前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・愚痴(適当に思い付きで更新・かなり本音スレスレです、多分に気分を害する恐れがあります)

 

2002/1/5

 今日から更新再開です。

 例のコピーできない CD 朝日報道についてなんか書こうとか思ってましたが、ちゆ12歳の人が私がブツブツ垂れるより余程ハイセンスにまとめてましたのでそっちに任せます。と言うかネタも論旨もこれだけ被ると書くこと有りませんわ。

 

2001/12/31

 2001/7/21 に誤爆報告ページ作ってっから早数ヶ月。当初意図していなかった方向へ流れてしまった感もありますが、このサイトも年を越すことになってしまいました。年の瀬も押し迫ったこの時期に国内の音楽 CD へのプロテクション導入検討とか記事も舞い込んで来ましたが、余りこのサイトが繁盛することのないようにメーカさんには更なる努力をお願いしつつ、来年もお付き合い下さい。

 

2001/12/30

 昨日の記事はラベル付けときましたんで、引用したい方は適当にどうぞ。その後もーちょい実験続けましたが、それはここの本題では無いので割愛。

 

2001/12/29

 つもりは無かったんですが、廉かったので「ベルせんせい〜」買って来ました。誤爆の結果はこっちにて。ま、相変わらず、と言うかむしろ悪化してます。

 さて、折角新しいリビジョンの SafeDisc2 物なので、どのくらい固いか実験してみました。たまにはこんな話題もアリでしょう。「中」に落とした SafeDisc2 の強度判定を再度上げねばならないかもしれませんし。

 オリジナルから CloneCD(3110)と SD-M1402(東芝)を用いてイメージ化。バッドセクタを計測すると 582。
 これを CDD4401(Philips)で書込み。書込んだメディアから4台のドライブで再イメージ化。バッドセクタを計測。
・SD-M1402(東芝)598(+16)
・SD-M1401(東芝)598(+16)
・GD3000(日立)591(+9)
・PX-32TS(PLEXTOR)588(+6)

 なる程、どうやらウィークセクタと呼ばれている領域の判定が、読込みドライブによってかなりシビアに行なわれるように変更が加えられているのでしょうか、従来対応と言われているドライブを用いても中々焼けないとの話は本当のようです。しかし、これは諸刃のような。従来ウチでは誤爆しなかったドライブでも誤爆するようになってしまっています。

 強度判定を戻すかどうかはもう少し様子を観てから決めたいと思います。それ以前に、この誤爆率の高さは如何ともし難い物が...

 

2001/12/28

 サポートはメールか電話で、と書いておいて、メールへの返答が遅れるのは頂けませんよ? > RUNE さん

 で、そのまま連休突入でしょうか?

 

2001/12/27

 年末年始の予定。

 在宅中はなるべく更新するようにしますが、少なくとも 2002/1/2 から帰省その他で 1/5 までは完全に更新が停止します。この間、サーバは動かしっぱなしにはしていますが、不慮の事故で停止しても復旧できません。予めご了承下さいませ。

 

2001/12/26

 そう遠くはない昔。

 3dfx と名乗るグラフィックチップベンダがありました。彼らは「Voodoo」「Voodoo2」と言うグラフィックチップとソリューションにて、ゲーム用 3D グラフィックの分野で栄華を誇っていました。

 しかし、彼らは「Voodoo3」と言うグラフィックチップをリリースする際にいくつかのミスを犯します。それはリリーススケジュール自体が若干遅れたこと、それまでの 3D 専用チップではなく 2D/3D 統合チップとしたことで他のグラフィックチップベンダと直接競合する関係になったこと、グラフィックカードベンダを買収して自社が直接搭載カードを販売する方針へ転換したことでそれまでの顧客だった他のカードベンダの支持を失ったこと、そして、当時のトレンドを必要ないと採用しなかったこと。

 直接ユーザへ関係する関係する部分は最後の「トレンド」の部分です。当時特に象徴的だったのは、「AGP を使用しているのにメインメモリをバッファとして使用しない」「3D 表示時に 32bitColor 表示が行えず 16bitColor 止まり」の2点でしょうか。

 これらの指摘に対し、3dfx は前者では「AGP を通じてメインメモリへアクセスしても非常に遅い、カード上のメモリを使った方が良いに決まっている」、後者には「実際のゲーム画面において、32bitColor と 16bitColor との間には劇的な品質向上がなく、コンシューマ用途には 16bitColor で充分である」と反論していたようです。

 彼らの主張には一理あります。しかしながら、その機能を使うか使わないかを判断するのはゲーム制作者であり、選ぶのは実際にプレーするユーザなのです。ライバルメーカがそれを実現し実際に使われ始めていた機能を実装しない(できない?)ことは競争力を失うことを意味しました。実際、3dfx のシェアは下がり始め、次期、次々期製品の投入の大幅な遅れと相まって、ライバルメーカへ吸収される結末を辿りました。

 さて。

 この事例を今に当てはめることはしませんけど、足元をすくわれないよう、注意は必要でしょう。

 

2001/12/25

 ユーザの方から報告頂いたんですが、脱衣雀2の DVD-ROM 版でもムービーはあんな出来らしいです。今時 32bit 色モードで正常に再現されないソフトってのも珍しいかと思った次第。そんな事考えてたらでチト昔話を思い出しました。が、これは明日のネタにします。何事も無ければ。

