前のページに戻るにはブラウザの「戻る」ボタンを使用して下さい。

・プロテクト誤爆の実際 (2002/11/6 作成)

 

 BALDR FORCE(戯画)
 アクションゲームです。ねこのサバイバルモードは楽しゅうございました。ネットワークに対応して対人戦ができたら、かなり熱くなれるのではないかと思うシステムです。尚、戯画さんとしては恐らく初めて SafeDisc2.8 を採用しています。

 

 パッケージのシュリンク(の外側)に貼ってあったシール。採用したプロテクトの種類、及びそれよってユーザの被る制限、予想される不具合は記載して然るべきでは? と思います。

 

 インストール完了後、Disc1 の Autorun で表示されるメニューの起動ボタンを押しても Disc2 を入れて下さい的なメッセージと共に起動を中止してしまい、そのクセ Disc2 には Autorun を仕込んでおらず、思わず頭を抱え込んでしまうような間抜けなシステムに苦笑しながら Disc2 を CDRW-S4432(MELCO)へ挿入し、Windows のスタートメニューから BALDR FORCE の起動を試みます。

 

 この画面のまま。延々と。試しに30分ほど放置してみましたが、変化ありません。マウスカーソルは動きますし、上記の通り画面キャプチャも可能です。が、CDRW-S4432 のアクセスランプは点灯しっぱなしで、且つイジェクトボタンを押してもディスクの取出しができません。そして上記のキャプチャした画像を保存しているときにパソコンがフリーズしました。念のためもう一度確認してみましたが、同じ現象が再現します。又、Windows を正常に終了させることも不可能になります => 電源強制断

 

 さて、SafeDisc もバージョンが 2.8 まで上がり、強度も大分強化されているようです。しかし、相も変わらず誤爆の報告は聞かれますし、実際に拙宅でも発生します。現時点(2002/11/6)で戯画さんは対応方法を明らかにしていません。私自身は今回サポートを受けるつもりはありませんが、今更誤爆が無いと信じて採用したとも思えませんので強い遺憾の意を表明しておきます。

 

2002/11/7 追記--------

 現象の報告としてこのページの URL を戯画さんのサポートへ連絡していたのですが、早速丁寧な返信を頂きました。

 現在のサポートの状況としては、マクロビジョンへ SafeDisc の不具合と思われる現象に対して起動用コード等を発行するよう手続きを行なっており、又 Q&A に記載するよう準備を進めている旨書かれていました。

 戯画さんが今後如何されるかはまだ判りませんが、きちんと購入しているユーザが迷惑や不便を被らないよう考えて頂きたいと希望します。

2002/11/9 追記--------

 私としては「サポート不要」と連絡したことでひと区切り付けたつもりだったんですが、今日になって戯画さんからマクロビジョンでの解析のためにシステム情報を送って欲しい旨記載されたメールが届きまして、まぁ、検証機の情報は下で公開している通りですし構わないっちゃぁ構わないんですが、どーしようか逡巡しながらコレを書いてます(笑)。

 それだけではナンなので追試を一件行ないました。かなりイリーガルな(ココ判る方だけ笑って下さい)ドライブを組んでみました。

 

 はい、IO DATA さんの SCSI-IDE 変換箱に HP9100+(HP)を組合せた状態です。インストールが正常に行なえるのを確認後、Disc2 を挿入、スタートメニューから起動を試みます。

 

 このダイアログを表示して起動することができませんでした。一般に SafeDisc2.x が誤爆する際は、こう言った *.TMP エラーの表示を行なうか Disc が見付からない旨のダイアログを表示し、CDRW-S4432 のように Windows がフリーズしたり正常な終了ができなくなるほど重症な例は少ないのでは無いかと思われます。だからと言って許される不具合ではありませんけどね。戯画さんの場合も公式なアナウンスはまだ「お待ち下さい」しかありませんし、発売から一週間経過して対応の遅さを指摘されても仕方がないかと思われます。

2002/11/11 追記--------

 まずは謝罪から。戯画さん、すみません。

 上の方でサポートを受けるつもりは無いと書いてますが、実はフリーダイヤルの方で問合わせと対応のお願いをしていました。凧名義では通常のサポートの反応が得られないのではないか? との考えからですが、対応が長引くに従いマクロビジョンとの交渉等で必要以上の負荷をサポートの方にかけているのではないかと思い至り、例えレポートが目的としてもこれは行き過ぎだと判断しました。私の軽率さに対する反省の意を含めここで謝罪します。

