネクストン)のディスクを認識できない問題に対し、オフィシャル BBS で販売店への返品要求に対して相性問題では応じられないと言った対応をされた旨投稿が在り、気になったので述べておきます。こう言った事例の場合、顧客に直接販売した販売店には売買の「契約」が結ばれたことになり、顧客の側がパッケージに記載された動作環境を満たしている以上返品を受付けねばなりません。これは消費者契約法上の義務です。通常販売されるパッケージ商品はパソコンパーツのバルク品や中古品のように、顧客の側がリスクを負うことで廉価に購入できる商品と異なります。返品を受付けた上で販売店は商品を卸した流通、或いはメーカに対して損害の請求を行なうことになります。

 ンソフト産業の場合、こう言ったシステムが今まで余り上手く機能していなかったがために今に至るも不具合を内包したままの商品がある意味平然と発売されているのではないかと思えてなりません。

 

2003/1/25

 著作権の「自由利用マーク」(参考リンク)。ここにも付けたいところですが、人様の著作物によって引き起こされる弊害を紹介している関係上、リンク無制限と私の書いた文章の引用くらいしか無理かも。

 ネクストンさんからリリースされた ONE Full Voice 版に国内初の CD-ROM プロテクションが採用されているようですね。現在の情報では Alpha-ROM と呼ばれるもののようですが、珍しい(?)韓国産のプロテクションのようです。コピーや開くことさえ不能なファイルがディスク内に存在し、何らかの方法で起動チェック時にそのファイルが正しいかを観ていると思われます。

 ですが...誤動作したんでは意味がありません。実際、ネクストンさんのオフィシャル BBS では「ディスクを認識できない」と言った報告が多数寄せられています。いくら固くても誤爆率が高過ぎて事実上失敗したプロテクションは幾つかありますが、なんとなくそんな予感がチラホラと...もっとも、SafeDisc2.x もマクロビジョンで無かったらとっくに失敗していると思ったりしていますが(笑)。尚、読めないファイルの存在とディスクを認識できないって症状から、TOC に偽情報を書込んでいるのでは? と予想し、もしかすると CD-ROM の規格として正しく無いかもしれないとの懸念から CD-ROM では無く敢えてディスクと表現してみました。

 とは言うものの、現状では極めて誤爆臭いのではありますが、プレスミスの可能性も捨て切れないので index2.htm への掲載は少し待ってみます。いや、「疑わしきは晒す」に則って書いちゃっても構わないんですけどね、ネクストンさんの対応は今まで比較的素早かったですので、それを観てみたいな、と。

 BALDR FORCE EX(DVD-ROM)をリリースするせいでしょうか、戯画さんのサイトで先日公開された CD-ROM 版 BALDR FORCE の差分 Ver1.10 においてディスクレス起動がサポートされました。Ver1.03 の段階で誤爆対応を行なった旨アナウンスされていましたが、これは(恐らくディスクキャッシュ周りに手を入れて?)誤爆要因を減らしただけであり、拙宅では全く改善していませんでした。ともあれ、Ver1.10 を適用することで誤爆要因は完全に排除されますし、Windows のシステムフォルダへ無告知でファイル作られる心配も無くなりますので素直に歓迎したいと思います。遅きに失した感は否めませんが、これでようやく常用機にインストールして遊べます。

 

2003/1/24

 音楽配信メモさんで音楽ファイルに電子透かしを施すことに触れています(参考リンク)。応用すればコピーコントロールにも使える技術ですが、その為には BBS でも指摘されている方が居ましたけどハードウェアの対応も必要で、即効性は無いけどコピーコントロール円盤よりは余程マシって論じています。実際、同じような移行を行なって VHS デッキにアナログコピーガードのマクロビジョンを搭載することに成功した例もありますし、最近では DVD-Video のリージョンコードも同じようにハードウェアに搭載させましたね。まぁ、例に出したものに対して言いたいことは多々ありますがそれは棚に上げて、そう言った努力をすることなく安易に再生機器を制限することでコピーコントロールをしたつもりになっている辺り、救い難い頭の悪さです。

 
それはそれとして...テレビで観ても赤っぽいのに、6500k な拙宅のパソコンディスプレイでは全編夕方ですよ > 千と千尋な日本テレビ

 

2003/1/23

 UniversalMusic さんが「キャロル」のベスト CD にノイズの混入が判明したとの理由で回収処置を決定したとのことです(参考リンク)。業界内には反対意見もあったようですが、真摯な対応は評価します。ノイズの混入している謎の円盤にも同じ対応を求めたいものですけどね。