 あー、それはそれとして。まだ BadTrans.B が届くんですけど...セキュリティパッチを適用していない IE ユーザの方はチャッチャとやっちゃって下さい。

 

2001/12/24

 あー、3日続けて誤爆と無関係な同じソフトの話題も気が引けるんですが、脱衣雀2 CD-ROM 版。ムービーが妙に 256 色減色っぽいんですけど、DVD-ROM 版もこんな感じですか? それと、オリジナルに近いデザインのキャラは声変わり、野々村キャラなんかはデザインからして誰ですかこの人達状態なんですが。救いは麻雀部分が結構遊べる出来だと言うことでしょうか。チト(かなり)弱いですけど。CPU。

 

2001/12/23

 「ELF ALL STARS 脱衣雀2」の CD-ROM 版。インストールマニュアルは DVD-ROM 版との共通ではなく、各々独立しているんですね。少し気になったのは、まぁ麻雀できない人が麻雀ゲームを買わないとの判断かもしれませんが、ルールに関する印刷物が無いこと。麻雀をゲームで覚えるって人も...居ないんですか? 今時? < 麻雀悟空、今夜も朝までぱわふる麻雀 で覚えた私(前者はともかく後者は.../笑)

 オンラインマニュアルや初心者救済処置は用意されていますけどね。

 

2001/12/22

 あー、昨日こんなこと書いてましたが、早速 RUNE さんがやってくれまして、タイムリーと言いますか何と言いますか...

 そんなこんなで今日のお買い物。「ELF ALL STARE 脱衣雀2」CD-ROM 版。今年はコレで打ち止めでしょうか。何故に CD-ROM 版か言いますと、前作が前作だけに先行の DVD-ROM を様子見したこと、ウチの環境では DVD-ROM ドライブより CD-ROM ドライブの方が高性能なこと(静寂性とリード速度を兼ね備えたマルチビーム)等。ディスク枚数のみでその他の仕様に差が無いなら CD-ROM 版を選ぶ人です、私。

 そう言えば、今週発売分からの SafeDisc2 が少し変わっているみたいですね。廉かった(\3,980)ので検証用に「ベルせんせい〜」とか買って来ようかとか一瞬思いましたが、歴代 RUNE さんのタイトルには思い入れが有りませんし、何より仕様変更はやはり容認できませんのでパスしました。ちょっと後悔中。

 

2001/12/21

 名指しはしませんが、ここ半年ほどで発売日過ぎてから大きな製品仕様の変更を告知したブランドが複数有ります。ゲームソフトの場合、マスタが上がった時点で判っているハズですが、何故告知が遅れるのか理解に苦しみます。発売日遅延や発売日の修正ファイル問題と共通することかもしれませんが、事前に告知していなかったマニュアル記載事項からの変更程度ならともかく、きちんと告知してあったウリの要素が欠落するような事態が頻発することは、業界全体にとってもマイナスでしょう。

 ユーザ側に責を帰すことは、やるべきことやってからやってくれ、との論調を私は否定しません。それ程までにユーザに甘えていると感じています。

 

2001/12/20

 DAEMON Tools がバージョンアップしてました。DVD へも対応したようですね。もっとも、このツール単体ではイメージを作れないので、取り立ててどうこうと言う訳ではありませんが。それよりも、WDM を使わなくても CD-DA を鳴らせるようになったことの方が多くの方には有意義でしょう。

 それにしても、本末転倒と言うか困ったことにと言うか、仮想CD化や CD-R への焼き直しと言う行為は、実は誤爆に対するユーザ側でできる自衛手段として非常に有効だと言うことなんですが。前者は SafeDisc2 で、後者はリング系で。

 

2001/12/19

 不具合の起こっているユーザさんへ個別対応を謳うメーカさんが有ります。それはそれで構わないんですが、結果的にサポートへの敷居が無駄に高くなることが気になります。不具合を被った全員がサポートを依頼はしません。サポートが来ないから、サポート件数が少ないから、と考えているようなら、それは大変危険です。

 

2001/12/18

 18禁メーカに住所を知られるのは嫌だ、とおっしゃるユーザさんも居ます。

 

2001/12/17

 密かに一度やってみたいこと。

 「使用許諾契約」に同意しません。処理をお願いします。

 某ゲームでヤル直前まで行きましたが、開封してしまったので序盤だけプレーして、中身もダメと判断してあっさり中古行き。思い入れが無ければ見切りも早いですよ。同意できない場合を記載していなかった使用許諾契約が更にそれを後押し。契約として成立しませんもの。こーゆー頭の悪さは好みません。

 

2001/12/16

 大悪司交換品の C1C2 測定結果。交換前の結果はここら辺。


 Disk1。最後まで完走してます。当たり前ですが。


 Disk2。何故か交換前より微妙に悪化。問題の無いレベルではありますが。

 この測定、データ部よりも CD-DA の方が結果が悪くなりますね。回転制御の関係でしょうか? 市販の音楽 CD ではもっと悪い結果が出てます。

 

2001/12/15

 誤爆検証試験の、その2をアップしました。

 毎回思うのですが、私が個人で収集できるドライブで、何故にこうもあっさり不具合が出ますか。今回検証に使用したドライブは、IDE の DVD-ROM ドライブと CDD-4401、松下の SCSI ドライブ以外は全てリテール品です。Philips なんて CD-ROM のパテントホルダでしたし。もーちょっと何とかして下さい > プロテクトメーカ各位

 