 ただ、発生する現象は上記の通りであり、又、サポートの方から頂いている情報とオフィシャルで公開されている情報とに大きな隔たりが有るのも事実です。対応が遅いと感じるのも正直なところですので、経過は引き続きここで報告したいと思います。

2002/11/18 追記--------

 先日、Ver1.03 への修正ファイル発表と合わせて誤爆対応の方法もオフィシャルサイトの FAQ へ記載されました。尚、1.03 へアップデートすることでディスクチェックで弾かれていた一部の環境で改善が有ったようです。ウチの場合は変化無し、相変わらず上記ドライブでは起動できない状態です。

 メールで確認したサポート方法は、住所氏名と症状、環境をメールすれば対応したディスクを送付する、と言ったものですが、どのような内容のディスクが届くのかの問合わせに対してのお返事をまだ頂けていません。

2002/11/19 追記--------

 本日メールのお返事を頂きました。結果、送付されるディスクにはユーザの個人情報を埋め込んだキーファイルが収録されるとのことです。RUNE さんの対応と同じですね。ただ、私自身はそー言った情報の扱われ方を大変好みませんので、結局ディスクの送付はお断りしてしまいました。

 どうやら最近のマクロビジョンとの契約ではそのような対応にならざるを得ないようです。従来、私が自分で購入した SafeDisc2.x のタイトルについては、上記の通り確実に誤爆するドライブを所有していることもあり、購入しても対応されるならまだ良い的な(対応を放棄する悪質なメーカも実際に存在しますし)考えでいましたが、それも改めなければならないようです。

2002/11/25 追記--------

 何故に私が目的外の情報の使用を嫌うのか、そー言えば一度も書いていませんでしたのでココで。

 その昔、天九牌(スタジオパンサー:当時。現パンサーソフトウェア)を購入してユーザ登録を行なっていたところ、新ブランド D.O. さんの立上げに伴う「帰り道は危険がいっぱい」のダイレクトメールを頂きました。封書ではなく葉書(つまり丸見え)で、広崎氏の魅力的なキャラの描かれたものでした。でもね、当時の私は会社の寮に住んで居たのですよ。現実世界での恥辱プレーはイヤです。いやマジで。

 更に数年後、関係者が否定していましたので具体名は伏せますが、某ブランドのユーザクラブに登録している方々に突然全く関係の無い業者からダイレクトメールが届くって事件が有りました。結局正確な出所は不明のままで、且つその一回きりのことだったんですが、他には接点の無い方々に届く不可解な事件は懐疑的な目を向けられても仕方の無いものでした。

 こー言ったことを経験していますと、情報の扱われ方に神経質になる事情もある程度はお判りになるのではないかと思います。もっとも、別に戯画さんやその母体である TGL さんがそー言った行為を行なうと言っている訳ではありませんので念のため。ただ、個人情報を扱う上でのポリシーを示していないことも事実ですし、実際今回のサポートの件も問い合わさなければ事前には判らなかったことです。

 余談ですが、ソフ倫がネットワーク上の年齢認証システムを構築することに対して良い印象を持てないと愚痴で書いているのも根っこは同じだったりします。

2003/1/25 追記--------

 2003/1/24 に公開された差分ファイル Ver1.10 において、ディスクレス起動がサポートされました。フルインストールすることでディスクチェックを行なうことなく起動が可能になります。完璧な誤爆対策となりますし、個人情報を提供する必要もありませんので、素直に歓迎します。ちなみに、CD-ROM 版は既にロットアップしていますね。

追記ここまで----------

 


・試験環境(2002/11/9 赤字追加)

自作機(誤爆検証機)
CPU K75 Athlon700MHz(AMD)
M/B GA7VX(GIGABYTE)
MEM 256MB
VGA MarvelG400TV(Matrox)
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C SoundBlasterPCI(OnBord)
M/B South
 DiamondMax80 (Maxtor) 60GB
 DDU220E(SONY)
 CDD4401(Philips)
 LTR-32123S(LITE-ON)
AHA-2940AU(Adaptec)
 CDRW-S4432(MELCO)
 HP9100+(HP)
IEEE1394カード(TI)
OS WindowsMe

尚、ドライバ、ファーム等は現時点で入手できる最新版を使用しています。

 

 ウチで誤爆が確認できたタイトルは随時追加していきます。リンクとか一切制限しませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。又、画像ファイル名は変更される可能性があります。

The person who wrote:凧

玄関へ