 そー言えば合衆国で Microsoft に OS への Java 搭載と互換性の無い Java の配布を禁じる判決が下されました(参考リンク)。CD と互換性の無い音楽ディスクの販売は(略)。

 

2003/1/22

 今日からレーベルゲートな円盤が発売。さっそく AV Watch にて実際にネットワーク認証を行っています(参考リンク)。さて、正直なところかなり面倒臭い印象ですね。そうまでしてネットワーク認証するメリットがユーザ側に在るとは思えません。それこそ、コピーコントロール音源部からのリッピングを試みようとするのが自然ではないかと思うのですよ。しかも認証2回目からは「一曲 \200」ですか。さて、何のために音楽ディスクを購入したのやら。

 そうそう、直接の関係はありませんが、雑誌媒体等でレビューに使われる言葉を深読みするのに参考となるかもしれませんので、WS30の世界さんの「製品評価記事の「裏」を読む」って記事を紹介しておきます(参考リンク)。

 一昨日 WindowsXP SP1 に Indeo5 が含まれていないことの対処方法を公開している記事へのリンクを紹介しましたが(
ワレナガラマダロッコシイ/ワライ)、何気に Microsoft の WindowsXP サポートページ観ていたら、日本語で記述されているところは 2003/1/22 現在で Ligos のサイトからコーデックをダウンロードしろとしか書いていませんね(参考リンク)。Microsoft ですらそうなんですから、今頃 Movie が再生できない件のサポートで同様の記載をするようなメーカが在っても仕方の無いことでしょうか。逆に言えば、オービットさんはよくもこの対処方法を見付けたものだと誉めて良いと? (笑)

 

2003/1/21

 ZDNN がレーベルゲート円盤のサポートについて突っ込んでいます(参考リンク)。だから、「聴けないプレーヤはどれですか?」って事前に問合わせているのにそれに対して具体的な回答もできず、それでいてレーベルゲートに起因する再生不良はサポートしないって原則が受入れられないんですよ。サポートする気があるのなら堂々とそれを主張すればよろしいのであって、それができないから原則と言う名の免罪符を用意している訳であり。

 メーカ各位。より良いものを提供して下さい。それに価値があると判断したら喜んで対価を支払わせて頂きます。今より不便なもの、質の劣るもの、サービスの低下したものへ資金を回す余裕は、残念ながら無いのですよ。

 

2003/1/20

 ITPro さんのコラムで合衆国で合憲判断されたいわゆるミッキーマウス保護法と言われている著作権の延長について述べています(参考リンク:無償の登録が必要です)。と、実はココからツラツラと自説をぶっていたのですが、蛇足っぽく諄くなったのでばっさりカット(笑)。

 WindowsXP SP1 適用パッケージ版にビデオコーデック Indeo5 が含まれておらず、相当数のゲーム等で Movie の再生に支障を来す問題は、Microsoft が修正パッチをリリースしているようです。取敢えずお困りの方はりぺあさんのところから「MOLDAVITE サポート更新」のリンク先を参照して下さい。
マワリクドイデスカ?

 

2003/1/19

 拙宅には現在ビデオキャプチャ環境として Marvel G400TV(Matrox)、Mystique+RainbowRunner(Matrox)、MV300(AVerMedia) と3種類揃えられる訳ですが、何れもハードウェアサポートの MotionJPEG で撮ろうとすると Win9x 系から離れられない罠。長時間キャプチャに関しては連番作れるソフト使えば良いだけの話で問題ないのですが、OS 自身の不安定さは如何ともし難く。どれもこれも ZORAN 社のチップを使っており、このチップ用のまともな NT 系カーネル向けドライバが出て無いのでどーしようもないのですが。RainbowRunner と言えば、現在メインで使用しているんですが(最も安定しているので)、以前コレと組合せる Mystique が死亡して難儀してたところ某掲示板で譲ってくださると言う方が居まして感謝しつつ頂戴して今に至るんですが、月日が経ち全く別の掲示板で頂いた方と出くわし驚いたことが。縁とは判らないものです。

 

2003/1/18

 拙宅には VHS のビデオデッキとして HVS-780(三菱)と NV-SXG550(松下)があるのですが、どちらもバブル後のコスト優先モデルであり性能重視ではありません。仕様的には前者が 3D Y/C 分離と DNR、後者にはそれにゴーストリダクションチューナ(GRT)が付加された形になっていますが、使用感としては GRT と3倍記録の再生画質以外には HVS-780 の方が明らかに勝ります。GRT にしても、チューナそのものの性能は三菱機の方が上に感じますし、なんと言っても操作レスポンスの快適度が圧倒的に違います。昨年末に GRT 搭載機を探したら松下とビクターの1機種しか既に存在せず、その上で松下機の選択だったのですが、実は松下機は2台目で、以前所有していた NV-SX50W が持っていた欠点はそのまま継承してしまっている印象です。こうまで成長が感じられないと、「次」は無いですね。

 ちなみに VHS はベータ機(ED-V9000/SONY)のバックアップだったんですが、やはりテープの入手性と廉価には抗えませんねぇ...