2001/12/14

 昨日、大悪司の代替品がノンプロテクトだったとの話をしましたが、店頭分もセカンドロットから同じ物に置き換わっているようです。リングをチェックするしないに関らず読めないドライブが有るのは、数は少ないのでしょうけど、やはり致命的だと思います。

 

2001/12/13

 ディスク交換サポートを受けていた大悪司の代替品を本日受取りました。

 すいません、私の負けです。まさか本当にノンプロテクトのメディアが送付されて来るとは思っていませんでした。前回と違い、今回のサポート対応は満点を差し上げます。ちなみに ALICE-SOFT さんの場合、メディア交換は先に代替品を受取ってからオリジナルを返送する形です。これは、他社さんも見習って欲しい所です。

 

2001/12/12

 製品としてリリースされた物は、目の前にある実装された機能、性能が全てです。

 将来実装予定? 実装されるまでは絵に描いた餅であり、絵に描いた餅で今も未来も語ることはできません。

 

2001/12/11

 よく観るメーカ擁護の例。

 「他社よりマシです」

 ...わざわざレベルの低い所と比較して、一体何の意味がありますか。

 よく観る不具合報告のレス。

 「ウチでは動いています」

 動かないと書いている者に対して何ら解決策を提示しないコレだけのレスはノイズと同じです。

 

2001/12/10

 誤爆を経験したことのない方には、恐らくは理解できないものがあるんだろうなぁ、とは思います。曰くドライブがヘタれてる、環境が悪い、特異なケースだ云々。自分の環境に愛着があればあるほど、非常に不愉快な言葉です。

 なので私は自分の環境に不備が無いことを、できる範囲で全力を持って証明せねばなりません。それがここを維持している原動力です。

 

2001/12/9

 プロテクトを変更、或いは新規採用するメーカは、同種のプロテクトがどの様な不具合を起こしていたかのリサーチを行っていないんでしょうか? 最近の例では CROWD さんの「miss you」、CAGE さんの「幽冥−カクリヨ−」。何れも SafeDisc2 ですが、起動できない、と言った報告が既に複数在ります。SafeDisc2 が少なく無い誤爆を引き起こすことは既に周知の事実だと思ってましたが。何も対策を用意しないまま採用したのですか?

 誤爆率が少ないと言われる後期型リングも然り。数こそ少ないのでしょうけど、重度の障害には対応不能(再プレスを要する為)、インストール時のコピーミス等に代表される軽度?の障害は比較的多く報告されています。誘爆問題は未解決のままですし。

 

2001/12/8

 昨日の記事はもう一日晒しておきます(笑)。

 さて、語呂とネタのブレンドで名乗っている「凧おるぐ」ですが、ネタの方が終わっても当面このままでしょうかね。ええ、閉めるつもり無いですよ。一度出したものを安易に引っ込めるのは好きではありません。訂正はしますけど。

 音追加。

 大悪司 Disk1(後期型リング)を PX-32TS(PLEXTOR)に挿入した時にリードエラーで落ちる音です。30秒辺りで「カツン」と言う音と共に WindowsMe が青画面に落ちます。 < 音関連は「正しく無いドライブの音」ページに集約しました。

 

2001/12/7

 メール送信フォームを用意してみました。

 直接プロテクト云々とは関係ないんですが、ソフ倫さんが販売店に対して無審査商品の販売自粛を要請した、なんて記事が有りますね。恐らくは同人系作品を指しているのだろうとは思いますが、それにしてもこの要請はちょっとスレスレです。いろんな意味で。場合によってはNG出そうなくらいに。

 

2001/12/6

 安易にプロテクト採用してませんか?
 トラブル出ても、ウチのせいじゃない、とか思ってませんか?
 だって仕方ないし、とかヌルいこと考えてませんか?

 自分達が何を創っているのか、何を売っているのか、見失わないで下さいね。

 

2001/12/5

 UMDoctorPro ネタはソコソコ好評だったようです。もっとも、CD-R 用の測定ツールで通常の CD-ROM を測定する意味は、ツール自体の精度も含めて有効なものなのかは、さて、どうでしょう? (笑)

 次は代替ディスクが届いた時ですね。来週。さて、変化は観られるでしょうか? それ以前にトライアル残り4回の誘惑に耐えられる? > 私

 バカ話。「人事システム」を「人妻システム」と読んでしまう罠。

 

2001/12/4

 画像ファイルが増えて非常に重くなっていた gobaku.htm をタイトル毎に分割しました。見通しは悪くなりましたが軽くなったと思います。ファイルは消してませんので全部まとめて観たい方用のリンクもその内に用意します。

 UMDoctorPro と言うツールをご存じでしょうか? 本来は三洋さんが自社ドライブ用に CD-R の C1/C2 エラーを表示させる為のツールで、雑誌等で CD-R 特集を組む時の定番です。

 さて、その UMDoctorPro のトライアル版(流石にネタのために \50k は出せないです)を使って「Only you −リ・クルス−」「大悪司」各々の製品版メディアを測定してみました。結果は以下。


Only you −リ・クルス− Disc1


Only you −リ・クルス− Disc2


大悪司 Disk1


大悪司 Disk2

 時間軸が異なることに注意して下さい。リ・クルスは28分過ぎに、大悪司は3分過ぎにリングの無信号部分で C2 エラーを検出し先へ進むことができませんでした。後期型リングは確かに論理フォーマット上は ISO に準拠しているのでしょう。しかしながら物理的にはご覧の通りです。そう言うプロテクトなので当然と言えば当然なんですが、ドライブによって悪影響を与えないと言い切る自信は私には持てません。実際トラブってますし、コピーとは関係ないこんな測定する時もピックアップ壊す勢いでアクセス繰り返していましたしね...

