前のページに戻るにはブラウザの「戻る」ボタンを使用して下さい。

・プロテクト誤爆の実際 (2001/7/21 作成)

 

 次の生贄はコレ。「新世紀エヴァンゲリオン 悩殺カレンダー2001」(GAINAX)

 

 同様に Philips CDD-4401 へ製品 CD-ROM を挿入します。我ながら画像小さ過ぎ。

 

 そして起動結果がコレ。見事に誤爆してますね。上と同じプロテクトですから予測はできましたけど。それにしても上記同様意味不明なメッセージです。これなら「ビ・ヨンド」の失礼なメッセージの方がまだ分かり易いですね。

2001/7/25 追記--------

 GAINAX さんからは今日の段階で未だ返答が有りませんが、artifact さんから指定されたツールと同じ物が製品 CD-ROM に収録されていました。同じように設定することで起動することも確認できました。どうやらプロテクトのチェックレベルを変更するツールの様ですね。同種のプロテクトを採用している他メーカさんでもこのツールを Wab 上に紹介している所を私は知らないんですが、まぁ、深く突っ込むのは止めて置きましょう。

2001/8/1 追記--------

 GAINAX さんのサポートからはその後連絡が有りません。こちらからもう一度コンタクトするつもりはありませんが、この様な事例に対しアフターケアを行わないメーカさんが存在することは特に問題視して置きます。

2001/12/4 追記--------

 Guard-Disc Mode Selector の設定の件は、CROWD さんがサポートページで公開しているのを確認しました。

追記ここまで--------


・試験環境(2001/12/2 検証機と常用機分割

自作機(誤爆検証機)
CPU K75 Athlon700MHz(AMD)
M/B GA7VX(GIGABYTE)
MEM 512MB
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C SoundBlasterPCI(OnBord)
M/B South
 DiamondMax80 (Maxtor) 40GB
 DDU220E(SONY)
 SD-M1402(東芝)
 GD-3000(日立)
INIC-940(initio)
 PX-32TS(PLEXTOR)
 PXW-8220(PLEXTOR)
 CDRW-S4432(MELCO)
 CD-R50S(TEAC)
 CR-508-B(松下)
OS WindowsMe

自作機(常用機
CPU AthlonXP1500+(AMD)
M/B GA7VTXE(GIGABYTE)
MEM 512MB DDR
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C Xwave6000(YMF744-YAMAHA)
M/B South
 ST380020(Seagate) 80GB
 DiamondMax80 X3(Maxtor)各 60GB
Ultra100(PROMISE)
 UCR-412(KENWOOD)
 CDD-4401(Philips)
IFC-WSP(MELCO)
 CRD-BP2(三洋)
 SD-M1401(東芝)
OS Windows98SE

尚、ドライバ、ファーム等は現時点で入手できる最新版を使用しています。また、記載が無い限り一方で発生した不具合はもう一方でも再現することを確認しています。

 

 ウチで誤爆が確認できたタイトルは以下随時追加していきます。リンクとか一切制限しませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。又、画像ファイル名は変更される可能性があります。

The person who wrote:凧

玄関へ