 

2003/1/17

 プロテクトを採用している某社のサポートに、誤爆以外の対応で「特定環境で起動できなくなる問題を修正」とか書いてある修正ファイルが置いてあると、なんと言いますか、物凄くスッキリしない感情に襲われるんですけどね。起動できないことに変わりはありませんので。

 

2003/1/16

 「OSに突然の変更を加えると多くの企業ユーザーに害が及ぶ可能性もある」なんて合衆国の JAVA な係争で Microsoft が主張してるみたいです(参考リンク)。

 さて、WindowsXP の SP1 適用パッケージ版においてビデオコーデック Indeo5 が突然削除されたために多くのメーカやユーザに害が及んでいるんですけど、そのことについて是非コメントを頂きたい私です。

 今日の更新の日本語記事短信(参考リンク)。

 

2003/1/15

 AV Watch さんの記事から、ビクターさんが HDD レコーダと DVD-Video プレーヤのハイブリッド機をリリースする(参考リンク)そうですが...すいません、これ、「HDD レコーダ」と「DVD-Video プレーヤ」の組合せなんですよ...一体何の意味があるのかと。DVD-Video を HDD レコーダにダビングできる訳はなく(メーカ品ですから当然デジタルなら CSS で、アナログでもマクロビジョンで弾かれます)、HDD 内のテレビ録画を単体で書き出すこともできませんし、当然のように LAN ポートなんて付いていやしません。広報さんは「タイムシフト録画などのHDDレコーダの利便性を生かしながら、高画質なDVDプレーヤーを一体化させ、省スペース化を実現。録画重ね録りユーザーや映画ファンを中心に新たな楽しみ方を提案する」と述べているようですが、本当に省スペース化以外のメリットは無く、価格も \70k 以上を予想し、何を提案したいのか私には理解できないのが正直なところです。

 似たようなコンセプトの商品に VHS ビデオデッキ+ DVD-Video プレーヤ、なんてものもあり、意外と各社から多くの機種がリリースされているようです。これも両者をただ合わせただけの商品で、双方が連携した機能等は搭載されていないハズです(著作権保護を謳うなら不可能ですから)。こちらは安売り店等で比較的安価に販売されているのがまだ救いでしょうか。

 異なる機能の機種を組合せるにしても、或いは同等の機能を組合せるにしても、それによって新しい使い方が生まれなければ意味がありません。ラジカセやダブルデッキ、或いはミニコンポ等が何を実現してユーザに受入れられたのか、業界の方々は何も学んでいないのかと暗澹たる気持ちになるんですが...と言いますか、一体誰よこんな企画通したのは(笑)。

 

2003/1/14

 インターネット法律協議会さんのところで「動物病院対2ちゃんねる事件第1審判決をめぐって」との対談記事が載っていまして(参考リンク)、パネリストのお一人である小倉さんって「あの」小倉さんかなー、と思って読み進めていましたらやはりあの小倉弁護士でした。ゲームソフト中古裁判の ARTS 側弁護団のお一人でしたし、ファイルローグ訴訟では MMO 側の弁護士でもありますね。その他の方も含め、弁護士の考え方を理解する上で面白い記事ですので一読をお薦めします。結論が白か黒かしかないのか的な画面への自己ツッコミも楽しめますし(私だけですか)。

 

2003/1/13

 まぁ、私自身は同人世界とは意図して距離を置いている訳ですが(理由は書くと長くなるので割愛)、基本的には非営利を目的とした純粋な創作活動であるべきだと思っています。でなければ現在同人世界が甘受しているあらゆる意味での制約の緩さは維持できないのではないでしょうか。その意味では、同人とインディーズは明確に区別すべきだと考えます。同人を名乗るのであれば、春風亭工房さんの提示している以下の文言が全てではないのか、と思うのですよ。

>本作を営利目的で複製・転載することは禁じますが、
>お友達同士での複製・UPはOKです

 と、取敢えず昨日の補足を。

注:大嘘4ではなんて書いてあるか知りませんので...