 C1 エラーは許容値以下なので気にする必要はありません。プレス品質が取沙汰されている 大悪司 Disk2 も、少なくとも私所有のものは C1/C2 エラーに関しては通常の音楽 CD より劣るものではありませんでした。

 

2001/12/3

 そのつもりは無かったのですが、メディアを交換するとの申し出を受けましたので応じることにしました > 大悪司

 到着は来週になりますので、その際はまた検証してみます。あ、誤解無きよう予め書いておきますが、新品で購入してますので。一応。結果的には、ですが。

 

2001/12/2

 大悪司の結果を gobaku.htm の方へ記載しました。SCSI デバイスとリングの相性は良くないのでしょうか? 今回は PLEXTOR さんと TEAC さんの SCSI ドライブで少々大変でした。PLEXTOR さんでも CD-RW ドライブだと大丈夫だったり、ファームに左右されるのかもしれませんが...

 

2001/12/1

 大悪司、動作検証中です。取敢えず Disc1 の方はほぼ終わりました。ディスク挿入、インスト、起動確認、削除、を、11台のドライブで試しました。速報としては、PX-32TX(PLEXTOR)が完全に NG、条件付きで CD-R50S(TEAC)もインストでコケます(条件:他の SCSI デバイスが存在する)。なんなんですかね? この二つのドライブ、Only you リ・クルス は同じ条件で通ります。ええ、改めて確認しましたから。深いですね。

 

2001/11/30

 GD3000(日立)の同一ドライブで誘爆する音を追加しました。認識できないレベルまでの発生頻度は低めなこともあり、6回ほどの再起動を要しました。迫力は...どうでしょう? 取敢えずボリュームを大きめにしてみましたけど。迫力の意味違いますか。

 

2001/11/29

 「当メールはスパムではありません」...スパムはみんなそーゆーんだ。

 大体スパムか否かは受信者側が判断することで、発信者が言うことではありません。同じことは著作物の価値にも言えるんですけどね。著作者が「これは素晴らしい、**の価値がある」と力説しても、受取手がそう思わなかったら終わりです。あれ? この文章、何となく既視感が...

 

2001/11/28

 音。いきなりシチュエーションに困ってます。と言いますか、ウチで誤爆が発生するのはほぼこの3パターンで、後は誘爆時のドライブ変更くらいですか。TEAC のノート用 CD-ROM ドライブとか SONY の DVD-ROM ドライブが良い音(?)を出してくれます。

 ただ、迫力不足とも言われましたんで、さて、どうしましょうか(笑)。

 

2001/11/27

 リングに続いて、今度は SafeDisc2 の読込みで Windows がフリーズする時のドライブの音を拾ってみました。SafeDisc2 の状況は、メディア挿入済みで画面上の「ゲームプレイ」ボタンを押した所からです。ドライブは CDRW-S4432(MELCO)。途中スピンダウンしてから再び若干回転が戻った時は既に Windows がフリーズしています。リセットボタンしか受付けない状態です。再現性は100パーセント。

 追加。誘爆パターン。SD-M1402(東芝)で後期型リング読ませた後に GD3000(日立)へ前期型リングを挿入した時の動作音です。トレイが閉まる音がしてから30秒くらい無音が続きますが、後期型リング読ませた後は Autorun の認識が極端に遅くなります。その後、非常に嫌なシーク音を発しながら起動途中に応答が無くなります。マウスカーソルは動きますが、それ以外の操作は(CTRL+ALT+DEL すら)全く受付けません。リセットボタンへGoです。再現性は、音だけなら100パーセント、パソコン停止まで追い込まれるのは20パーセント以下です。尚、最初に後期型リングを読ませるドライブを CDD-4401(Philips)にするとパソコン停止までの再現性は100パーセントです。

 そんな訳で暫く残すことにしました。

後期型リングを認識しないドライブの音(MP3 77KB)
SafeDisc2 読みでフリーズするときの音(MP3 162KB)
後期型 => 前期型リングで誘爆する音(MP3 155KB)

 

2001/11/26

 プロテクト CD-ROM 読む時の、イヤらしいドライブの音ってのもコンテンツとして面白いかも? と、今思い立ちました。ここ2〜3年のドライブで明確なの録ってみましょうか。時間見付けて。もっとも、音関係なく静かに死ぬヤツも居ますが。

 

2001/11/25

 ヘッドホン等を使わないと聞き取り難いと思いますが、CDD-4401 が後期型リングのメディアを認識する時の音を録音してみました。
認識音(MP3 77KB)

 録音時は7回ほどのリトライ音の後認識していますが、マウントできない時は諦めるまでリトライか、この後数回で諦めるかの何れかです。リングの施されたメディア以外でこの様な動作をすることは、少なくとも私の手持ちの範囲ではありません。マウントできてさえしまえば、後は特に問題なく動きます。が、次に前期型リングのタイトルを入れると問答無用で誘爆 => リセットボタンと言うコンボを食らいます。結局一度起動したら再起動、と無駄な作業を強いられ、正直やってられません。

2001/11/25追記:余りにノイズまみれでしたので認識音を差し替え。不認識のパターンです。如何にもドライブに悪そうな音です(苦)。

 

2001/11/24

 同じメーカでもタイトルによってプロテクトを採用したりしなかったり、特にここ最近は安定していない印象です。私の様に、動かないドライブを所有している者からはその辺の情報も「事前に」公開して欲しい所なんですけどね。対応不能と言ってしまうメーカが少なく無いことからも特に。

 ...対応不能と言ってしまうメーカほど公開したがらないのかもしれませんが。

 

2001/11/23

 アリス イン ナイトメア の時差自爆についての、今までの経緯を gobaku.htm の方へまとめておきました。恐らくは SafeDisc2 を採用した最初のタイトルですが、今では常識化している誤爆対応パッチを今の時点でも用意していなかったなど、EA スクウェアさんの対応は最下級のものでした。その上誤爆そのものを認めていません。

 誤爆を認めないと言う傾向はリングを採用した一部メーカにも観られるようです。昨日も書きましたが、リングの場合はトラブルが起こるとソフト側での対応がほぼ不可能です。故に実質的に対応不能へ陥ってしまうのが原因の一つとしてあるのでしょう。これは、ED-コントライブ さんがリングプロテックをこれに「起因する動作不良がない」として売り込んだことも関係が無いとは思いません。論理的には ISO 準拠かもしれませんが、物理的には紛れもないキズ入りディスクです。世に出回っている CD-ROM ドライブの全てが行儀の良いものばかりではありません。もしドライブや環境が悪いと言うのなら、予めそれを明示することも必要でしょう。ユーザ側にリスクが有る以上、それをリカバーできる体制が必要ですし、できなければやってはいけません。責任とはそう言う物だと思います。

 

2001/11/22

 ユーザ側で行える誤爆対策。

SafeDisc2:
1.メーカから対策ファイルを提供して貰う
2.NoCD パッチなどのクラックファイルに頼る
3.自力でクラックする
4.DAEMON TOOLS 等の対応仮想 CD ソフトを利用する
5.動くドライブを買う

後期型リング:
1.メーカからリングの無いディスクの提供を受ける
2.CloneCD 等で CD-R へ焼き直す
3.DAEMON TOOLS 等の対応仮想 CD ソフトを利用する
4.動くドライブを買う

 SafeDisc2 の1は、誤爆を認めないメーカもあって難儀します。2、3は法に触れる可能性が高いです。

 後期型リングの1は、リングで発生する不具合はリングが存在することに自体に起因している為、ソフト側での対応が不可能です。ただ、前期型と異なり誤爆率が下がった結果、実際に1の対応をした所を私は知りません。2は本末転倒ですね。

 何れにしても誤爆を認めない、或いは(特にリングの採用メーカに観られる)対応不能と言った対応は、商品に対する責任放棄と言う意味で重罪です。

 

2001/11/21

 あー、今日は遊んでいるのでパスです(笑)。

 

2001/11/20

 SafeDisc2 の強度を「高」から「中」へ下げました。

 強度の基準ですが、汎用のツールだけで突破できる、或いはクラックが非常に容易な物を「低」、それに別の要素が必要な物を「中」、その上で更にスキルが必要な物を「高」と分類しています。

 話は変わって。

 不具合発生の際、ソフト側とハード側のどちらが対応するのか? は、非がどちら側に有るのかは勿論ですが、結局最後は力関係に影響されます。最近の例では「STAR WARS EPISODE1 THE PHANTOM MENACE」。一部の DVD プレーヤでメニュー操作時にエラーが発生すると言うことで、ハードメーカ側が改修を実施するようです。PHANTOM MENACE 側のオーサリングにミスが無く、ハード側のインプリメントにミスが有った為とのことですが、同じことを「Phantom of Inferno」が求めてもやってくれないんでしょうね。ファントムを冠しているのは同じなのに(笑)。

 

2001/11/19

 WindowsXP(2000)は安定している、との記事をパソコン関連メディアでよく目にします。確かに、Win9x 系に比べれば堅牢だとは思います。が、NT3.51 を知っている世代から言わせて頂くと、グラフィックドライバをカーネルモードへ移した弊害を未だに払拭できていない印象の方が強いです。確かに NT4.0 以降劇的に速度は上がりましたけど、堅牢性と言う一点では後退しています。コンシューマOSとしてはそれでも良いのでしょうけど、サーバOSとしては少々。もっとも、当時の NT3.51 と今の 2000 どっちが安定してる? と問われると難しい所ですが。

 行間に何か仕込むつもりで、余りに遠過ぎて断念の図。

 横流しは是が否か?