 

2003/1/12

 昨日の THE HISTORY OF SHOGO HAMADA "SINCE1975"(長い)を聴いてみたり...私が一番聴いていた頃からの選曲が薄くてチトがっかり。

 同人ソフトのダウンロード販売サイトがプロテクトサービスを開始していました、とメールを頂きました(http://www.dlsite.com/)。会員ではなく、クレジットカードで決済したユーザに対しては起動するパソコンが固定化されライセンスの移動ができないなど、HDD や OS のインストール状態が消耗品(?)である現実をもっと把握して頂きたいですね。SafeDisc2.x の誤爆に対して、OS を再インストールしろ、等とまで書いている市販ソフトメーカも在るんですよ(参考リンク)。もっとも、それ以前に何時から自主流通ソフトを同人ソフトと称するようになりましたか。いわゆる同好の志で楽しむところから出発している同人って言葉を、単に制作者が販売責任を回避する目的で使って欲しくは無いのですが。それは同人全体にとっても決してプラスにはならないと思いますよ。某イベントにおける徹夜組とか以上にね。

 

2003/1/11

 お買い物。THE HISTORY OF SHOGO HAMADA "SINCE1975"。2000 年発売の浜田省吾ベストアルバム。彼のアルバムはほぼ持ってますので発売当時はこれを買っていなかったのですが、石丸電気さんに寄ってみたら「店員の何でもベスト」ってコーナの 1970 年代の棚に置いてありまして思わず(笑)。ええ、実際に売る現場の企画が私の琴線に触れ、それが謎の円盤などではなく "CD" だったら今後も買わせて頂きますよって意思表示も兼ねて。果てしなく自己満足っぽいですが。

 それにしても、実際の 70 年代の収録曲は半分も無いんですけど(笑)。私が一番聴いていたのは 80 年代の学生の頃ですから、70 年代って言われるとチト感覚が合わないのも事実です。

 

2003/1/10

 合衆国で導入できないコピーコントロールを日本で導入するってのは、それだけユーザが舐められているってことなんでしょうね、きっと。やはり、No と言う意思表示を明確に伝えることが苦手なんでしょうか日本人。物が売れない時代に品質落として同じ値段で売れるなんてことが甘い考えであることを、もっと鮮明に伝えられる術は無いものでしょうか。つか、誰よ買い支えているのは(笑)。

 

2003/1/9

 SafeDisc2.x 誤爆の際、メーカから対策として示されるものにアンチウィルス系ソフトの終了を挙げられることがあります。その理由について以前は常駐物を減らす程度の認識しかしていなかったのですが、誤爆検証5で記載した SafeDisc2.8 の行なうファイル操作にて、Windows のシステムフォルダへ無告知にファイルをコピー、作成する様を観たら変に納得してしまいました。そのようなウィルスやアドウェア的挙動はアンチウィルス系ソフトのブロック対象になり得ます。どちらが悪いとは言及しませんが(え?)、市販ソフトへのウィルス混入が実際に発生したこともあり、ユーザのセキュリティレベルを下げろとの指示に抵抗を感じる方も居るのではないか、と思います。

 

2003/1/8

 「ここはアダルトサイトです。18歳未満の方の入室を禁止します。尚、現在店頭で販売されておりますパッケージソフト「****」をご購入されますと、本サイトで公開されておりますグラフィックの一部をオフラインでお楽しみ頂けます。ただし「****」をお楽しみ頂くには当サイトのメールアドレスまで住所・氏名。電話番号をお知らせ頂く必要があります。よろしくお願いします」

 さて、上記のような文言がアダルトサイトに掲載されていた場合、喜んで住所・氏名・電話番号を連絡する気になりますか?