 言葉の印象が悪いので「横流し」には負のイメージが付いていますが、実は横流し自体は犯罪でも何でもありません。むしろ、それを制限することの方が犯罪に問われます。適正な取引きであれば、ですが。人に突っ込む時はコレくらいは調べてから突っ込んで頂きたいと思う所存。

 と、これはストレート過ぎる例。

 取敢えず、闇雲に文章垂れ流してる訳ではないのですよー、と主張したくて失敗してるパターンです。

 

2001/11/18

 私のパソコン部屋から 9821 系が消えました。サーバ部屋に移動しただけですが。18禁モノで言えば、鬼畜王まで 9821Xp で粘り、その直後、流石に限界を感じ 9821Xv20 購入。ゲーム環境は AT 機へ移したものの、つい二週間ほど前までメイン機として頑張ってました。この Xv20 と、Windows95 に移行するまでメインを張っていた PC-486GR(EPSON)には特に愛着が有ります。ちなみに、98 系最初のマシンは 9801UV21。

 さて、そんな私が環境を移行する上で最大の障害になっていたのがキーボード。106 キーの配列にどうしても馴染むことができません。現在はキーボード変換と言う打開策(Object さんの 98toAT@職場 や まごの手本舗さんの GKA-98AT@自宅)で凌いでます。今のところ結構良い感じです。

 それよりも問題はメーカ製マシンを標榜できる環境が常用では無くなってしまったことでしょうか。いや、こんなサイト運営して無かったら全然気にする必要もないんですが(笑)。検証用にメーカ製マシンも用意せねばダメやろか? とか考えてる時点で、ナンと言うか、やはり毒皿ですか?

 

2001/11/17

 軽く自己分析。

1.例えばオフィシャル BBS で私が書き込みする場合、読まれる対象はメーカ側の人間を想定していてその他の参加者をほぼ無視しているのが問題なのだろうと自覚はしています。その後その他の参加者向けにフォローに回ってドツボにはまるパターンがここ最近。
2.基本的に、私の主観で「頭が悪い」と感じる対応や処置、技術的には明らかに無駄と思える対策などを非常に嫌う性格です。最小の手間で最大の効果、その上でリスクゼロを理想。

 2はしょうが無いです。仕事柄(設計屋)、一度売ったら最低10年は保障せねばならない製品作ってる上に、ミスったら最悪人死にがでてしまう業界に居ます。他業界にそこまでの意識は求めてはいませんが、それでも設定しているハードルは高めでしょうね。

 1は...直すつもりはなかったんですが、私の期待するほど(以下波風立ち過ぎるので略)。ま、ボチボチ。

 

2001/11/16

 焼きマニアな方々に取っては、昨日は WindowsXP 祭り以上のお祭り状態だったみたいですね。いや、WindowsXP 祭りが寒かったのは割引いても。

 FD 時代でイタチごっこに懲りてる世代から観れば、当然の帰結って気もしますが...

 

2001/11/15

 戦いはまだ終わっていません(笑)。

 そー言えば。CloneCD がアップデートしてましたね。どうやら SafeDisc2 が陥落した模様です。ATIP チェックも DAEMON Tools に続き CloneCD でも対応されたとのこと。FD 時代から連綿と続くイタチごっこ...結局バカを見るのは「やっぱり」正直者だけですか?

 

2001/11/14

 PM5:05。

 エレクトロニック・アーツ・スクウェアさんのサポートに TEL しました。

 「エレクトロニック・アーツ・スクウェアカスタマーサポートでございます。受付時間を変更しました。月曜から金曜までの午前10時から午後6時までです。営業時間内におかけ直し頂くか...」

 時計を確認。

 PM5:07。

 確認の為もう一度 TEL。

 「エレクトロニック・アーツ・スクウェアカスタマーサポートでございます。受付時間を変更しました。月曜から金曜までの午前10時から午後6時までです。営業時間内におかけ直し頂くか...」

 一体どこのタイムゾーン使ってますか?

 PM5.25。

 更にもう一度 TEL。

 「ただいま回船が混みあっております。おかけ直し頂くかこのまま暫くお待ち下さい。」

 お、つながった。待つこと7分。担当者出現。

 長いので割愛しますが、メーカの方でも CDRW-S4432(MELCO)で動作しないのは確認済み。対策は...無し? え? いや、担当者はやたらすみませんを連発してましたが、パッチ等もリリース予定は無いそうです。いくらなんでもそれはあんまりじゃ? 売りっぱなし? といじめても答えは変わりませんでした(笑)。ドライブメーカに文句垂れれば良いのか? とも聞いてみましたが、いやー、と歯切れが悪く。プロテクトが原因? と問い詰めましたがこれは最後まで認めませんでしたね。ウソつき(笑)。何故ウソつきかは「お察し下さい」

 詳細は近日中に「プロテクト誤爆の実際」へ記載します。尚、他のソフトで動くか動かないかは事前にお問合わせ下さいとか無茶言ってました。

 

2001/11/13

 LaserLock の調査が不十分だったので調べてみました。ついでに、他のプロテクト情報も間違いや確定情報等修正。

 少し前からプロテクトの種類に応じて色分けしてタイトルを表示してるんですが、ナンと言うか、我ながらもうチットばかしセンスってヤツをだな、と重々判ってるんで突っ込まんといてください。いや、是非。

 

2001/11/12

 DAEMON Tools を導入してみました。意外に思われるかもしれませんが、今までメイン機やゲーム機に入れたことはありませんでした。テスト機にホントにテストで短時間入れた程度。原因は幾つか。ゲーム機で使ってる CD-ROM ドライブが KENWOOD のマルチビームであり、仮想CDを使う必要がなかったこと(充分に速く静かでしたから)、音源カードに最近まで MonsterSoundMX300(DiamondMultimedia)を使用しており、チップの製造元(Aureal)が無くなったことで WDM がリリースされなかったこと、基本的に余計な常駐物は入れたく無かったことなど。

 今回音源カードが YMF744 モノに換わっており、更に Win98SE 化したことで心置きなく WDM が使える環境になったことが大きいですね。それに誤爆言うてる本人が仮想CD使わないで文句垂れても説得力に欠けるよなー、と言う後ろ向きな理由もあります(笑)。

 さて、コレが原因で誤爆ることはあるでしょうか?

 

2001/11/11

 徒然に。

 リングプロテック。誤爆率そのものは低いのだろうと思います。その割には意外に多くの誤爆、或いはそれに類する報告が上がっています。プロテクトの実装に関る部分だったり、単にキーディスクチェックが間抜けだったり、或いはハードウェアに絡む部分だったり。最後のハードに絡む部分が曲者で、リング自体がハード的なプロテクトである為に一旦障害が発生すると手の施しようがありません。メディアをマウントできない、インストール中にフリーズする、起動途中にフリーズする等。まだまだ成熟には時間がかかりそうです。あと、何度も書いてますがプロテクトとして機能しない程の脆さは、こうまでしないと誤爆を防げないのかと、存在意義を(小一時間ほど?)問い詰めたくなります。追っかけられる方は一度追っかけてみて下さい。多分頭を抱えると思います。

 SafeDisc2。リリース当初はその固さで注目を集めましたが、対応ドライブの発覚、仮想CDソフト側での対策、誤爆率の高さ(5パーセント行ってるんじゃ?)と、当初思われたほどの効果を上げていない印象が有ります。結局買ったユーザのリスクだけが増えてるよーな?

 要は、ユーザに目に見えるメリットを提示できない時点で、実際に誤爆してるユーザを納得させることはできないんですよ。

 あー、無目的に書き始めるとオチなくて困ります。そーゆー時は書き手の調子が乗らないんだと言うことで一つ。

 

2001/11/10

 パソコンゲームの楽しみ方。

 人それぞれでしょうけど、私の場合はゲーム内外に限らず少し違う「遊び方」をするのもパソコンゲームならではの遊び方だと思っています。古い話だと、ALICE-SOFT さんの DALK で表のラスボスとの戦闘時、足の速いキャラでラスボスに隣接して戦闘中にクリア後に表示されるとんちんかんな会話を表示させてメーカ側に呆れられたり、或いはシナリオファイルを改変して今イチ納得の行かないCGの表示順番を変更してみたり。近い所では Windows 版ビ・ヨンドの「レン」の曲を DOS 版のそれと差し替えてみたり。

余談:Windows 版ビ・ヨンドのOPとED(特に曲関係)は明らかに改悪だと思ってます。OP(レン)=>ED(BE-YOND)の流れは外しては行けません。やり直しを要求します...余り売れなかったみたいですから無理でしょうけど...

 さて。そう言った楽しみを奪ってしまったら、パソコンでゲームするメリットって一体何? と思ってます。賛同者を求めたい所ですが、流石に Oldtype でしょうかね? (笑) 

 

2001/11/9

 今日はエレクトロニック・アーツ・スクウェアさんに TEL で問合わせるつもりでしたが、サポートの TEL 番号控えてくのを忘れてしまいました。それでなくても勤め人には非常に辛い時間にしか受付けてませんので大変です。一応部下も居る身なので余り無茶?もできませんし。自宅には FAX も有りませんしね。Web が不備だとサポートの敷居が高くて。使えないフォーム置くくらいなら素直にメールアドレス晒して下さい。マジで。

 愚痴のファイルがいい加減太って来ましたので分割しました。

 

2001/11/8

 アリス イン ナイトメアが CDRW-S4432(MELCO)で起動時にフリーズする件。

 まずは MELCO さんに TEL。午前中お仕事抜け出して15分リダイアルするも繋がらず。終業後速攻で帰宅して TEL。接続。結果。
・特に事例としては上がって無い
・各種設定を変えて試して下さいしかアドバイスできない
・他の CD-ROM が正常に読めている以上故障では無い

 とのことで、MELCO さんではサポートできないとのこと。

 次にエレクトロニック・アーツ・スクウェアさん。昨日ダメだったオンラインユーザ登録。相変わらずエラー。諦めてサポートフォームから問合わせの送信...エラー。ダメダメですか? 全て記入して最後にエラー出るからタチ悪いです。ここも TEL するしか無いようですね。

 ところで。サポートにレシートとか書いてあるんですけど。数ヶ月前に買ったゲームのレシートが残ってる訳が有りません。時間差発症の恐怖を身をもって実証することになろうとは...

 

2001/11/7

 企画が倒れる時の一例。

 実は、少し前に各ドライブメーカへアンケート形式でプロテクトへの対応を問い合わせてみようと企画したことがありまして、実際に各社のサイトで問合わせ先のチェックとかしていたんですが...

 ところがですね、窓口が TEL や FAX のみと言うメーカがありまして。チト、趣味? の片手間にできるよーな作業量ではなく、敢えなく断念。

 さて。

 先日新品で購入して来た CDRW-S4432(MELCO)リテールですが、どうやら個体差ではなく仕様として SafeDisc2 のチェックが通らない模様です。私以外にも同様の事例が検索できましたので。ではサポートに聞いてみようと思ったら...TEL のみですか? 窓口 > MELCO

 まぁ、取敢えず アリス イン ナイトメア は正規ディスクでも確実にフリーズするので、エレクトロニック・アーツ・スクウェアさんトコのサイト行って、まずはユーザ登録...エラー。FAQ から個別製品へのリンク...404。

 ヤル気無いんですか? > メーカ

 