 

2003/1/7

 全く関係有りませんが、「知っていますか?」なんて文字列を観ると無条件に「黒岩都知事@シャンゼリオン」の選挙演説が脳裏に浮かんでしまうのですが(笑)。

 Oracle の旧製品サポートについて、主に合衆国で話題になっているようですが(参考リンク)...ソフトウェアもハードと同様に製造終了時点から数年間のサポート義務を負わせるべきではないかと切に思います。

 

2003/1/6

 音楽配信メモさんでほぼ日刊サイト新聞さんの「CCCDを知っていますか?」って記事(参考リンク)が紹介されていましたので便乗します。

 幾度か書いていますけど、私の場合は企業がブランドを背負って販売する商品に対して保証をしない等とタワケたことホザいているから殊更怒っている訳で。何らかの保証を行なう旨表明すれば今度はその保証の内容について語れるんですが(パソゲーのプロテクトみたいにね)。現在コピーコントロール円盤を導入しているレーベルは正規に購入しているリスナー側へリスクを押し付けながら自分らはリスクを放棄すると言う倫理的にやってはいけないことをしている訳です。矛先を直接向けられるミュージシャンやエンジニア、或いはサポート要員に対しても、それは同じです。

 ふとね、(これも何度か書いていますが)著作権は元々個人単位で力の弱い作家が大出版社に搾取されるのを防ぐため比較的強い権利を与えられたことを起源にしているんですけど、大レーベルに逆らえない個人の状況を鑑みるに果たして今の著作権の考え方が正しいのか? ってところまで言及してしまいそうになりますが...してましたっけ(笑)。

 

2003/1/5

 「驚愕の CD 4枚組」


 いや、年末に遊びに来た友人が「おみやげ」と称してワザワザ新品を買ったまま持って来たんですが...えーと、どうしろと?

 ちなみにゲーム自体は至ってバカゲーです。成人向けでは無いので肝心な部分は巧妙に?隠されていますけど。それにしても、どうしろと?

 

2003/1/4

 更新再開したのは良いのですが、基本的にネタが有りません。取敢えず昨日公開した検証試験の5ページにて誤字修正と頂いた情報の追記を行ないましたので。

 

2003/1/3

 1日早いですが、今日から更新を再開します。今年の最初は昨年末に実施した検証試験5の公開です。はい、意図的に寝かせていました(笑)。

 それでは今年もよろしくお願いします。余りここが賑わうことの無いように願いつつ...

 

2002/12/30

 今日から来年 1/3 まで愚痴も基本的にお休みを頂きます。年末年始の思考が黒いのは我ながらどうか、と思いますので(笑)。ただ、あくまでも基本的にですので油断は禁物です(え?)。それでは良いお年をお迎えください。

 

2002/12/29

 昨日買った SYNERGY CLIPS を掃除の合間に視聴しました。買う前に思っていたよりは余程「使える」出来で、シングル6曲をまとめた恰好になっていますので満足度も結構高いです。惜しむらくは再生環境で、拙宅のオーディオ機器と匹敵できるほどに DVD-Video の音声を高品質に再生できるプレーヤを所有していませんので(と言いますか現実的な価格ではそうそう無いのではないかと自負していますが)どうしても音に没入できません。まぁ、それはあくまでも再生環境の問題で、ユーザ側が努力すればある程度は改善できます。そう言った努力を全て水泡に帰してくれるコピーコントロールよりは、はるかにマシです。

 

2002/12/28

 今年の仕事を収めた後、秋葉原へ。何故にアレげな紙袋を下げた方々が多いのかと思ったら、そー言えばそーゆー時期ですか。まぁ、行かれる方はお気を付けて。そして私はお買い物。

 SYNERGY CLIPS(MOVE)。ビデオクリップ。DVD-Video。先日購入したベストに Romancing Train が収録されていなかったのでその補完です。確かこれのシングルはコピーコントロールされていなかったと思いましたが、ミュージッククリップにどんな収録のされ方をしているのか興味もありましたし。とは言え、\3.8k は高いですね。音楽ディスクの価格から勘案すると妥当な値付けをしているつもりなのかもしれませんが、同じフロアで映画の DVD-Video も売られているんですよ。コストパフォーマンスの差は歴然です。更に同じフロアで音楽ディスクのアルバムが \3k 前後で売られているんですよ。そりゃ普通二の足を踏むってモンです。これは別に秋葉原だからって訳ではなく、帰りに寄った地元の CD 屋でもフロアの 1/3 以上が既に DVD-Video です。店の面積は変わってませんから相対的に音楽ディスクに割かれる販売面積も減っています。それはすぐには影響が観えなくても後からジワジワと効いて来ているんじゃないですか? レーベル側は CD が売れないからコピーコントロールを〜って論調を展開していますが、本当の原因は何でしょうね? その辺の追求を敢えて無視しているのだとしたら、それは今まで CD をきちんと購入していたリスナーに失礼な行為ですよ。

 

 

2002/12 までの愚痴

2002/8 までの愚痴

2002/5 までの愚痴

2002/2 までの愚痴

2001/12 までの愚痴 

2001/10 までの愚痴

 

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