2001/11/6

 消費者契約法ってご存じでしょうか? 2001/4 から施行されている消費者保護を主眼とした法律です。真面目な話、メーカさんもユーザさんも一度目を通して置いた方が良いでしょう。

 

2001/11/5

 先日、Philipus ドライブを採用した CDRW-S4432(MELCO) リテール品を断腸の思いで買って来たネタ書きましたが、一通りテストしてみました。その結果、このドライブでは前期、後期ともリングは明確には誤爆しません。ただ、一度リングを読ませると他のドライブの挙動が怪しくなる現象は発生します。Autorun が異様に遅くなったりイジェクトに異様に時間を要するようになったり。もっとも、これらの現象は他のドライブでも発症するので Philipus ドライブだけの問題ではありませんが。

 恐らくは MELCO さんの SCSI => ATAPI 変換アダプタを通すことで ATAPI 版 Philipus ドライブで起こっていたリングチェックルーチンとの不整合が解消されているのでは無いかと思われます。まぁ、OnlyYou−リ・クルス−の不認識はそれを持ってしてもどうにもならないみたいですが...

 さて、では他に問題が無いのかと言いますと...SafeDisc2 のチェックで死にます。ええ、それはもう豪快に。WindowsMe で検証しましたが、アリス・イン・ナイトメア を起動させるとチェック中にOSごと完全にフリーズします。WinMe 起動直後に5回ほど試しましたが、再現率100パーセント。リセットスイッチしか脱出手段が有りません。スクリーンショットも撮れません。なかなか一筋縄では行きません。奥が深いですね。

 

2001/11/4

 さて、昨日の「よくできました。」ですが。ビデオドライバとの食い合わせについては、とにかく一旦起動してフルスクリーンモードを解除すればモードを変更しない限り大丈夫な様子です。それより気になったのは起動条件。

 このソフト、CD-ROM 2枚組で別にプロテクトとかはかかって無いんですがどのインストールオプションを選んでも起動時に Disc1 を要求されます。一方、「標準インストール」時のインストール内容は Disc2 以外の内容全てです。どう言うことか? つまり、標準インスト時には起動時に必ず Disc1 を入れた直後 Disc2 と入替えねばならないのです。

 正直に書いていいですか?

 頭悪過ぎます。

 さて、CD-ROM 2枚分フルインストしても結局 CD-ROM を要求されるので、ユーザが快適に遊ぼうと思ったら自然「仮想CDソフト」に頼ることになります。一部のプロテクトが仮想CDデバイスを意図的に排斥していますが、システムの使い勝手の劣悪さを改善しようとするユーザ側の努力まで無にするつもりですか? と小一時間ほど問い詰めてみたいんですが。客を大事にしない業界はその内痛いしっぺ返しを食らうのでは? と期待(おい)してみたり。

 

2001/11/3

 ゲームの購入。「よくできました。」(Triangle)。

 別件で秋葉原行ったんですが、小物ばかりの購入で「折角だから」といくつか物色してコレに。油断してました(笑)。Triangle さんトコのタイトル買うのは久々です。以前、All-in-Wonder128 使ってたときに ATi ドライバとの整合性で全てのタイトルがアクセラレータのレベル下げて再起動を必要とされた(当然終わったらまた設定戻して再起動)のに耐え兼ねて暫く遠ざかってました。で、今また VGA が ATi RADEON になってる訳ですが、さて、問題は解消されているのでしょうか、少々楽しみです。

余談:現状、ビデオカードは nVIDIA か ATi しか事実上の選択肢が無いんですよね。3D やらないんだったら Matrox でも構いませんが。ただ、不具合がドライバの不備に起因するものだったとしても、ドライバの改修をベンダに依頼するとか、或いは回避するようにシステムを組むとか、「現実」に合わせる柔軟性が感じられなかったのが Triangle さんのタイトルから遠ざかった理由です。最近それを感じたのは Phantom の DVD-Video Game 版。結果的にパイの一番大きな部分を捨てているみたいで勿体ない言いますか。

 ここまで書いて「よくできました。」のインストール終了。さて起動...起動...全っ然起動しないんですけど(苦)。直って無い...

 

2001/11/2

 先程まで突発メンテしてました。落ちていた時間中にアクセスされた方は申し訳ありませんでした。サーバのバックアップ HDD が BIOS から観えない状態になってまして、急遽別ドライブでバックアップ取り直してました。結果 Win2k 用誤爆検証機がバラされています。ネタができるまでには復活させておきましょう。

 ついでに。今日から過去の愚痴更新は更新に含めないことにします。基本的に日刊ですし。

 

2001/11/1

 未必の故意。起こるであろう事態を予測できたにも関らず何ら対策を取ることなく放置された結果引き起こされた事象は過失ではありません。

 バカ話。似て非なるもの。

 先行モニター販売 と 先行者モニター販売
 美人少女マンガ家 と 美少女マンガ家

 

2001/10/31

 毒を食らわば皿まで、と言ったことわざ(故事?)が有りますが。



 新アイテム追加です。CDRW-S4432(MELCO)。新品ですとも。ソフマップワランティで5年保証まで付けて来ました(笑)。これで「バルクだから」との言い訳は通じませんので。ええ、Philipus ドライブ採用品です。

 ちなみに。店頭で見掛けて手に取ったまま私のポリシーをねじ伏せるまで吐き気を催すくらい悩んだのは本当です。コレ買うくらいなら後数千円プラスでプレクの24倍買えますしね。

 

2001/10 までの愚痴

 

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